« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月27日 (土)

煩悩の迷いは尽きず...(笑)

20070127 写真は最新のPCベースのレコーディング・ソフトウェア、ローランドの「SONER 6」のカタログ写真の一部。先週の日記で「PCベースのレコーディング環境にも憧れる」なーんて書いたんだケド、実はさっそく先週の日曜日に立川の楽器店に立ち寄って、最新のソフトウェアをチェックしてきました。ブツのチェックと店員さんから簡単な説明を受けて、ちゃーんとカタログまでGETしてきた。で、ナカナカ感触の良かったともべは、実はこの一週間ばかり、コイツの導入のコトばっか考えていました(笑)。以下はその顛末。

ちなみに、このテのPCベースのレコーディング環境で、MIDIベースのレコーディングを「DTM(Desk Top Music)」と呼ぶのに対して、オーディオ・トラックのレコーディングを主体とするものを「DAW(Degital Audio Workstation)」と呼びます。プロの世界の標準では「Protools」なんかが有名。(とーぜん高すぎてともべなんかにわ手が出ない(笑)) で、スタジオのレコーディング機器としてPCが1台だけあって、「コレ1台でぜーんぶやってますっ!!」なーんてカッコいいよねって思った次第デス。巨大なコンソールもレコーダーもシーケンサーやエフェクターもぜーんぶなくなっちゃって、PC1台きりになればスタジオの居住性もグンと良くなるしネ!!しかも、ソフトウェアの仕様上は、「レコーディング・トラック数は無限っ!!」この魅力には大いに惹かれました。

...でもいきなり今のレコーディング環境を「SONER 6」でリプレースして、ホントーに実用に耐えるのかがヒジョーに心配。なんせともべの音楽のウリは「暖かくて厚みのあるアナログ・シンセサイザーのサウンド」なモンだから、「実際導入してみて今までとは全く違ったニュアンスのサウンドになってしまったら、どーしよー??」とか思った。なんせ1回リプレースしちゃったら、もー後戻りが効かないんだから。今使ってるアナログ・コンソールも、単体のエフェクターなんかも、もはや手に入らない。で、こんなときは本業の知恵を生かして、コンピュータ・システムの切り替え事例を参考にすることにしました。つまり、コンピュータ・システムを新システムに切り替えるときには、必ず「平行本番」とゆー期間があって、古いシステムと新しいシステムとを同時に本番稼動させるのです。で、新システムに問題がないことを確認できた時点で、旧システムの稼動を停止させる方法を取るのですね。もう「このテでいくっきゃないっ!!」とか思って、以下のシナリオを考えてみました。

1.いかんせんVistaの発売直前なので、「SONER 6」のVista対応が完了した時点で、Vista対応版の「SONER 6」をオーディオ・インタフェースとともに購入。

2.現在のスタジオ環境はそのままで、今使ってるWindows XPのPCに、「SONER 6」をテスト導入する。

3.今作成している新曲のレコーディングを、試験的に「SONER 6」のPCベースでやってみる。

4.レコーディングで、音質や操作面など全く問題がないと判断されたら、Vistaが落ち着いた夏頃を目安に、ハイ・スペックのVista PCをレコーディング専用に導入し、スタジオのレコーディング機器をぜーんぶリプレースしちゃうっ!!

5.めでたく、PCベースのレコーディング・スタジオが完成っ!!(ぱちぱち...)

...な~んてバラ色の未来を思い描いておりました(笑)。で、それまでには「SONER 6」のコトとか、イロイロと十分に調査・情報収集しとかないとねっ、とゆーワケで、カタログやWebサイトを熟読。その中で気になったのが、「使用できるレコーディング・トラック数は、使用するPCの処理能力に依存します」の一節。「PCの処理能力に依存します」って言ったって、おおよその目安さえも書いてない。この部分をヒジョーに不安に思ったともべは、今日、カタログに書いてある「お客様相談ホットライン」みたいなトコに電話してみました。以下はそのやりとりの概略。

ともべ: 「レコーディング・トラック数はPCの処理能力に依存ってあるんですけれど、おおよその目安はどれくらいなんですか??」

相談嬢: 「目安と言われましても、PCのスペックや曲の長さなど、一応の基準を示して頂きませんと...」

ともべ: 「CPUがCeleronの3.2Ghzで、5分程度の曲をレコーディングするとなると、どーなりますか??」

相談嬢: 「ただいまお調べ致します...」(しばし沈黙)

相談嬢: 「お待たせ致しました。お客様のスペックですと、10トラック程度は大丈夫かと思いますが...」

ともべ: 「そーですか!!わはは!!10トラックも録れちゃうんですかっ!!どーもありがとうございますっ!!」 (極めて冷静かつ明るい口調で...)

がちゃん。

全ては終わった...と思ったのわ、ゆーまでもない(笑)。ともべのレコーディングでは、レコーダー本体だけでなくコンソールに直接立ち上げているMIDI音源トラックなんかも含めると、有に40トラックは普通に使用する。10トラックじゃなーんにも出来ないじゃん!!やっぱオーディオ・トラックからMIDI管理、エフェクターからミキシング、はては内臓音源まで、1台のCPUでぜーんぶやろうとするコトはまだそーとーに無理があるのデス。よくアマチュアの作品なんかで、PCベースのレコーディングで非常に出来の良い作品に出会ったりするコトもあるんだケド、それは音楽自体がある程度シンプルで、トラック数も過剰には多くないから出来るワザなのですね。ともべみたいにシンフォニックにゴテゴテと何十トラックも音を重ねるタイプのミュージシャンには、PCベースのレコーディングはまだ向かないコトを痛感致しました。レコーダー、コンソール、エフェクター、シーケンサーなど、それぞれに機器がバラバラで、それゆえに負荷が分散されているとゆーのわ、それなりに意義があるコトだったのです。

でも、今から5年~10年ぐらいして、PCの処理能力も格段に進歩したら、本当に「PC1台でレコーディングぜーんぶやってますっ!!」って時代が来るカモ知れない。いや、きっと来ると思う。でもそれまでは、今のレコーディング環境を少しずつアップグレードしながら、大切に使おうーっと!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

2007年わ大作で勝負だぁぁぁぁっ!!

20070120 はい、写真は今日のスタジオ風景。もち、愛用のコルグ・ポリシックスとドイプファーのA-100。年末年始の休みで一応新曲の作曲が完了したので、年明けからレコーディングに着手しています。とわいっても、まだ一生懸命にプリプロを作成している段階なんだケドね。先わ長いぞぉ~...(笑)

...で、カンジンの新曲なんだケド、今回は特に我が敬愛するエニドも国内盤紙ジャケが発売になったコトを記念して(笑)、思いっ切り「エニドっぽい曲に(笑)」したかった。で、彼らの代表曲「ユーモレスク」を参考にして、緩急のメリハリもハッキリとした4部構成の曲を作曲しました。概要はとゆーと...

1.比較的アップ・テンポの、激しい印象のあるテーマ1。ドラムも変拍子ビシバシっ!!(笑)

2.ストリングスがメインの、静かな情景のテーマ2。

3.テーマ1の再現部。さらに激しく、さらに劇的に...。

4.テーマ2を大々的に再現部。リード楽器にはもち、エレキ・ギターを使用して、フランシス・リカーリッシュ様風に弾いちゃう!!んでもって最後は究極までシンフォニックに盛り上がるっ!!(笑)。

...なぁ~んて構成を考えました。この構成、エニドの楽曲なんかには定番的に良く出てくるんだけでども、元を正せばエルガーの「威風堂々」あたりがオリジナルなんだよね。アンサンブルもエニドよろしく全体的により激しいエレキ・ギターを存分にフューチャーして、ロックっぽい仕上がりにしよーと思ってまふ。長さもだぶん10分ぐらいの大作になる予定です。ふぅ~...レコーディングがたいへ~んだぁ~...(笑)

