« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

あふりかぞうが好きっ!!

20060624 写真はコミック「がきデカ」の単行本6巻。これずーっと読みたくて書店のコミック・コーナーなんかではマメに探してたんだけれども、ゼンゼン見付からなかった。ところが先日Amazon.comを検索してたらまだ発刊されているのが判って、思わず第1巻~6巻までまとめて注文しちゃいました(笑)。自宅に届いてみたら、ともべ中学生の頃に持っていたのと全く同じ大きさ、装てん。これわ嬉しかった。もうちょー懐かしい。

...で、やっぱ「がきデカ」は、日本のギャグ・コミックの歴史においては正に「革命的」だったと思うのですね。赤塚不二夫の「天才バカボン」あたりが、ギャグ・マンガの「生みの親」だとしたら、そこに大革命を起こしたのが山上たつひこの「がきデカ」です。その後の「シェイプアップ乱」や「マカロニほうれん荘」、さらには相原コージの「コージ苑」に至るまで、すべてのギャグ・マンガは「がきデカ」の打ち立てた偉大なる功績の延長線上にあると断言できるのですね。(...でもともべ最近はコミック雑誌を全く読まないから、最近のマンガわ良く判らんですが。(笑))

で、今回購入して1巻から6巻まで一気に読んじゃったんだケド、やっぱ今の時代でもキョーレツに面白い。もう「腹かかえて」笑えます。とにかく「がきデカ」の最大の意義は、「全く意味のないコトそれ自体に、最大限の重要性と意味がある。」とゆー独特の世界観をギャグ・マンガで構築したことに尽きると思う。3巻、4巻あたりが一番「旬」なんだケド、でも6冊の中でも最後の方になると(「八丈島のきょん!!」あたりが出てくる頃ね)、カナーリ創造力も尽きていて、ちょっと悲惨。だから単行本はたしか十数巻まで出ていたと思ったケド、6巻まで買えば十分だと思った。あと「がきデカ」はメインのギャグ(「おしり」とか「タマ○ン」とか...(笑))以外にも、絵をよーく見てみると、細かいところにヘンな図柄がいっぱい書いてある(笑)。カナーリ「多岐にわたって」笑えるマンガです。

ちなみにともべわ、小学生から中学生にかけて、この「がきデカ」あたりをもう「単行本に穴があくホド(笑)」読み漁って、で、高校生になると今度は「筒井康隆」の短編小説をそれはもう貪るように読んでた。そんな少年~青年時代を送ったら、こーんなオヤヂになっちゃった(笑)。やっぱ「原体験」っておそろしーです。「ともべの破壊された人格(笑)」の源は、実わこんなトコロにあったりするノダ(笑)。

ちなみにともべわ「練馬変態クラブ」の会員でわ、ありません...(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

iPodなんか嫌いだい...

20060618 考えてみれば、このブログには「オーディオ」のカテゴリがあるんだけれども、今までBoseのWave Music Systemの紹介以外わ1つも記事をアップしてなかった。...で、今日わともべがメインで使用しているオーディオでも紹介しよーと思いまふ。

オーディオ業界全体にiPodなんかに代表されるよーに「より良い音質で」から「より手軽に」が重要視される時代。でもともべ的な「超アナクロおやぢ(笑)」としてわ、やっぱ音楽は「より良い音で」聴きたいのデス。特に昨今はCDのリマスター技術も格段に向上して、ソフト面では一昔前に比べて音質がグンと良くなった。で、音の良いリマスターCDわ、やっぱある程度のクラスのオーディオでちゃーんと楽しみたいと思うワケですネ。最新リマスターのCDをMP3に落としてわざわざiPodで音悪くして聴くなんざ、ゼッタイ邪道だいっ!!

...で、写真はともべ愛用のオーディオです。上からデノンのレコード・プレーヤーにティアックのCDプレーヤー、そして今は無き(メーカーつぶれちゃった...)サンスイのプリメイン・アンプです。これにスピーカーはヤマハのNS10Mと同じくヤマハのサブ・ウーファーを繋いで鳴らしています。音にコシと厚みがあるんだけれども、一方で音楽の細部も再現性の良い、なかなかイイ音で鳴ってくれます。レコードは最近あまり聴く機会はないけれど、突然必要性にかられて聴くコトもあるから、いつでもスタンバイOKにしてます。でもやっぱともべも、「CDよりもレコードの方が良い音がする」派なのだ。

で、今のコンポーネントの中では、特にティアックのCDプレーヤーが大好き!!2年ぐらい前まではCDプレーヤーはずっとソニーのを使っていたんだけれども、急にオシャカになっちゃって、オーディオ店に見に行ったらほとんどのオーディオ・メーカーが10万~15万円クラスのCDプレーヤーの製造を辞めちゃってて、買い替えに困った。で、最終的にデノンとティアックのCDプレーヤーが候補に残ったんだけれども、ハッキリ言ってデノンのCDプレーヤーわ大嫌い(笑)。アルファ・プロセッサとか言って、聴感上聴こえない周波数帯を無理やり合成して原音に付け足す回路が埋め込んである。これが一般的にはひじょーにウケがよろしいらしーんだけれども(オーディオ雑誌なんかで色んな賞を受賞してるし...)、でもともべ的には聴いててとっても気持ちが悪い(笑)。CDの原音にない周波数帯の音がチャラチャラ鳴ってるのがハッキリ判って、もう聴いてて耐えられない。...で、結果的にティアックを選んだんだけれども、コレが大正解だった。前任のソニーのCDプレーヤーよりもコシと深みのある格段に良い音で鳴ってくれる。さらにサンスイのアンプとの相性もバツグンだった。

ちなみに、各コンポーネントの電源極性は、ちゃーんと合わせてある。オーディオ・マニアにとっては超常識なんだけれど、一般にはあまり知られていないコトとして、オーディオの電源プラグは差し込む方向で音質が変わる、ってコト。え??、電源なんて、2つの差し込みプラグをどっち方向に繋いでも同じだと思ってたでしょ??ところが違うノダ。通常家庭の電源プラグ差込口は「ホット」と「グラウンド」とゆープラス・マイナスの極性を持ってて、これをオーディオ本体の極性(だいたいオーディオ機器の電源プラグには、この極性の表示がある)とちゃーんと合わせてやらないと、本当に「イイ音」がしないのだ。これわともべ自身が敢えて極性を逆にして聴き比べたんだから、確実に「音が変わる」と断言できます。単なる「耳の錯覚」でわないです。

...ま、オーディオの世界なんて、しょせんは「オカルトじみた世界(笑)」にすぎないんですけれどもね...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

「U.K.」ってゆぅ~けぇ~??

20060610 写真は先月遂に出たU.K.の紙ジャケ3枚。「本当に出るのぉ~??(笑)」みたいなカンジだったから、正に「待ちに待った」リリースなのデス。...で、さっそく聴いてみた。U.K.の名作3枚が最新リマスターの高音質で聴けるかと思うと、もう涙がチョチョ切れて...え”??何コレ??音ゼンゼン良くないじゃん。あんま旧盤のCDと変わんないじゃん。とりあえず「ビミョーにリマスターされている(笑)」可能性もあるので、古いプラケのCDと「聴き比べ」をしてみた。なんじゃ??おんなじじゃん。(この時点で撃沈) がっちょぉぉぉぉ~んんん!!!

確かに「何事もなく無事に出すぎている」カンジはしたのです。メンバーの1人のエディ・ジョブソンは、自分の関わった過去のレコーディング作品のCD化に際して「ことごとくNGを出す(笑)」コトでわ有名だから、今回もゼッタイなんかあると思ってた。それがすんなりCD化されて、そーか、ジャケットだけ紙ジャケに変えて出すだけだったら、既得の権利関係だけでイケちゃうってコトですね。それがリマスターするとなるとアーティスト側も含めて権利の再許諾が必要で、そーすると当然ジョブソンのNGが出て...ってなワケですな。な~んかトホホなハナシです。さらにレコード会社はかの東芝EMIだし...ココはほんとーに自前でリマスターやらないなぁ~。今まで全部、海外のリマスターを流用して紙ジャケ化して出してる。でも当の東芝EMIは最近のニュースで本社ビル売却あんど社員の4割近くをリストラとか書いてあったから、可哀想だからもうこれ以上は書かないケド。

...で、U.K.といえばブートではケッコウ良質のものが多く出廻っているコトでも有名。特に4人編成時代のボストンでのラジオ音源が有名だけれども、コレなんかはカナーリ可笑しい。最初「パラダイス・ロスト」ってタイトルでブートが出て、その数年後さらにブートのリマスター盤まで出た。これがすんごく音質が良い。で、この後に「クラシック・ロック・シリーズ」っていう一連の中でオフィシャル・リリースされたんだケド、このオフィシャル盤よりブートのほうが格段に音が良いのだから笑える。ちなみにこのオフィシャル盤、実はアーティスト側の許諾を取らずに発売しちゃったらしくって、ジョブソンが自分のホームページで「ブートだから買わないで!!」とか訴えていたとか...「買うな!!」って言われたら、どーしても欲しくなっちゃうのがマニアじゃん!!(笑)

ちなみにエディ・ジョブソンはキーボーディストとしては大好きだけれど、現在のアーティストとしての姿勢は大嫌い。過去の音源のリリースに際してことごとくNGを出すから。どんなに完全主義なのかは知らないけれど、過去の作品に関してたとえ自分では不満な内容であったとしても、多くのリスナーが喜ぶならば個人的な主義主張を曲げてでもリリースに応じるべきだと思うのだ。あくまで「リスナーの立場に立つ」のが、ミュージシャンとしての役割だと思うのですね。かと思えば「ブルガリアン・ヴォイス」を使用した近年作なんかは、作品としてはひとつも面白くないし...一時期話題になったU.K.の再結成も、結局はジョブソンのワガママでお流れになっちゃったみたいだし...ま、いーんだケド...。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

特訓!特訓!猛特訓!!

20060603 写真は愛用のイバニーズのエレキ・ギターと周辺機器の数々。最近はもっぱらギターの特訓に励んでいるともべなのです。一応「パリの並木道」と「大残酷」で初のギター・プレイを披露したワケなのだけれど、「やっぱオレって、ギター、ヘタクソねぇ~ん...(笑)」とか思って、今後の自分の音楽の新たな展開も見据えて、「もっとギター上手くならにゃぁ!!」とか感じている昨今なのでした。

初心者向けのギターの教則本(CDやDVDの付いているヤツね♪)を2冊ばっかし買って来て、日夜コードの押え方なんかの「ド初心者メニュー(笑)」に没頭しております。別にアドリブ・ソロのギンギンに弾けるまでのレベルは望んでないけれど、自分のレコーディングに必要な最低限のバッキングやリードはちゃんとできるようになりたい。だから一通りのコトは教則本通りにレッスンするつもりです。それにヤッパ、「しんせ奏者」よりわ「ぎたりすと」のほーがカッコ良いし...女のコにもモテるし...って、あんまカンケーないケド(笑)。

エレキ・ギターを初めて手にした時から感じていたコトなんだけれど、「いかに音を出すか」よりも「いかに音を出さないか」のコントロールがとっても難しい楽器だと思った。弦にちょっと指が触れただけでも大きな音が出ちゃうから。特にともべはド初心者なので、コード弾きで左手のポジションが変わるたんびに、「グギャァァァン!!」とか大音響を鳴らしてます(笑)。「上手にミュートする」のがとっても大切なテクニックみたいです。

あと、本来のシンセ演奏からはちょっと寄り道してるワケなんだけれど、何事も「本来やるべきこととはあえて別の(正反対な)コトをやってみる」ってのは、とっても重要なコトだと思ってます。あえて異質なモノに触れることによって、本来やるべきコトが「より明確に」「違った角度から」見えてくることが多いから。だから今ギターの演奏を練習しているのはシンセの演奏に関しても決して無駄ではなくて、必ずフィードバックできるものを得られると思っています。

将来的にはギターの腕前も少しは上がって、ギターに関していわゆる「違いのワカル(笑)」領域まで達したら、愛用のギターももうちっとマシなものにしよーかと思ってマス。いかんせん今のダブル・カッタウェイのレスポールは「ギター・ショップの店員さんにテキトーに選んでもらった(笑)」シロモノなので、値段のほーも初心者向けに¥8万円ぐらいの安モノです。エレキ・ギターもちょーんとしたやつは¥30万円ぐらいはするんだけど、上達したらしっかりしたホンモノのレスポールが欲しーです。(ストラトわやーよ!!(笑))

それから、次の曲の制作に入る前に、ギターのレッスンと並行して、ピアノの練習もちょっとはしておこーかと思ってます。ともべは一応シンセ奏者のワリには「ピアノのバッキングがちょー弱い」コトは自分でも十分に自覚症状があるワケで(笑)、多少はウィークポイントを克服する修行を積んだあとで新曲にとりかからないと「同じモノの単なる拡大再生産」になっちゃうので...。ともべミュージックはまだまだ進化し続けるノダ!!(笑)

...となると、次はついでにドラムも叩けるよーになりたいとか...(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »