« こ~んな日本は終わりなさい... | トップページ | 「ぎるてぃー」わ「罪深い」っつー意味ですが... »

2006年2月19日 (日)

「ぷろぐれ」お考える

20060219 前回ココで取り上げた「電気用品安全法」の問題に関しては、多くマスコミにも取り上げられ、本格的に反対運動も始まったようなので、もうココでは取り上げない。ちなみに反対署名運動のURLはコチラ。(↓)

http://www.jspa.gr.jp/pse/

ぜひ心ある皆さんは、署名運動に協力してやってください。これは「音楽という文化」を守る大問題なのです。

...で、今回は前回お約束の、Mixiのうづさんからもらった「プログレって何ですか??」について書いてみたい。思えばともべのサイトには「プログレ」とゆーコトバが頻繁に出てくるのだけれども、確かにロックにあまり興味のないヒトには何のコトやらワカンないカモ知れない。で、あくまで初心者向けの解説を書くことにしました。モチロン本格的に書けばぶ厚い専門書ができてしまうよーな内容なので、あくまで「概略」だけです。

「プログレ」はそもそも「プログレッシヴ・ロック」の略で、「進歩的なロック」とゆー意味です。時代的には1960年代末から1970年代中頃に、主にイギリスを中心にして起こったロック音楽のムーヴメントです。音楽的には、それまでのロックが他のジャンル、例えばクラシックやジャズ、前衛音楽などとの融合を始めたもので、それまでのロックにはない多様的な表現がなされています。代表的なアーティストとして「キング・クリムゾン」、「ピンク・フロイド」、「エマーソン・レイク&パーマー」、「イエス」、「ジェネシス」なんかがいます。また、音楽形態のみならず、従来のロックが主に「肉体的衝動」のたぐいを表現していたのに打って変わって、「精神的叙情性」や「哲学的観念」などを表現しだしたのも、このプログレの大きな特徴です。

...で、改めて「プログレの魅力」について考えると、ともべが思うにコレは「カレーライスの理論」(笑)なのではないかと思うノダ。いかんせんロックが他のジャンルの音楽と盛んに「他流試合」(笑)をしていた時代なので、「プログレを聴く」とゆー行為は、「あらゆるジャンルの音楽を聴く」とゆー行為に等しい。でも例えばコドモが大嫌いなニンジンやピーマンなんかを、それでもカレーライスの具材として使うと結構食べてくれちゃうみたいに、そのままでは敷居の高いクラシックやジャズなんかでも、み~んなが大好きなロックと「まぜまぜ」(笑)しちゃうと「ほ~らぁ!!食べれちゃうでしょ~ぉ!!」みたいな...(笑)。だからともべのマワリにも「クラシックは嫌いだけどEL&Pは大好き!!」(笑)とか、「ジャズはゼンゼン聴かないけれど後期クリムゾン命!!」(笑)みたいなヒトがケッコウいます。

あとプログレの大きな魅力として、表現の対象として「精神性を重視する」点があると思う。よーはロックといえども極めて「叙情的」であったり「哲学的」であったりするのです。奥が深いのデスね。「ロックもここまで美しい!!」(笑)なんてキャッチ・コピーが盛んに使われたのも、このプログレ最盛期の時代です。「アメリカン・ロックが太陽を歌うならば、ブリティッシュ・ロック(プログレ)は月を歌う」なんて、誰かが言ってたっけ...。ともべ個人にとっても、この「ロックにおける美意識」こそが、プログレの最大の魅力ですネ。

このよーに、プログレってとっても「間口が広くて」、「奥行きが深い」音楽なのデス。だからいくら聴いてもゼンゼン飽きないし、どれだけ追求しても、絶対に底の見えない「限りなくディープな」(笑)世界です。もう一生かけて「プログレ道」(笑)を極めようとするに値する、超魅力的な音楽であるがゆえに、「プログレ・マニア」わ一般に「プログレおたく」(笑)と呼ばれ、社会的差別を受けています。(笑) ただ「プログレ」って本来は「進歩的な」って意味なんだケド、「70年代のプログレは現在の音楽環境においては全くプログレッシヴ(進歩的)ではない」とか、「現代において真にプログレッシヴな音楽とは??」とかの言い方をするヤカラも最近はめっきり減ったケド、全くもってナンセンスなハナシだと思う。プログレ・ファンは一般に「70年代においてプログレッシヴ(進歩的)であった」あの様式が好きなのであって、「真にプログレ(進歩的)かどうか??」なんて、はっきり言ってどーでもいいコトだと思うノダ。

もー、プログレについて書き出すと、止まんない。(病) うづさん、「プログレ」に関して、少しは理解して頂けましたでしょーか??え、かえってワケわかんなくなったって??(笑)

|

« こ~んな日本は終わりなさい... | トップページ | 「ぎるてぃー」わ「罪深い」っつー意味ですが... »

コメント

新・ブログの女王誕生!
谷みどりの消費者情報
http://blogs.dion.ne.jp/tanimidori/

今話題のPSE法(電気用品安全法)について書かれています、みなさん見てみて下さい。
なんと個人のブログとしては異例?の1000コメント超え!
間違いなく今、彼女はブログの女王です!

投稿: PSE法 | 2006年2月20日 (月) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/8743315

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぷろぐれ」お考える:

« こ~んな日本は終わりなさい... | トップページ | 「ぎるてぃー」わ「罪深い」っつー意味ですが... »