« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

高円寺「喫茶プログレ」探訪ツアー

20060430_1_1 今回わGW特別企画、豪華写真3枚付き!!(笑) さる4月29日(土)に、いつもネットでお世話になっている西川GoWestさんの主催で、サブカルの聖地(メッカ)、高円寺を探訪する「喫茶プログレ・ツアー」に参加してまいりました。メンバーは西川GoWestさんと、DJの追川さん、同じくDJのRUBENさん、そしてともべの4人。「とっても濃いぃ~おやぢ4人」(笑)が、酒飲みながらロックを語り尽くしてまいりました。

高円寺の改札口に6時に集合して、まずは軽く沖縄料理の「むるち」へGO!!さすが高円寺のお店らしく、店内の雰囲気などなんとも言えず「あやしい」(笑)。サブカルの臭いがプンプンする。で、そこでビール飲みながら4人でロック談義が始まった。西川さんに至っては「コミック・バンドの専門書」(笑)とか持ち出すし...場所も場所だしもう「中央線沿線サブカルの世界」ドップリの雰囲気。雑誌「アエラ」にでてるよーなロック談義を地で行くよーなノリで、8時半ごろまで異様な盛り上がりよう。

20060430_2_1 ...で、盛り上がったところで今回のメイン・イベント「喫茶プログレ」へGO!!写真(上)はその店構え。プログレ・マニアにはちょー有名なお店だから、ともべもうどっきどき。店内は写真(中)みたいなカンジ。ボックス席1つとカウンター席6つぐらいの小さなお店で、壁はもう有名なプログレのレコード・ジャケットでびっしり!!ここで4人で店内に流れるプログレ聴きながらロック談義の続き(笑)。ちなみに店内ではCDチェンジャーからランダムに選曲されるプログレが流れていたのだけれども、この日はハットフィールド&ザ・ノースとかマイク・オールドフィールドとかバンコとかP.F.M.など、通なトコロが流れてました。やっぱ自分の好きな音楽聴きながら飲むのって、サイコーにきもちイイ!!

20060430_3_2 ちなみにみんな、手持ちのCDやレコードなんかをリクエストもして、西川さんはキース・エマーソンやクリス・スクワイアが入ったちょーヘンな「スモーク・オン・ザ・ウォーター」で店内の爆笑を買ってました。追川さんはDJなのでレコード持込みで、ロバート・フリップの「エクスポージャー」なんかをプレイしてやっぱ他のお客さんにウケてた。ともべに至ってはエニドの3rd持ってって、「ユーモレスク」をかけてもらいました。ちょーウルさい4人は11時過ぎまで盛り上がり続けて(笑)、最後に写真(下)の記念写真を撮りました。ちなみに真ん中の手ぬぐいをカブっている方が「喫茶プログレ」のマスターさんです。快く記念撮影に応じてくれました。とっても「イイひと」なカンジの方です。

今回はまだ1回目なので、サブカルのメッカ高円寺の「ほんの1部をかじった」にすぎないけれど、それでもともべこの街が大好きになりました。街全体に「サブカルらしい怪しい空気」が充満している中に、ギターかき鳴らしながら唄っているストリートの女の子やら、露天の居酒屋でクダ巻いて酔っ払ってるおねーちゃんやら、見るからにフシギな様子の手相の占い師やら、風景のことごとくが同期してナントも言えない「イイ味」を出してる。さらに「ともべがロック・バンド一直線だった学生時代」の懐かしい息吹が、いまだに残っている。今回は数時間しかいなかったのでけれど、ともべは高円寺から「若かりし頃に戻ったような元気をもらって」家路に付いたのでした。ぜひまた、ちょくちょく行きたいですね。

ちなみに今回おじゃました「喫茶プログレ」のホームページはこちら。(↓) トップ・ページのロゴがちょー笑えるから、見てネ♪

http://shijimi-design.com/progrekissa/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月22日 (土)

ヴァンゲリス・オ・パパタナシューって舌噛みますが...

20060422_1 写真は先般発売されたヴァンゲリスのRCA時代に紙ジャケ4枚。正に「待ちに待った」リリースなのデス。今回のリリースを機に最新リマスターで聞き直してみて、やっぱ「ヴァンゲリスってスゴいわぁ~!!」とか思ってました。

ちなみにともべはシンセ音楽だと、冨田勲大先生とこのヴァンゲリス、それに「神様(笑)」ジ・エニドの影響が最も強いんだけれど、この3者ってびみょーに繋がりがある。冨田勲は最初のシンセ・アルバム「月の光」を国内のレコード会社に売り込んだんだけれども全く評価されず、それで米国RCAに持ち込んだところ世界的な大ヒットになったハナシはあまりにも有名。で、冨田の大成功に気を良くしたRCAが、シンセ音楽の第2弾として売り出したのがヴァンゲリスなのですね。さらに、エニドに至ってはヴァンゲリスの音楽から多大なる影響を受けていて、自らのホームページで「ヴァンゲリスの存在がなければ、エニドが音楽界に存在する余地はなかった」と語っているホド。この3つのアーティスト、ともべにとっては同じくらいフェイバリットなんだけれど、ちゃーんと共通項があるのデス。

