« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

コレクターズ・キング・クリムゾン!!

20060729 写真は5月から延期に次ぐ延期で待たされ続けた「コレクターズ・キング・クリムゾン Vol.10」のボックス・セット。ようやくリリースされて、ともべのトコにも昨日「新宿レコード」さんから届きました。シリーズ10作目になる本作、とにかく今回は今までにないくらい充実した内容の、超パワフルなCD6枚組セットです。ちなみに値段は¥10、500円。お値段のほーも、超パワフル(笑)。収録内容は以下の通り。

・「ワルシャワ2000年6月」 パット・マステロット、トレイ・ガン体制の「メタル・クリムゾン」時代のワルシャワでのライヴ。CD2枚組。

・「ハイデルベルグ1974年3月」 ウェットン、ブラッフォード時代の後期クリムゾンのドイツでのライヴ。

・「ブライトン1971年10月」 かのメル・コリンズ、イアン・ウォーレスを胞した「アイランド・クリムゾン」時代のライヴ。CD2枚組。

・「アズベリー・パーク1974年6月」 こちらも後期クリムゾンの「伝説のアズベリー・パーク音源」の完全収録盤!!日本のみのCD化。

今回何と言っても、最も人気の高い後期クリムゾンのライブが2枚入っていることと、さらにアイランド時代のライヴがCD2枚組の完全収録(特に珍しい「Island」のライヴ・テイクが入ってる!!)なのが超ミソでしょう。

...と、まー目玉の多い今回のリリースですが、なんと言っても「超目玉!!」は最後のアズベリー・パークの完全収録盤です。なんせかの歴史的名盤「USAライヴ」の元音源なのですから。今回はまず、この盤からじっくりと聴いたのデスが、かの「USA」が「21世紀の精神異常者」以外は全部この公演から取られているコトがハッキリと判りました。さらに、「USA」はオフィシャル・リリースなのでミックスもかなりソフィスティケイトされていて大人し目なんだケド、今回には大元のマルチ・トラックからダイレクトに新規ミックスされたモノなので、演奏の荒々しさが全く違います。これわもー、感動で涙チョチョ切れモノですよー。(笑)

さらにその中でも話題は、「USA」ではカットされていた「アズベリー・パーク」のエンディング部分と、そしてっ!!そしてっ!!あぁぁぁあぁ...(コーフン覚めやらないともべ(笑))、「USA」ではフェード・アウトされてしまっていて、長年多くのファンや評論家の憶測のマトとなっていた、「イージー・マネー」のインプロヴィゼーション後半部分が遂にそのベールを脱いだのですっぅぅぅ!!(落ち着きなさいって...)

結局「イージ・マネー」は、大方の予測通り(ともべもそー思ってましたが...)、途中から別のインプロヴィゼーションに移行してしまっていて、元のテーマには戻っていないコトが明らかになったのでした。しかもこのインプロ後半部分、ジョン・ウェットンのベースがあらぬ方向に即興を誘導してしまっていて、なんかみょーな情緒を発散しています。ちょうど途中までの「神聖なる雰囲気」を全部ブチ壊してるカンジ。日本語ライナーにも書いてあったケド、結果的に「オフィシャル収録されなかったのは正解であったと確認した」コトとなりました。

でもこの「アズベリー・パーク公演」がいかに後期クリムゾンにとって「歴史的名演」であったかを、今回のリリースで再認識できたのはとっても嬉しかった。「USA」のモト音源として採用されたのも、ナットクのいくところですネ。この1枚だけでも、今回わもー大満足!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

プログレ・オールスターズ!!

20060723_1 今回わ写真が4枚にもなっちまっただ(笑)。去る7月15日~17日に3日間、日本のプログレ・バンドが8バンド一堂に会するイベント「プログレ・オールスターズ」を3日間連チャンで観に行ってまいりました。イベントの詳細は写真(上)のチラシを参照ネ。

場所は西武新宿線の沼袋駅沿線の「サンクチュアリー」とゆーライヴ・ハウス。ともべ自宅からはワリと最寄なので、3日間通しのチケットを新宿レコードさんで購入して参戦しました。ちなみにこの「サンクチュアリー」とゆーライヴ・ハウス、(たぶん...)最近新しくできたハコだと思うんだけれども、ともべは初めてだった。サウンドはすこぶる良いのだけれども、このテのイベントを演るにはちょっとキャパ不足なカンジがした。カナーリ盛況だったので、場内は終始スシ詰め状態でちょっとストレスを感じた。

20060723_2 初日2バンド(チェンバー系)、2日目4バンド(シンフォニック系)、3日目2バンド(ハード・プログレ系)が出て、それぞれウデを競い合ったワケなんだけれども、ともべ個人的には2日目のシンフォニック・プログレ・デーが一番楽しめた。でもどのバンドも個性的で演奏技術が高いので、もちろん全日楽しめました。個々のバンドに関してはそれぞれ感じたトコロがあるけれど、個別にはココでは触れません。みんなそれぞれに良かった。

20060723_3 ちなみに今回出演のバンドから、写真(2番目)は「ファンタスマゴリア」。カーヴド・エアの3rdのタイトルをバンド名に配した、バイオリン中心のシンフォ・ロックです。さらに写真(3番目)は「水鏡(みずかがみ)」。「新月」に通じるような、和風&ジェネシスのシンフォ・ロックです。写真(一番下)は「ジェラルド」。日本を代表するキーボード・トリオで、今回3日間の大トリでした。とりあえず写真わ8バンド中で特にともべの印象に残った、3バンドをセレクションしてみました。

20060723_4 あと、大トリを務めた「ジェラルド」のキーボード奏者、永川トシオ氏は、さすがに大ベテランだけあって非常にウマイと思った。特にシンセの音色の使い分けが秀逸。「シンセを良く知っている」プレーヤーだと感じました。今回に限らず常々思うのだけれども、ライブにシンセ3台も並べて、でも全部が同じような音がするんじゃ1台だけ用意すりゃいーじゃん、とか思うのデス。そこんトコがさすが永川氏は(たぶん...)5台ぐらい並べてる必然性のある、多彩な音を出していました。本来はマルチ・キーボード(死語...(笑))って、こーじゃなきゃいけないって思うのデスね。

今回のイベントで、夏の休日3日間を満喫できただけでなく、何かとともべは「日本のプログレ・シーン」に疎いモノで、日本の自分以外のプログレ・ミュージシャンがどのような方向性でどのような音楽をリアル・タイムで演っているのか、勉強できたコトは非常に収穫が大きかった。今後も今回みたいな日本プログレのイベントを、どんどん後につなげていって欲しいと思う。それがシーンの活性化に繋がるからだ。

ちなみにこの3日間、ライブ・ハウスの会場では常にバーのカウンター横に陣取り、大量にビールを飲み続けていたのわ、他でもないこのともべです(笑)。おそらく客席の中では「3日間で最もビールを飲んだ男」(笑)だと...思いまふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

タイ・カレーわ目出タイっ!!

20060715_1 7月14日の金曜日は会社を一日お休みして、信濃町の慶応病院へ診察を受けに行った。ともべ持病のカンケーで、半年に1回は主治医の先生に診察受けなきゃならないコトになってる。え??何の病気かって??それわヒミツ(笑)。まあ、作曲なんてヤボなコトを長年やってるよーなヒトには、よくありがちなヤツなんですねれどもネ...。

...で、いかんせん大学病院なもんで、午前中にちゃーんと受付ても診察を受けられるのは午後遅ーくなってから。もう一日がかりなのデス。

20060715_2_1 ...で、待ち時間がやったらとあるので、信濃町でのお昼ゴハンといえばやっぱココ!!タイ・カレー専門店の「メーヤウ」です。写真(上)はその店構え。お店は地下1階です。いつもお昼時には行列ができていて、今回も12:30頃行ったんだケド、やっぱ地上まで行列ができていた。ココのタイ・カレーは一回目はカナーリくせがあって抵抗あるんだけれど、慣れてくるともうヤミツキになる。だから常連さんがとっても多いんです。

ようやく順番がきて、注文したのはいつもの「大辛タイ・カレー」です。(写真・下) もう、カレー本体はココナツ・ミルクがたっぷり入った上に、唐辛子色で真っ赤です(笑)。これにナンプラー(魚醤。イワシから取ったタイのお醤油です)をタップリとかけて食べる。もう汗だくだくで、サイコーに辛くておいしいのです。ちなみにカレーの具はゴロっと大きなジャガイモと鳥肉、それにタマゴが入ってる。「本場タイで食べるのと同じ味」にコダワった、お店のマスターさん自慢の逸品です。

ゴハン食べ終わってさらにタバコを一服して、なんやかんやで診察が終わったのが午後4時過ぎでした。それからわ、いかんせん信濃町なモンで西新宿が近いので、例によって恒例のCDあさり(先週行ったばっかしなのにぃ~...(笑))。キング・クリムゾンの73年のローマ公演完全収録盤やらコロシアムの71年ドイツ・ツアーのCD3枚組やら、ブートCDをせしめて、さらには待ちに待ったピンク・フロイドの{PULSE」のDVDなんかもGETして、家路に着いたのでした。

あと慶応病院といえば、たぶんあの建物のどっかにソフトバンクの王監督もいらっしゃるハズなんだよなぁ~...頑張ってネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

イングランド観に行きました!!

20060709_1 今回も豪華写真3枚付き!!(笑)さる7月8日(土)に、川崎のクラブチッタへ名盤「ガーデンシェッド」でお馴染みのイングランドの初来日公演を観に行ってまいりました。

どーせ川崎へ出るんだったらと思って、早めに昼頃は家を出て、まずは「聖地・西新宿」へGO!!(笑)。「新宿レコード」さんやら「ガーデンシェッド」さん(こっちはCD屋さんの名前ね。もち、今回のイングランドの「ガーデンシェッド」がお店の名前の由来です。)やらを見て廻って、プログレのCDを多数購入。中には1974年のムーディー・ブルースの初来日公演の完全収録盤(もち、ブート!!)なんてのもあって、ナカナカ収穫が多かった。で、16:30頃に、新宿から川崎へGO!!

20060709_2 クラブチッタに着いたのは17:30頃。写真(上)はそのクラブチッタの今回のイングランド公演の看板。例によって場内は撮影禁止なので、仕方なくコレ。で、まずはお決まりの「メモリアル・グッズ」販売コーナーへ突進。なんでもグッズを買うとライヴの後にメンバーのサイン会への参加券がもらえるとのコトなので、Tシャツとパンフのセットを購入しました。(写真・中) 写真のパンフは見ての通り、ライヴ後にもらったサインがバッチシしてあります。これわもー「家宝」ですネ(笑)。それからビール飲みながらタバコふかしてライヴの開演を待つことしばし。ライヴはこの瞬間がもーたまらんっ!!

20060709_3 で、カンジンのライヴなんだケド、いかんせん「リアルタイムに売れている」バンドではないので、演奏は決して上手なものではありませんでした。リズム、音程、アンサンブル、あぶなっかしいトコロ数知れず(笑)。でもそんな「上手い・下手」とは別の次元で、タイヘンに楽しめるコンサートでした。なんせあの名盤「ガーデンシェッド」の名曲の数々を生で聴けたのと、何よりジャズっぽい要素は全くないけれど、まるでカンタベリー・ミュージックのライヴを聴いているような、英国の田園風景が広がるような英国情緒がタップリの演奏はとてもともべの琴線に触れるモノがありました。メンバー自身の優しい人柄が英国情緒と一体となって、とってもステキなライヴでした。

あとイングランドといえば、ブラッフォードばりのスネア・ドラムのハイチューニングが耳に残るのだけれども、ライヴではそんなにスネアのチューニングは高くなかったです。確かにピッコロ・スネアの音で一般のロック・ドラムよりはチューニング高いのだけれども、スタジオ盤ほど極端ではなかった。あとメロトロンがすんごいリアルな音で鳴り響いてて、「もしかしてホンモノ??」とか思ってたんだけれども、客席からは「本物のハモンドC3(笑)」あんど「本物のフェンダー・ローズ(笑)」に隠れてて見えなかった。でも後述するサイン会への会場までの通路で、たまたまステージを上方から見る機会に恵まれて、そこでともべが目撃したのわ紛れもない「巨大な白いハコ!!(笑)」。やっぱホンモノだったんですねぇ~。ハモンド、ローズ、メロトロンまでホンモノとは、徹底したコダワリようには感動致しました。

で、ライヴの後はお楽しみのサイン会。5人のメンバー全員が順番に軽い会話とサイン、そして握手までしてくれました。メンバー全員「ハーイ!!」なんてとても気さくなノリで嬉しかったです。特にこの日、ともべはクリムゾンの来日公演の会場で買った記念Tシャツを着ていたのだけれども、サインの順番がリーダーのロバート・ウェッブさんになったときに、ウェッブさんがTシャツのプリントを指差して「オレ、これ知ってるぞ!!」とか言い出して(もち英語で)、「キング・クリムゾン!!」とか返したら、「そーだ!!わはは!!」とか言って、とても楽しい方でした。ともべはメンバー全員に「Come Back Japan、Again!!」と挨拶をして、会場を後にしたのでした。

...と、会場を出るといきなりバーがあって(写真・下)、「クラブチッタの2階にバーなんかあったのねん!!」とか思って、思わずカウンターでビールを2杯ばかり飲みました。すんごい雰囲気の良いオシャレなバーで、ライヴ後の気分をサイコーに盛り立ててくれました。もーこれからわクラブチッタのライヴの後は、常連になりそー!!(笑)

...と、ゆーワケでサイコーに楽しかったイングランドの来日公演でしたが、実は昨今のともべは仕事の上でもバタバタとイロイロあって、ストレスがたまりまくりでヒジョーに辛かった。内心相当に弱ってました。だから今回とても良い休日を過ごせたコトに、心から感謝しています。ともべすっかり元気を取り戻して、また明日から仕事がんばるノダ!!

本当に、ありがとー!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

ちっちっちっ...ちぇ~りぃぼむぅ!!

20060701 今週も前回に引き続き、「懐かしいモノ」(笑)シリーズ。写真は最近紙ジャケで再発された「ザ・ランナウェイズ」のライヴ・イン・ジャパンのCD。あまりの懐かしさについ買ってしまいましたが、ハッキリ言ってレジでそーとーハズかしかった(笑)。立川のHMVで買ったんだケド、他の購入CD2枚の間に「さりげなく挟んで」(笑)レジに出しました。それわもー、コンビニのレジでエロ本買う気分。(笑)

でもコレってそーとー流行ったよなぁ~。ランナウェイズの人気が日本で爆発している当時、ともべは確か中学3年生。彼女らテレビにも良く出てて、ボーカルのチェリー・カーリーがガートル姿で歌うルックスに、ともべわ「胸ときめかせて」(笑)いたものでした。今考えると彼女ら、1ヶ月間も日本にいたのね。同時期にスージー・クアトロが日本で文金高島田で結婚式を上げたりして、「おぉぉ...そんなコトもあったっけなぁ~!!」なーんて、懐かしーのでした。ハハハ...トシばれるね。(笑)

...で、カンジンのライヴCDの内容なんだケド、今更ながらにちゃんと聴いてみると、ハッキリ言って演奏はちょーヘタクソです。もー笑っちゃうぐらい...そもそもこのテの音楽としてはリズムがゼンゼンなってない。まー彼女達は当時まだ16歳の女の子だったワケで、仕方ないんだケドね。ちなみに当時日本のマス・メディアでは、彼女らを「パンク・ロック」として紹介してたんだケド、もちろんコレは音楽的にも全くパンクでわない。どちらかというと「キッス」なんかと同系列のアメリカン・ハードロックに近い。あくまでマーケティング戦略として、バンドの本拠地をロサンジェルスからニューヨークに移してまで、意図的に「パンクのイメージ付けをした」シロモノです。

で、その後、バンドはボーカルのチェリー・カーリーが敢えなく脱退。一時は双子の姉妹のマリー・カーリーとデュオを組んで歌ってたりもしてたケド、さっぱり売れず。で、女優業に転向とかもしてたらしー。バンドの方はチェリー抜きで活動を続けたけど、こっちもさっぱり売れず。(笑)で、自然消滅しましたとさ。。。ちゃんちゃん。でも「偉大なる色モノ・バンド」(笑)としてわ、現在でも多くの日本のおやぢどもの記憶に焼き付いていると思うぞ。

ちなみに最近、ランナウェイズの再結成・復活のハナシがほんとーにあったらしい。でもこれはメンバーの意向でポシャッたとか。もし実現していたとしたら、これわそーとーに観たくない。(笑) 「平均年齢46歳のランナウェイズ」わ、本当に「RUNAWAY」(逃げ出す)しちゃうカモしれない。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »