« アフターセブン・コンサートのお知らせ!! | トップページ | アフターセブン・コンサート大成功!! »

2006年9月16日 (土)

リハーサル!!リハーサルっ!!

20060916 とうとうアフターセブン・コンサート本番まで一週間を切った。...で、そろそろリハーサルも大詰めなともべなのデス。写真は今日のスタジオのリハーサル風景。通常ライヴの仕込みをやるときはまずヘッドフォンで大枠の音作りだけはやってしまうのだけれど、最終的な仕上げとなると写真のようにスピーカーからナマ音を出してモニターしないと完璧なものにならない。しかもライヴ本番を想定しなきゃいけないので、相当な大音量で音を出す必要があって、だから休日の昼間にしか作業ができない。ちなみにともべのスタジオは、防音設備とかわ一切ない。なのでリハーサルの音は、ちゃーんと周囲の住民の方々にも丸漏れ。あとでご近所の奥様に、音楽を誉めてもらったりもする(笑)。なんじゃそりゃ??

...でもこうやってスタジオのナマ音でサウンド・チェックしてみると、ヘッドフォンで仕込んであった音ネタの詰めの甘い部分がぜーんぶ判る。とっても大切なプロセスなのデスね。ここでスピーカーからの出音を完璧に仕込んでおけば、あとは安心してライヴに臨めるノダ。ちなみにFantom-X6でのプログラミング作業も、パラメータの値が100分の1程度の設定が全体の響きに大きく影響するような部分もあったりして、カナーリ神経を使う。あとバックグラウンド・オケは事前にフラッシュ・メモリに仕込んであって、Fantom-X6立ち上げ時の初期ロードで自動的に内部メモリに格納されているようになっているので、超ラクチン。でもこの初期ロードには5分ぐらいの時間がかかる。で、もし本番中に電源落ちたら超悲惨(笑)。もー目も当てられない。だからライヴの時は会場で「シンセの電源だけわ切らないでっ!!」って、それだけは常に叫び続けているノダ(笑)。

あと、今更ながらに思うのは、丁度一年前ぐらいに導入したFantom-X6なんだけど(フル・スペックで30万円ぐらいした...)、コイツってほんとにスゴイと思う。とにかくシンセの仕様とゆーか、機能領域が膨大なので、買った当初は全体像を把握するのにカナーリ苦労したけれど、今思えばともべがライヴで必要な機能は1つ残らず網羅されている。ボクら学生時代だったら、ちょっとした自動車1台分の機材を運ぶ必要があったのと同じ内容なライヴが、片手にシンセ1台だけ持ってけばできてしまうとゆーのわ、正に革命的だと思う。本当に時代の恩恵を享受しているカンジがします。さらにはライヴで必要な情報はゼーンブ事前にプログラミングしておけて、本番のステージではスイッチ1つで呼び出せてしまうのだから、ライブでの安定性は隔世の感がある。もうステージ本番で、「シンセ・ブラスの音が小さいよ~っっっ!!」とか叫ばなくてすむ(笑)。最近のテクノロジーって、ほんとスゴイですねぇ~...。

...と、ゆーわけで(...なにかじゃ??(笑))、リハーサルも頑張っているから、本番わ期待しててネっ!!

|

« アフターセブン・コンサートのお知らせ!! | トップページ | アフターセブン・コンサート大成功!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/11917285

この記事へのトラックバック一覧です: リハーサル!!リハーサルっ!!:

« アフターセブン・コンサートのお知らせ!! | トップページ | アフターセブン・コンサート大成功!! »