« 高円寺「喫茶プログレ」探訪ツアー | トップページ | 凍て付いた心は西新宿へ...(笑) »

2006年5月 6日 (土)

新曲の発表に寄せて...

20060506_3 このGWに新曲のミックス・ダウンからマスタリングまでやり終えて、ようやく当サイトでの配信にまでこぎ着けました。新曲の「大残酷」は「今月の1曲」のコーナーでMP3配信してるから、みんな聴いてネ♪写真はミックス・ダウン作業中のスタジオ風景。ちなみに今回はともべにしては久々のアレンジ物だったのだけれど、原曲がどーゆー曲かわ、やっぱヒミツ(笑)。

今回の作業はたまたまスケジュールがGWに重なってくれたおかげで、比較的時間に余裕があった分、落ち着いて丁寧な作業ができた。ミックス・ダウンなんかもうNGの出しまくりで、たかだか7分程度の曲にまる1日かかっちゃった(笑)。でもそれ以降のマスタリングからWEBでの配信準備作業まで、ほんとトントン拍子にいってくれました。...だモンで、ついでにライヴ用のバックグラウンド・オケの作成とFantom-Xへの移植、さらには音色のセッティングと軽いリハーサルまでやっちまいました。今年は毎年恒例のアフターセブン・コンサートは、例年よりカナーリ早くて9月22日(金)に豊洲で開催される予定なんだケド、ともべ今回の「大残酷」をライヴで初演する予定です。そのための「仕込み」も、大分終わっちゃった(笑)。

あと今回の曲では、エレキ・ギターをフューチャーした分、「ヘヴィーな」印象の曲に仕上がったコトの意味が殊のほか大きい。でも別に最初から「ヘヴィーな曲にするぞぉぉぉ!!」とか思って作ったワケでわなくて、たまたまエレキ・ギターのバッキング入れたら、「結果的に、こーなっちゃった」(笑)。でもこれが、ともべの今後の音楽に大きな示唆を与えてくれました。

ともべは自分の音楽には「シンフォニック・ロック」の旗印を掲げているのだけれど、客観的に見て、「シンフォニック」は足りていても「ロック」が不足していると、ずーっと思ってた。このヘンのバランスが、今回のレコーディングでより「ロック的な方向に」軌道修正されたのは、ともべにとっては「画期的な」出来事なのデス。今後この方向に自分の音楽を持っていくのは、おそらく方向性としては間違いなかろうと...そんなふーに思います。まあ、その為には「もっとギター上手くならにゃー!!」とか、イロイロありますが(笑)。だからしばらくは、ギターも特訓するっ!!このよーにしてともべの「エニド化計画」(笑)わ、進行するのデスね。...と、なると、最後には「歌モノ・ポップ路線」か???(笑)

...と、まー冗談はさておき、今回のレコーディングは、実りが大きかったと感じます。次はもうエニドばりに「交響組曲」しちゃうオリジナル曲を書く予定だから(笑)、今後も乞うご期待っ!!

|

« 高円寺「喫茶プログレ」探訪ツアー | トップページ | 凍て付いた心は西新宿へ...(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/9933262

この記事へのトラックバック一覧です: 新曲の発表に寄せて...:

« 高円寺「喫茶プログレ」探訪ツアー | トップページ | 凍て付いた心は西新宿へ...(笑) »