でも、とにかくほぼ半年以上ぶりのレコーディングになってるワケで、そーなるとやっぱ機材のコンディションが一番心配。一応マメに電源入れたりとかはしてるんだケド、メイン・レコーダーみたいに本チャンもののレコーディングに入らないと使わない機材もあったりするワケで、やっぱやってみなきゃワカんない(笑)。毎年こんな思いすんだったら、いっそMacのPCにレコーディング・ソフト乗っけてデジタル・レコーディング環境でも構築しちゃおうかしらん??(笑)なーんてね。最近は最新のそのテのレコーディング機器をネットでチェック入れてみたりする、ともべなのでした。まあ、今の古~いアナログ・レコーディング環境があるからこそ、自分の指向に十分にマッチした暖かいサウンドをちゃーんと録れてるってコトも、一方では十重承知しているんだけれどもネ(笑)。でも「スタジオ・ファシリティーの有効活用」なーんてコトを考え出すと、最新のPCベースのレコーディング環境にも食指が動いちゃったりもするノダ(笑)。夏のボーナスでぜーんぶ入れ替えちゃおうかしらん??(笑)

...と、まあそんなこんなで、まだプリプロで具体的なアレンジを確定している段階なので、本チャンもののレコーディングの完成とWebでの配信は、まぁ春ぐらいになるカナぁ~なんて思っております。でも、「ゼッタイに良い曲になるっ!!」これだけわ明言しちゃうよ(笑)。あと今年リリースに漕ぎ着けるかどうか??のニュー・アルバムでは、間違いなくトップ・バッターの1曲目に十分なりうる曲になると思う。んでもって、秋の恒例の「アフターセブン・コンサート」では、またしてもライヴで初演しちゃうのデスね(笑)。あぁぁ...年末までパターンが見えているのもイカんなぁ(笑)。まだちょっと時間があるけれど、期待して待ってて下さいましね....。

...で、ぜんぜんカンケーないけど、先週クラブ・チッタから5月のバンコの来日公演のチケット当選のメールが来た。ちなみにともべわ、5月27日(日)の東京2日目の公演を観に行きます。知ってるヒト、クラブチッタで会いましょー!!(笑) でもこれで、2月コロシアム、3月エイジア、4月ニュー・トロルス、5月バンコがぜーんぶ確定っ!!ひえぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

フォーカスのK2HD紙ジャケ!!

20070113 写真は昨年末に出たフォーカスのK2HDリマスタリングの紙ジャケ。もともとK2マスタリングで出てたんだけれども、今回のアップグレードに際して7枚ぜーんぶ買い換えちゃった(笑)。このテの「紙ジャケの出直し」って、ケッコウお財布的にもつらいモノがあるんだけれども、まあ、古い紙ジャケをユニオンさんに売っ払っちゃえばそこそこの良い値段で引き取ってくれるし、だからこれわこれでいーコトにしてマス(笑)。

1年ぐらい前に日記にも書いたケド、K2HDリマスタリングって、ホントに音が良い。「音の鮮烈さ」では他のマスタリング方式を圧倒的に引き離していると個人的には思います。だから今回のフォーカスでも、この最高の音質で彼らの音楽を楽しめるコトわ本当に嬉しい。もともとは去年にプロコル・ハルムやEL&PがK2HDリマスタリング紙ジャケで再発になってて、半信半疑で買ったら音の良さにビックリした。で、既存のビクターさんのK2カタログの中ではフォーカスだけが残っていたので、「いつか出るぞぉ~!!」とか思ってたら、ヤッパ出た(笑)。K2HDの方式そのものが進化しているのかどーかわ定かではないけれど、特にに今回のフォーカスではK2HDの音の良さが際立っている気がする。まぁ、錯覚カモ知れないんですけれどね...(笑)。

...で、今回発売の7枚のうち、「フォーカス・アット・ザ・レインボー」が歴史的名盤であるコトわさておき、個人的にわ超裏ワザ的に「ハンバーガー・コンチェルト」が一番好きだったりする。実はこの曲、ハイドンの「管楽器のためのディペルティメント」から「アレグロ」の部分のテーマをそっくりカッパらって(失礼っ!!「引用」ね...(笑))きていたなんて、後から知った。それまではぜーんぶ彼らの創作だとばっか思ってた。まあ、それが彼らの才能を云々するコトにはならないんですが...プログレには良くあるコトだしね。昔話で大学受験浪人の時分にFMで「クロスオーバー・イレブン」なんて通な音楽番組が真夜中があって、プログレがケッコウ良くかかってた。レコードもたくさんは買えない貧乏浪人生のともべわ、この「ハンバーガー・コンチェルト」がオン・エアされたのをテープに録音して、深夜のコンビニでかけまくってたっけ。(ひどいバイトっ!!(笑)) だから個人的にも思い入れが深い1曲です。クラシカルな盛り上がりがもう、たまらんっ!!(笑)

あと彼らの全盛期の代表作1枚っていうと、やっぱ「フォーカス3」になるかと思うんだけれども、もともとはレコード2枚組で発売されていたこの超大作、ともべわあんま好きじゃない。アルバム・タイトル曲や「シルヴィア」なんかの名曲があるのは良いのだけれど、やっぱこのヒトたちはインプロヴィセーションを始めると本当に音楽に取り止めがなくなっちゃうみたいで...(笑)。アルバム全体的にまとまりがなくて、インプロで音楽がどんどん拡散していっちゃう様は、好きなヒトは好きなんだろーケド、ともべ的にわ×。さらに、ヤン・アッカーマン脱退直前の「マザー・フォーカス」あたりになると、もう様相はカナーリ悲惨(笑)。もはやプログレでわなくて「フュージョン」になっちゃってます。なんでココまで軽くなれるかなぁ~??みたいなカンジ。でも1曲だけ「ノー・ハング・アップス」だけわ、メロが超美しいので大好き。

...とまあイロイロありますが、でも好きなのもそうでないのも含めて、彼らの作品をK2HDの最高の音質で楽しめるのは、やっぱとっても嬉しいのデス。あとは全盛期の彼らの最終作「フォーカス・コン・プロビー」をぜひ紙ジャケ・リマスターで出して欲しいもの。フィリップ・キャサリーンのヤン・アッカーマンとはまた違った滑らか~なギターの早弾きも、また聴きたいしね。でもこのアルバムだけがなかなか再発されないのがフシギなんですが、おそらくは権利関係の問題だと思ってます。

さて、エイジアでわジョン・ウェットンとスティーヴ・ハウが和解したコトだし、今度わヤン・アッカーマンとタイス・ヴァン・レアが和解してフォーカス再結成だなんて...あってくれるとウレシいよね...(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

iPODとBOSEのヘッドフォンと...

20070707 最初にちょっとコマーシャル。このブログの親サイト「シンフォニックロック・ワールド」を、お正月特別企画としてプチ更新しました。「きまぐれディスク・レビュー」のコーナーに、アラン・パーソンズ・プロジェクトの「アイ・イン・ザ・スカイ」のレビューを追加アップしました。まー相変わらず駄文なんですが...(笑)、読んでやってくださいまし。

...で、本題。写真は先般購入したiPODの80GBモデルと、BOSEのヘッドフォン「トライポートIE」。今のともべのマスト・アイテムです。ところがどっこい、ここに行き着くまで、紆余曲折イロイロあった。もともとともべは「iPODもキライならBOSEのヘッドフォンもキライっ!!」派だったハズ...。で、今日はココに至った経緯をお話しします。ちっと長いんだケド...。

ハナシは昨年末にさかのぼります。BOSEの新しいヘッドフォンを試聴して気に入らなかったともべは、SONYのMDR-EX90SLとゆーヘッドフォンを買って帰ったのでした。(昨年12月3日の日記参照) で、しばらくはこのSONYのヘッドフォンをポータブルCDプレーヤーに繋いで、外出時は音楽を楽しんでいたんだけれど、このSONYのヘッドフォンはいかんせんモニター・ヘッドフォンの設計思想を受け継いでいるので、「確かに音はクリアなんだケド、オーディオ的に面白味のある音でわないなー...」とだんだん感じるよーになった。つまり音的に不満を感じるようになってしまったのデス。

そんな折、たまたま覗いたMixiのBOSE関連のコミュニティーに、「BOSEのヘッドフォンは、最低でも70時間~100時間ぐらいエージング(つまり慣らし運転)しないと、本当にイイ音がしない」とか書いてあった。ナルホドと思ったともべはさっそくBOSEのトライポートIEをWeb通販で購入し、お正月の6連休はもっぱらCDプレーヤーをリピートのかけっぱなしっ!!(笑)にしてヘッドフォンを鳴らし続けたのでした。そしたら休み明け頃には、「本当にイイ音がするっ!!」コレにはビックリした。あんなにコモっていた高域もすっかり伸びが良くなって、音の解像度もグンとアップした、最高のBOSEサウンドが鳴るようになった。超ラッキー!!

ところがまだ問題が1つ。せっかくヘッドフォンがイイ音になったので、コレで音楽を楽しみたいと思いきや...インピーダンスの問題はまだ付いてまわった。前に日記に書いたやうに、国産のポータブルCDプレーヤーの出力インピーダンスは16Ω。ところが今回のBOSEのヘッドフォンは32Ω。つまり、通常のCDプレーヤーに接続したのでは、十分な音量が得られない。で、調べたら今国内で販売されているポータブル・オーディオで、唯一32Ωの出力を持っているのはiPODだけなのです。

基本的に「良い音質」のコダワるともべとしてわ、iPODのよーな「圧縮記録型」は、ハナシを聞いただけでも「イヤっつ!!」とか言って避けてきた。でもこのBOSEのヘッドフォンを使おうと思ったら、もうiPODしか選択の余地はない。ネット等でiPODの音質に関して調べてみたら、もう「良い」とゆーヒト、「悪い」とゆーヒト、ゴチャまぜでかえってワケわからん(笑)。...で、こんな時はともべの座右の銘「何事も、やってもみないで先入観だけで判断しないで、まずは自分で体験してみてから決めるべき」とゆーワケで、最新のiPODの80GBモデルを購入したのでした。使ってみてもし気に喰わなかったら、「高い授業料を払ってベンキョーさせてもらった」と思おうと...(笑)。

...で、家でPCにiTUNEをインストールして、アレコレやりながらCDをAACの320KBPS(圧縮の中では最高音質になるハズ...)で、iPODに落とし込むコトに成功した。で、BOSEのヘッドフォンを繋いでまず聴いたみた感想が、「音、いいよーっ!!」だった。圧縮式のプレーヤーから想像していたのとは全くの別世界。確かにCDをダイレクトに聴くのよりは音質は落ちるのだけれども、外出時に電車の騒音の中で聴くのには十分な音質だと思いました。なにより、32ΩのBOSEヘッドフォンを余裕のあるパワーで十分にドライブし切れるトコロが嬉しかった。音量的にも文句ないボリュームが得られました。

でも最初のウチは、「音の輪郭が多少ぼやける印象があるナ...」とか「圧縮に際して、音の定位感が犠牲なってるみたい...」とか、ケッコウあら捜しをしながら聴いてた。...で、こ一時間ぐらい聴いていただろうか、ともべの中に思いもしなかった大変化が現れたのデス。それわ...

「iPODの音が、全く自然な最高の音質として、違和感なく耳に聴こえるようになってしまった。」

コレには正直言ってビックリした。iPODの音のアラが、全く感じなくなってしまったのデス。正に完璧なBOSEサウンド。なんでかな~??とか考えて、ともべはある結論に達しました。

「BOSEのトライポートIEは、結局はiPOD専用に開発されている。」

とゆーコト。SONYのポータブルCDプレーヤーで鳴らそうとしたコトに、そもそも無理があったのデス。BOSEのWebサイトには「iPOD専用」なんて一言も書かれてないけれど、「ポータブル・オーディオ専用で、それ以外では十分な性能が得られません」とは書いてある。ここでの「ポータブル・オーディオ」って、ズバリiPODのコトだったのですネ。だから、16Ωが主流に中で、あえて32Ωで出してきたワケも判ったし、ヘッドフォンとしては異様に長くて邪魔になるケーブルも(一部にはこのケーブルの長さは非常に評判が悪いようで...(笑))、実は他のポータブル・オーディオのようにリモコンに繋いで使用するのでわなくて、iPODのように本体に直接繋いで使用するには適切な長さとして作られている、といったコトも、ようやく理解できました。

さらに、トライポートIEにはパッシブ型のイコライザーが内臓されていて、音が自然に聴こえるようヘッドフォン側で音質を補正するよーな仕組みになってる。おそらくはコレも「iPODの出力を前提に」設計がなされていると思われ、それ以外の設計やテストなども、すべてiPODに対して最適化がなされていると考えられます。思えばBOSEはアメリカの会社で、アメリカでポータブル・オーディオっていったら圧倒的にiPODなんだから、考えてみればトーゼンなんだケドね...。たからBOSEのトライポートIEとiPODは正にベスト・マッチング!!最高のBOSEサウンドが出るのデスね。もう大満足っ!!

...と、ココまでたどり着くのに道のりが長かったともべですが、昨今は嬉々として愛用のiPODちゃんにプログレのCDを入れまくっているのデス(笑)。で、今回のオーディオ騒動を経て得た教訓。

「先入観だけで最新のハイテク技術に背を向けて生きると、今の時代はロクなコトがない。」

ちゃんちゃん...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございま~すっ!!

20070101 皆さん、2007年明けましておめでとうございますっ!!本年も「単なる音楽バカのともべ(笑)」を、よろしくお願い申し上げま~す。

本当はこのブログは週1回の更新と決めているので、昨日大晦日の更新をしたばっかだから、今日わ更新やめとこーかと思ってた。でもいつまでも大晦日の記事がトップにいるのもカッコ悪いモンだから、お正月の近況報告も踏まえて軽~くプチ更新します。写真わ元旦の食事風景。やっぱ単なるアホです(笑)。

...で、大晦日は6時頃に「ちょっとひと休み...」とか言ってゴロっと横になったら、そのまま大爆睡っ!!(笑)。目が覚めたら10時半でした。「しまったぁぁぁぁっ!!」とか思って急いでお風呂とか入って、ビールを飲みながら紅白をつけて年末体制に入ったのがようやく11時過ぎ...。なんか意外なトコロで慌しかった。さらに年末のカウント・ダウンは、毎年恒例の12チャンネルのジルベスター・コンサート。今年のカウント・ダウン曲はともべも大好きなエルガーの「威風堂々」で、これがめっぽう良かった。割と俗っぽい解釈の演奏が目立つこの曲にあって、今回のは極めて端正かつ正統派のエルガーだった。...で、2007年が明けてまず両親に(酔っ払って...)新年の挨拶をして、それからもビールを飲み続けるコト1時間超、結局夜中の2時過ぎに再び爆睡っ!!モードに入ったのでした(笑)。ヤレヤレ...

...で、一夜明けて目が覚めたのが10時過ぎ。(遅っ!!) コーヒーを入れて、まずは今年の聴き初めの1枚は、プロコル・ハルムの「ソルティー・ドッグ」を選びました。毎年「月の光」が続いてたモンで、今年はちっと趣向を変えて...なのデス。でも毎年聴き初めがプロコルなのは、やっぱ自分の原点に立ち戻れるから。それから身支度を整えて、新年の食卓に付いたのが、上の写真。さ~て、2007年はどんな年になるのでしょーか??

...で、新年一発目の雑感。大晦日の紅白なんかを見てたら、最近子供たちのイジメ・自殺なんかが大問題になっていて、それに対するメッセージともとれる内容がやけに目立った。一方、一夜明けると、相変わらす大人達が新聞・テレビ・ネット等で色んなコトを言ってる。こんな状況を見てともべが痛切に思うには...

世の中で大人達が醜い姿をさらし続けている限り、子供たちのイジメは絶対になくならない。

...と、思うのです。あくまで「合わせ鏡」なんだから、大人が自分たちのエリを正さないで、なにが「イジメ撲滅」だって...早く気付けよって...。

新年早々すんませーん。今年もどうかよろしくお願い申し上げま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »