« ZARDってどうよ?? | トップページ | 西新宿わ聖地(えるされむ)である »

2006年1月28日 (土)

紙ジャケ残酷物語 2

20060128 前の日記で「紙ジャケのリマスター出直しなんて買わない!!」なんて言ったケド、早くも決心が崩れた(笑)。写真は今出まわっているビクターのK2HDコーディングの紙ジャケ・リマスター再発盤。結局ぜーんぶ買い替えちゃった(笑)。意志が弱いワタシ...。

コトの発端は、新年にプロコル・ハルムの初期4枚がK2HDで出たことにあって、さすがにプロコルだけはなるべく良い音質のを欲しかったので、入手しそびれていたナイスの初期3枚と合わせて購入。「そーんなに音が違うんかしらん??」とか思って半信半疑だったんだけれど、聴いてみてビックリ!!通常のK2コーディング盤とわカナーリ別モノです。音の良さに惚れ込んだともべは、既発のEL&PやP.F.M、バンコなんかの市場に残っている在庫をネットで買いあさったのでした(笑)。合計20枚以上。あぁぁ...また予想外の出費がぁ...(泣)。

で、このビクターのK2HDコーディングなんだケド、通常CDの量子化Bit数16Bit、サンプリング・レート44.1Khzのフォーマットに、量子化Bit数24Bit、サンプリング・レート100Khzのデータを押し込める新技術らしーんだけれど、理論の説明書き読んでもなんかよーワカらん(笑)。もちろんともべのよーな凡人の脳ミソで理解できるような技術だったら、「画期的な新技術」にわならないわな(笑)。だた「情報量が通常のCDよりも格段に多い」コトだけ、理解できました。

K2HDの音は、音の「空気感」と「奥行き」それに「リアリティー」が素晴らしいです。本当に「生の音楽がそこで鳴っている」カンジがする。理論上は音楽の「骨伝導」や「皮膚伝導」も考慮に入れているらしくて、だからヘッドフォンで聴くよりはちゃんとしたオーディオのスピーカーから生音で聴くほーが、格段に良い音がする。音楽を「聴く」というよりは、「体感する」といった感覚に近い。通常CDフォーマットで、これは画期的なコトだと思った。ビクターは既発のK2コーディング盤をずいぶんK2HDで出し直ししていて、「何回おんなじCD買わせるんじゃい??ヘンな商売するなぁぁぁぁ!!」とか思って完全無視してたんだケド、ともべ認識がひっくり返りましたネ。K2HDでの再発は、ビクターさん、カナーリ自信があってのコトと見ました。

あと余談になるけれど、K2HDでEL&Pを全部買おうと思ったら、「展覧会の絵」だけがメーカーでも在庫切れで入手できなかった。よーわシリーズの中で一番売れてるというコト。ともべのよーな「プログレおたく」(笑)にとっては、EL&Pって「タルカス」だったり「恐怖の頭脳改革」だったりするんだけれど、一般のロック・ファンまで範疇に入れるとEL&Pはやっぱ「展覧会の絵」なのねん...なんて思って、なんか可笑しかった。

|

« ZARDってどうよ?? | トップページ | 西新宿わ聖地(えるされむ)である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/8383929

この記事へのトラックバック一覧です: 紙ジャケ残酷物語 2:

« ZARDってどうよ?? | トップページ | 西新宿わ聖地(えるされむ)である »