« 週末わシンセのお稽古よっ♪ | トップページ | 特訓!特訓!猛特訓!! »

2006年5月28日 (日)

グレッグ・レイクは「夏ミカン」でわないっ!!(笑)

20060528 写真は「唄う夏ミカン」(笑)こと、グレッグ・レイクの最新ライヴのDVD。土曜日に半日かけて観ました。なんせコンサート本編とリハーサルなんかの「バックステージもの」の2枚組なモンだから、全部見ると3時間以上。ふぅ~...(笑)

...で、最近のグレッグ・レイクなんだケド、とにかく「さらに太ってる」(笑)。もう「夏ミカン」を通り越して、コニシキがギター弾きながら歌っていると思えばよろしー。(笑) もう「プロレスラー」を超越して「相撲取り」に近い。ジョン・ウェットンなんかも近年は「デブデブ」だけれども、クリムゾンのベース&ボーカルを務めると「太る」とゆージンクスなのか??でもレイクのバヤイわ近年のウェットンみたいに「見るに堪えない悲惨さ」は感じられない。とにかく「声が良く出ている」ので安心しました。(90年代後半の再結成EL&Pの頃は、声も出てなくてどーなるかと思ったぞ。でもその頃よりはカナーリ回復している) ウェットンのバヤイは声も全く出なくなっちゃって、「二日酔いのオヤジがベース弾いてる」(笑)カンジでカナーリ悲惨。やっぱアル中ってのは良くない。

で、カンジンのライヴの出来なんだけれども、まー「可もなく不可もなく」ってなトコでしょーかね??比較的若手のバンド・メンバーを引き連れて、ツイン・ギターにツイン・キーボード、さらにはバックに女性コーラス2人まで付けた豪華キャストなんだけど、いかんせん往年の「トンガったノリ」は全く感じられない。なんか「クリムゾンやEL&Pの名曲を、ナツメロとしてAORっぽく演ってみました(笑)。みんな懐かしーでしょ!!」的なノリが強い。特にドラムのビート感がこのテの音楽にしては軽すぎて、ちょー違和感アリアリ。よーわ「音が丸すぎて、ロック本来のインパクトが感じられない」演奏になっちゃってます。でも「21世紀の精神異常者」やら「展覧会の絵」やら「悪の教典#9」やら演ってくれてるので、「オールド・プログレおたく」には十分楽しめる内容にはなっていますが...。

あと「レイクの声が良く出てる」って言ったケド、レイク本来のオハコであるバラード・ナンバーなんかでは、トシ取って年輪が増えた分だけ説得力が増して、若い頃より断然ウマくなってる。もう「じっくり聴かせる」バツグンの出来になってます。このヘンは、ボーカリストとしてのレイクは「まだまだ先がある」ってカンジがして、期待が持てる内容でした。国内盤DVDもさっそく出たし、なんかこの調子だと、現在のメンツで日本来そう(笑)。「クラブチッタ」とかで演りそう(笑)。まあ、来たら観に行くカモしんないケド。。。

あと、このライヴでキーボードのヒトが例の「復刻版ミニ・ムーグ Voyager」を使ってて、めっぽうイイ音がしてた。本家のミニ・ムーグより若干細めの音だけれど、やっぱ「ミニ・ムーグの音」。で、DVD観た後にいきなり「Voyager欲っしいよぉぉぉぉ!!」とか思っちゃってネットで調べたら¥50万円だって....高い....とっても買えない...(泣)。¥50万円あったらデジタル・シンセだったらカナーリのハイ・エンド機種が買えるんでわないかい??...で、ビンボーなともべとしてわ、手持ちのコルグ・モノポリーで、ミニ・ムーグみたいなサウンドを出す研究をするコトにしたのでした。(笑)

でもやっぱ、ミニ・ムーグ、欲しいよぉ...(しつこいって...)

|

« 週末わシンセのお稽古よっ♪ | トップページ | 特訓!特訓!猛特訓!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/10274542

この記事へのトラックバック一覧です: グレッグ・レイクは「夏ミカン」でわないっ!!(笑):

« 週末わシンセのお稽古よっ♪ | トップページ | 特訓!特訓!猛特訓!! »