トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

なにげに2005年を振り返ってみる

20051230 写真は今日のスタジオ風景。特に本文の内容とはカンケーなし。すんません。。。

...で、年末。大掃除も済んだし、年賀状も出し終わったので、とりあえず一段落。あとは美容室へ髪を切りに行ったら、年内はやるコトなし。思えば今の長髪、今年のゴールデンウィークに切ったっきり、一度も切ってない。もう伸び放題。このまま「人類の髪の毛とわ一体どこまで伸びるものなのか??」とギネスブックに挑戦するのも一興だったのだケド(笑)、家族がウルサイので切ります。ちゃんちゃん。

で、年末だし、まったり~としながら2005年を振り返ってみる。思えば今年はやたらと「密度の濃い」一年だった。ちょっと「生き急いだ」(笑)カンジもする。それもひとえにライヴが2回もあったからで、やっぱ「ミュージシャンはステージに立って演奏してナンボ」と再確認したワケでした。さらに「密度の濃い」一年を送るには、対外的に積極的にアクションを起こしていかないとダメねっ!!ということも痛感した。新年の抱負は年が明けてからブログに上げるケド、来年はもっと密度の濃い一年にしたいと思ってます。なんせもういいトシだし、放っとくと年々一年間の密度が薄くなってっちゃう。このヘンで「歯止め」をかけたいです。

今年は6月にFantom-X6を導入して、それからがもータイヘンだった。「コイツを使って自分がライヴを演るには、何をどーすればい~のか??」必死こいて研究して、さらにはPoly-6の音をFantomに移植して、なんとかベーシックな形は出来上がったと思ってます。2回のライブを経て、「もーいつでもライヴはだいじょーぶよっ♪」な状況にもってこれたのは、進歩だと思いますねぇ~。

でもおかげで、今年は新曲は1曲しか上がらなかった。でも初めてのチャレンジとしてエレキー・ギターを導入したし、このあたりの「新機軸」は、大きく発展させて来年以降に繋げていきたいと思ってます。セカンド・アルバムの制作なんかもそろそろ考えないとネ!来年はちゃーんと新曲あげま~す。

あと仕事の上でもバタバタとイロイロあったのだけれど、ここでは会社のコトわ書かない。あとあと問題になるとヤだから(笑)。さらに年末になるけれど、このブログ日記を立ち上げて、ソーシャル・ネットワーキング・サイトのMixiにも登録した。このあたりは来年以降の音楽活動ベースとしてのインフラを整えたといったところか。。。

こうやって2005年を見てみると、いかに「初モノ」が多かったかとゆーことに、我ながら驚かされる。これが「異常に密度の濃かった一年」なんて印象を今持ってるゆえんなんだよね。でもこんなに密度の濃い一年を送れたのもひとえに「去年の厄年(それも大厄!!)でボロボロになってた体調が、気力、体力ともに復活してくれた!!」ってのが大きい。「もー元には戻らないよ!!」なんてみんなにさんざん脅かされてたモンだから、本人そーとー不安だった(笑)。みなさん、厄年には気をつけましょー!!

...てなトコで、個人的な駄文を書き散らかしましたが、みなさん、大晦日はビール飲みながら格闘技で大いに盛り上がって(笑)、そんで良い新年をお迎えください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

(続編)DVD残酷物語(笑)

20051224 今日わクリスマス・イブ。で、イブの夜になんでブログの更新なんかやってるのか??誰かなんとかしてくれ。(藁)

思えば学生時代のクリスマス・イブは楽しかった。ともべは大学が立教大学でミッション系なモンだから、イヴは真夜中にチャペルで深夜礼拝がある。で、サークルの仲間みんなで深夜礼拝に参加して、イエス・キリスト様に敬虔な祈りを捧げ...そのあと池袋の街に繰り出して居酒屋で朝までドンチャンやるのであった。(笑) バチあたりモンっ!!

...で、今回のお題は前回の続き。DVDは別に意識してコレクションしてるワケではないのだけれど、どんどん増殖して気が付いたら写真のよーになってた(笑)。数えたら80枚以上。哀しきかなオタクのサガ...。

でも写真にあるのは、ほとんど全部ロック系のコンサートもの。まちがってもア○ルトDVDなんかはないからねっと!!(笑) コンサートDVDって基本的に「繰り返し観る」ものだと思うのだけれど、CDと違ってDVDは「通勤電車の中で」とか「パソコンをやりながら」とか、チトきびしい。鑑賞時間を完全に占有されてしまうので、ナカナカ繰り返し観ている時間が取れない。だからほとんどのDVDが一回観たキリになってる。もったいないよネ。

あとブートのライヴDVDのケッコウあるのだけれど、何か画質がビミョーにコマ落ちしたみたいに見えるものもあって、あんまよろしくない。そのスジに詳しいヒトに教えてもらったら、DVDの記録フォーマットであるMPEG2って、PCにはすっごく負荷のかかる処理なんだって。で、エンコーディングの際にPCに十分な処理能力がなかったり、処理時間を短縮してやったりすると、画像がコマ落ちするらしい。だからブートのライヴ・ビデオがVHSからDVDで出直して、かえって画質が悪くなってる、なんてハナシは十分にあることなんだよね。

あと最近のライヴDVD乱発状態に関して思うことは、ともべが新入社員だったころ(1987年くらい)にはまだロック系のライブ・ビデオって珍しかった。ともべはなけなしの給料握り締めて西新宿でブートのビデオ買って、胸をときめかせながら何回も繰り返し観たもんでした。ガブリエル時代のジェネシスのライブなんか、ホント感動モンだったんだから。でも手軽に高画質でライヴが楽しめるようになればなるホド、あのころの新鮮なときめきは、どんどんなくなっていっちゃいましたネ。ちとさみしい...。

あとハナシ変わるけど、ともべようやくMixiに登録しました。この日記もMixiに登録されてます。これからは、Mixiをベースにして音楽活動のネットワークを広げていく予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

紙ジャケ残酷物語

20051218 ともべは紙ジャケCDが大好きで、特にプログレの紙ジャケが出るとだいたい買ってる。で、どんどん増殖し続けて、遂に写真のやうに(笑)なってしまった。

これではもう紙ジャケ御殿。実際いまではプラケCDより紙ジャケのほーが多いのでは??と思たっりする。

さらにレコード会社は紙ジャケが商売になるモンだから、矢継ぎばやにリリースしてくるし...もー毎月お財布がタイヘンなのです。特にボーナス時期に限って大量リリースしかけてくるものだから、そのたびに散財してる始末。さらに最近では既発の紙ジャケをさらに最新リマスターして再発、とかもうワケわからなくなってて(笑)、さすがにそこまでは着いていけない。きりがないから。1回買った紙ジャケはもうそれでヨシとしてます。

...で、紙ジャケをコレクションしてて一番のメリットはというと、トーゼン愛聴盤を良い音質でジャケットの造りも味わいながら楽しめるというフツーの楽しみの他に、音楽の幅が圧倒的に広がったというメリットが大きい。フツー紙ジャケマニアのヒトってだいたいそーだと思うケド、「○○○ロック・シリーズ」とかでまとめてリリースされると、基本的には大人買い。つまり全部まとめて買う。さらに過去に自分が聴いていないアーティストの作品なんかでも、紙ジャケでリリースされると限定だけについ買っちゃう。つまり「欲しくなくても買う」(笑)。だから紙ジャケのリリースを機会に、新たに触れたアーティストやアルバムが山ほどあります。

ともべは基本的にブリティッシュ・プログレのメジャーどこが中心なんだけれども、紙ジャケを通じていわゆるマイナーな「B級プログレ」(笑)もずいぶん楽しめるようになった。さらにいままでは上っ面だけなめていたイタリアン・ロックも随分深く聴くようになったし、ジャーマン・ロックにいたっては今までタンジェリン・ドリーム以外は全く聴かなかったのが、カンだのアモンデュールだのラ・デュッセルドルフだのをいつの間にか聴くようになってる。またそういった「ブリティッシュとは異質なプログレ」を聴くことによって、逆にブリティッシュ・プログレの輪郭が明確に見えてきた感じがする。これってやっぱ進歩なのでせう。

紙ジャケもメーカ的には、一般に評判の良いユニバーサルはあんま好きじゃない。値段が安いのは良いけれど、紙ジャケの造りも薄手で安上がりな気がする。逆に一般マニアには殺人的に評判の悪い(笑)、東芝EMIは個人的には好き。厚紙で造りがしっかりしてるから。でも自前でリマスターやらない(海外のリマスターを流用してる)割には、あの値段はちょっと高いと思うぞ。

ともべの紙ジャケは、これからも増殖し続けていくのでせう(笑)。一生をかけて、自分の音楽の世界がもっともっと広がればハッピーなことだと思う。ただともべの紙ジャケ、窓際に置いてあるせいで直射日光がバシバシ当たる。で、色落ちしたり傷みの激しいものがケッコウあったりする。まあ、投機目的でコレクションしているワケではないし、ジャケットなんて汚れていたほーが愛着がでるってモンだと思っているので、これはこれで良しとしている。

でも実は、色落ちしたジャケットを見ると、一瞬哀しかったりもするんですケドね...(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

我がいとしの坊主(ぼうず)

20051211 最初の投稿記事がオーディオの紹介とゆーのは、特に意図があったワケではないです。ただ単に「ブログに画像を挿入する」とゆーコトを、試したかっただけ。すんません。。。

...で、写真にあるBOSEのウェーブ・ミュージック・システムはともべの愛用の1台なのです。

なんてったって、フツーのラジカセをさらに一回り小さくしたようなサイズなのに、もんのスゴイいい音が出るからです。重低音なんか大型コンポ並の迫力があります。これは有名なBOSEの「キャノン・ウーファー」(でっかい筒みたいなスピーカー)の技術を応用しているからで、ウェーブ・ミュージック・システム本体の中に、長ーい管がぐにゃぐにゃになって入っているのです。この管で低音を共振させて、重低音を作っているのデスね。

ともべはちゃんとしたフル・システムのコンポもスタジオには持っているのだけれども、それでもこのBOSEでも音楽を聴きたくなる。本当に「惚れ込む音」なのです。ちなみに朝目覚めに音楽聴く時は、いつもこのBOSEです。もう大好き!!だた1つ難点は、CDが全面からのオート・ローディングなんだけれど、最近よくあるCD-Rで表面にプリントしたやつなんかだと、びみょーに盤が厚すぎてロードしてくれない。だからともべが大好きな「西新宿で買ったブート(笑)」なんかだと、聴けないやつがケッコウあったりする。でもそれ以外は大満足です。

通信販売オンリーで、値段が7万5千円とケッコウ高いのだけれども(ヘタなCDラジカセなら2~3台買えるネ!)、今ポータブルなオーディオの購入を考えているヒトがいたら、ともべ真っ先に薦めます。CDとFM、AMのラジオが聴けて、録音機能は全くナシ。とーぜんMDなんてゆーコドモのオモチャなんか付いていない。でも「純粋にいい音で音楽が聴きたい」向きには、ゼッタイに損な買い物にはならないと断言します。

ちなみにともべ、BOSE社からワイロなんか貰ってないからネ...(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ日記を開設しました!!

ついに今はやりのブログで日記のコーナーを開設しました!!

これからわこのコーナーで、ともべの淫らな日常生活を赤裸々に公開していきます!!

(キャー!!はずかしー!!)

とにかくもうBBSは日記代わりに使いたくなかたモンで...。

これからわ写真もアップできるぜよ!!

...てなワケで、開設挨拶、よろしくぅ~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年1月 »