...で、ハナシをヴァンゲリスのアルバムに戻して、今回リリースの4枚の中では、個人的には「螺旋」が一番好き。学生時代にアナログ・シンセを使って、このアルバムから「スパイラル」とか「見知らぬ男」なんかをコピーしてライヴでよく演奏したっけ。さらに「天国と地獄」からジョン・アンダーソンがボーカルを取っている有名な「ソー・ロング・アゴー・ソー・クリアー」をコピーして、シンセのシーケンサーと同期させてバンドで演奏しようとしたら、生楽器とのテンポ合わせが上手くいかなくて、バンド・メンバー全員の意見で「ボツにされた(笑)」なんて、ヘンなエピソードもあります。個人的にもこの時代のヴァンゲリスって、とっても思い出深い。

シンセ音楽とはいってもデジタル・シンセによる冷たい音が氾濫している昨今だけれど、やっぱ今回リリースの初期のヴァンゲリスあたりはシンセ・ファンならしっかり押えておくベキだと思うし、シンセ音楽「黎明期」の本当に素晴らしい姿が、「今更ながらに新しく」心に響いてくるものだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ニュー・トロルス万歳!!

20060415_1_1 今回わ特別に豪華写真2枚付き!!(笑)4月9日(土)に、川崎のクラブチッタへニュー・トロルスの初来日公演を観に行ってまいりました。写真(上)はクラブチッタの入り口前。本当はもっといい写真を撮りたかったのけれど、場内わトーゼン「写真撮影禁止」なので、ヘタにフラッシュなんか焚こうモンなら係員に見付かって即追い出されるちゃう(笑)。で、仕方なく外景にしました。

開場時間の夕方5時前にはクラブチッタに到着して、ちゃーんと列に並びました。コレ実は目的

20060415_2_3 があって、会場限定販売の記念メモリアル・グッズをどーしてもGETしたかったノダ。で、開場とともにグッズ売り場に全速力で突進!!(笑)。来日記念の「限定メモリアル・パッケージ」をしっかりとせしめてまいりました。(写真下) Tシャツやパンフ、ポスターやステッカーなんかがセットになって¥6,000。モチ、バンド・メンバー直筆のサイン色紙も入っていて、もう大満足!!やっぱコンサートって、こういった記念グッズ購入も大きな楽しみの1つナノダ。もう家宝ですネ(笑)。

その後、開演の6時まで、ビールを飲みながら喫煙所でタバコふかしてコンサート前のワクワク感を楽しむことしばし。今回のコンサートの仕掛け人でおられる片山伸さん(ともべの立教大学時代の先輩です)にもご挨拶を申し上げて、するとそこにナント、ともべの大学時代の同級生かつバンド・メンバーで、現在はポニー・キャニオンに勤務の通称「かっしー」さん夫妻が登場!!なんかもう同窓会みたいなノリになっちゃいました(笑)。あと他にも音楽業界の著名人がいっぱい来てました。

...で、カンジンのコンサートなんだけれども、もう最高!!完璧!!コンサートは2部構成で、1部はバンドのみの演奏、2部がストリングス・オーケストラを交えての「コンチェルト・グロッソ」中心の演奏だったんだけれども、6時に始まって終わったのが9時半。20分の休憩を差し引いてもタップリ3時間も演ってくれました。演奏内容も「コンチェルト・グロッソ」に代表されるクラシカルな曲だけではなくて、イ・プーにも通じるような甘美なイタリアン・ポップスや、「空間の中から」みたいなイタリアン・ロックらしいヘヴィかつダークネスな曲、「はげ山の一夜」みたいな典型的なプログレや、「太陽王」みたいなクイーン張りのコーラス・ワークを発揮した曲など、ニュー・トロルスの間口の広いポテンシャルを余すところなく堪能できる内容でした。

全体的に素晴らしい中でも、「コンチェルト・グロッソ」でのバンドとストリングス・オーケストラとのコンビネーションは正に「芸術品!!」でした。オーケストラの部厚いシンフォニック感とヘヴィなバンド・アンサンブルとの一体感が本当に躍動的で、正に「正真正銘ホンモノのシンフォニック・ロック」を聴かせてくれました。特に「コンチェルト・グロッソ2」の1曲目「ヴィヴァーチェ」の出来が素晴らしくて、当の本人達も認識しているらしく、アンコールでは再演もしてくれました。あとイタリアン・ロックらしいコーラス・ワーク(バンド・メンバー全員がコーラスもできる)も本当に素晴らしかった。正に「涙モノ!!(笑)」の3時間で、ともべも含め会場全体がすっかり「スタンディング・オベーション」状態でしたね。

コンサートが終わってからは、前述の「かっしーさん夫妻」と阿佐ヶ谷近辺の九州料理屋で食事をしました。ビール飲みながら学生時代のハナシやらプログレに関する濃イいハナシやら、いわゆる「ギョーカイの裏話」(笑)やらでちょー盛り上がって、しまいには車で自宅まで送ってもらっちゃいました(笑)。かっしーさん、どーもありがとー!!

...と、ゆーワケで、超有意義に密度の濃いイ日曜日を楽しむコトができました。やっぱコンサートってイイ!!特に「一緒に楽しむ仲間」がいると、もっとイイ!!5月のP.F.M.やソフトマシーン・レガシーもいっちゃおーかなぁ~??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

新曲も~ちっと待ってネ♪

20060408_1 前回の日記にも書いたケド、現在新曲のレコーディングが佳境です。写真は今日のスタジオ風景。ベーシック・トラックやシンセ・トラックの約8割がレコーディング完了して、あとは一部のシンセ・トラックとエレキ・ギターを録音するのみとなりました。ミックス・ダウンやマスタリングなんかも含めて、5月初旬のゴールデン・ウィーク中には当サイトで配信できると思います。お楽しみに♪

今回でレコーディングでは、特にアナログ系の機材のコンディションが心配だったんだけれども、何とはなしに大丈夫だった。大きなトラブルもなくて、比較的スムーズにレコーディングが進行しました。ただポリシックスの鍵盤だけはそーとーにイカれてて、復旧するのにひと苦労だった。そのうちFive-Gさんにメンテ出さなきゃダメかなぁ~...。

あと今回の曲でもともべエレキ・ギターを弾くのだけれど、コレってカナーリ手間がかかる。なんせ1年前の「パリの並木道」のレコーディングから全く弾いてないモンだから、指先完全に「柔かく」なっちゃってる。これから新曲のギター・パートを練習し始めて、一定期間を経過して左手指先にタコができないと、しっかりした演奏ができない。だから残パートは少なくても、やっぱ4月一杯はかかっちゃう見通しデス。ちなみに今回は前回の「初ギター」(笑)を発展させて、ギターのコード・バッキングにも挑戦する予定です。より「ロックっぽく」仕上げるノダ(笑)。

ちなみに今回の新曲はともべの作曲でわなくて、とある曲のアレンジものなんだけれども、何の曲はわヒミツ(笑)。 でも今のところは、とってもいいカンジに仕上がっています。アレンジものといえども、いわゆる「ともべワールド」は相変わらず健在デス(笑)。みなさん期待しててネ♪

さぁ、明日わ川崎のクラブ・チッタへ「ニュー・トロルス」お、観に行くのだぁぁぁぁ~!!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

改めてPSE法お考える

20060401_1 今日は4月1日。PSE法が施行されて、とりあえずは大きな混乱もなく平穏無事な新年度を迎えられた様子です。よかったよかった...。で、これを機会に改めて今回のPSE法騒動について考えてみたいのです。ちなみに写真はコルグのモノポリー。前回はポリシックスだったから、今回はこっち(笑)。

思えば2月に騒ぎが勃発して、ともべもそーとー不安だった。命より大事なアナログ・シンセが、自分の音楽活動で使えなくなる可能性が出てきたからだ。でも考えてみれば、これはある種の「啓示」だったように思うのです。「物事のありがたみは、無くしてしまってから初めて判る」なんて、世間一般に良く言うでしょ。「アナログ・シンセが使えなくなるカモしれない!!」なんて状況になって初めて、自分が今まで多くのアナログ・シンセ達を使って音楽を続けられていた状況がどんなに有難く思えたことか...。スタジオに鎮座しておられるビンテージ・アナログ・シンセ達をどんなにいとおしく思ったことか...。本当に「感謝」を忘れていたと感じます。

シンセを含めてスタジオ・レコーディング環境のフル・デジタル化が主流である現在でも、ともべはずーっと頑固にアナログ・シンセやアナログ・コンソールを使い続けてきた。それは単に「音が好きだ」というコダワリだけではなくて、デジタルが主流になればなるほど、希少価値であるアナログを使い続けることがいつの日か良い意味での「差別化」に繋がるという将来的な「読み」があったからだ。丁度、フル・コンピュータ化されたクリーンな工場で大量生産されたハイテク製品の価値がどんなに高まろうとも、一方で「全て手作りの職人技」の製品が決してすたれることなんかなくて、むしろ逆に「全て手作りゆえに」値段や価値が上がったりする。そんなことにも発想の根拠を見出していた。

でも一方で、フル・デジタル化された最新のレコーディング環境に対してある種の羨望のまなざしを送っていたコトも事実なワケで、そーゆー意味で非常に中途半端な心境だった。でも今回のPSE法騒ぎで、そのヘンの「迷い」が吹っ飛んでしまいましたネ。今、スタジオで新曲のレコーディングが佳境なのだけれども、アナログ・コンソールを介して鳴るビンテージ・アナログ・シンセの音色がどんなに「暖かく」「有難く」ともべの心に「しみるように」響くことか...。「自分の方向性は間違っていなかった」そう確信しました。

今回のPSE法騒ぎ、特に甚大な被害を被られた主にリサイクル業者の方々には、心より深くお見舞いを申し上げます。しかしながら、楽器にとどまらずこういった家電製品のリサイクルなんかも含めて、今回のPSE騒動はもっとみんな「気付くべき点」があるように思うのです。もしかしたらこれは「神様が日本人にくれた啓示」なのかも知れないのだから...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »