« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

Mixiコミュニティーのオフ会!!

20070225_1 昨日はMixiのコミュニティー「音楽リスナー・サークルOJI_SUN」のオフ会に参加して参りました。場所は渋谷。写真は昨日の渋谷駅前風景。相変わらずエライ人ごみ(笑)。渋谷って一時はタチの悪い若者が多くて、めったに近寄らなかったんだケド、久々に行ってみたら街行く人々の年齢層が随分と上がったような気がした。すっかり「大人の街」になっていて、これなら安心して歩ける。

渋谷での待ち合わせは6:00PMだったんだケド、どーせ渋谷へ行くなら例によってCDあさりもしたいと思って(笑)、4:30PMぐらいには渋谷駅に着いた。で、さっそく渋谷タワー・レコードへGO!!写真②はその入り口風景。今回タワレコに行ってみて改めて思ったのだけれど、やっぱ渋谷のタワレコの商品の充実度はスゴいっ!!新宿あたりじゃまず手に入らないよーな掘り出しモノがケッコウあった。今回はアラン・パーソンズやロビン・トロワーの最新作(どっちもインディーズ的な小さいレーベルから出ていて、ずーっと入手できなかった)やら、上原ひろみちゃんの最新作なんかをGETして参りました。こんなんだったら、渋谷タワレコも定期的にツアーしようかなぁ~??

20070225_2...で、6:00PMちよっと前に、今回のオフ会会場の「カラオケ・パセラ渋谷店」へGO!!いかんせんMixiのオフ会なもんで、他のメンバーの顔が判らない。でもお店の前でタバコふかしてぼーっとしてたら(笑)、同じコニュニティーのメンバーの「qutackさん」が声をかけてくれました。感謝っ!!ちなみに今回のオフ会は、別にカラオケを歌うワケでわなくて、カラオケ店に設置されているCDやDVDのプレーヤーを使って、参加者各自が持ち寄った音楽を聴きあいながら、お酒を飲んで語り合うといった趣向なのです。テーマは「癒し系」。でも世間一般の「癒し系」ではなくて、例えばパンク・ロックで癒されるのであれば、それでもOKとゆー解釈の広い「癒し系」なのです。

20070225_3

写真③はそのオフ会の風景。全部で10名の盛大な会になりました。もちろん参加者全員に写真のブログでの公開は事前に許可をもらってます。しかし...しかし...写真わ何枚も撮ったんだケド、ともべいーかげん酔っ払ってて、手元が怪しくて全枚ブレてる(笑)。参加者のみんな!!ごめーん!!ちなみにみんなが持ち寄った音楽は坂本龍一やらトーキング・ヘッズやら、フランク・シナトラやら名前も知らないマイナーなアーティストやら様々だった。ともべわ例によってエニドやスティーブン・シュラックスを持っていきました。一言に「癒し」とはいっても、感性によって音楽は様々なのだなぁ~と思った。さらにかかっている曲やアーティストに関して音楽談義に花が咲き、お酒も進んで...とっても楽しい会になりました。

20070225_4

さらに、カラオケ店は8:30PMぐらいでお開きになって、そこからわ近所の居酒屋で二次会。写真(最後)わ、その二次会の風景。これわ「シラフな(笑)」店員さんが撮ってくれた。だからブレてないし、ともべもちゃーんと写ってる。参加者のみんな、この写真がキレイに撮れてるから、前のわ許してねっ!!(笑)ちなみに一番手前で黒い服を着ているのが、音楽コミュニティー「リスナー・サークルOJI_SUN」の主催者で、今回のオフ会の幹事さんでおられる「electoric_bububu」さんです。幹事どうもご苦労様です!!ここでも音楽談義には花が咲き、さらには仕事の話とかもして名刺交換もした。他の皆さんはともべより少し若いぐらいで、だいたい同世代。それもただ音楽好きなだけでわなくて、ベンチャー企業の社長さんとか重役さんとか、それぞれに社会的にもご活躍をなさっています。さらに皆さん人柄もとても良くて、和気あいあいとしたとっても楽しい会になりました。MixiのようなSNSを通じて、こういった同世代の人的ネットワークがどんどん広がっていくと、とってもHappyなことだと思う。土曜日の夜を、とっても楽しくかつ有意義に過ごすことができました。参加の皆さんに、心から感謝っ!!

二次会は11:00PM過ぎぐらいまで盛り上がって、ともべわい~かげん酔っ払って、西武線の終電車で家路に着いたのでした(笑)。しかもその終電車が人身事故で止まっちゃうとゆー、オマケ付き(笑)。みんな!!これからもよろしくねっ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

コロシアム初来日公演を観に行ってきました!!

20070218_1 昨日ついにっ!!コロシアムの初来日公演を川崎のクラブチッタへ観に行ってまいりました。今わそのコーフンも覚めやらぬホロ酔い加減で、このブログを書いてます。写真①と写真②は、昨日のクラブチッタの入り口風景。中で写真なんか撮ると没収されちゃうから、いつものよーに、この絵。例によって5時の開場に間に合うように到着して、会場入り後は全速力で記念グッズ売り場へGOっ!!(笑)。パンフとTシャツのセットで買うと、ポスターをおまけでくれて、さらにはコンサート後のバンドメンバーのサイン会の入場券までGETできちゃう!!¥5,800はちっと高かったケド、サインぜったい欲しかったので、迷わずセットで購入。写真③は、そのポスターとTシャツ。ナカナカ出来が良くて、しかも名盤「ヴァレンタイン組曲」のジャケットがメインの図柄で、とってもよろしー。

20070218_2

...で、コンサート本番まで喫煙所でビール飲みながらタバコふかして開演を待つことしばし。いつも思うんだケド、やっぱコンサートわこの時間帯のワクワク感がたまらんっ!!ちなみに他の観客としては、「プログレのコンサート会場にわ必ず現れる(笑)」と言われる某大御所のキーボード奏者の方や、かの音楽評論家のピーター・バラカンさんまでいらっしゃいました。やっぱみーんなコロシアム、大好きなのねぇ~ん(笑)。ちなみにともべ、ビール3缶も飲んじゃいました!!(笑)。

...で、カンジンのコンサートなんだケド、とにかくエライ良かった!!もう最高!!いぶし銀のような本物の英国ジャズ・ロックに、会場もえらい盛り上がりようでした。オープニングの「ドゥーズ・アバウト・トゥ・ダイ」からアンコールの「ロサンジェルス」まで、代表曲のオン・パレードで、「ウォーキング・イン・ザ・パーク」や「フォー・イマジナリー・ウェスタン」といったナンバーでは、クリス・ファーロウのソウルフルのボーカルを心底堪能することができました。そしてっ!!お約束の「ヴァレンタイン組曲」もコンサート中盤でちゃーんと演ってくれました。もうこの曲を生で聴けただけでも涙がウルウル...。

20070218_3ちなみにジョン・ハイズマンのドラムは、思ったより手数が少ないカンジがした。「御大もやっぱトシ取ったのねん」なーんて思ってたら、ドラム・ソロが終わったあたりからやったらとエンジンがかかってきたみたい。結局は例の「超人的に手数の多いドラム」を見事に披露してくれました。やっぱ大御所は違いますっ!!あと新加入のバーバラ・トンプソンのサックスは、前任者の故ディック・ヘクストール・スミスほどエキセントリックなカンジではなかった。もっと女性らしい、メローでメロディアスなサックス・プレーを聴かせてくれました。個人的にはコロシアムの中にあって、「こーゆーのもありかなー!!」なんて思いました。なにより、メンバーの中に「一人だけ女性」とゆーのも、絵的にナカナカ素敵だった。コンサート自体は正味2時間ぐらい。ちょっと「喰い足らない」とゆーか、「もっと聴きたい」カンジわした。

20070218_4

で、コンサートの後はお楽しみのサイン会。もう胸がドっキドキ(笑)。なんせコロシアムのメンバーといったら、もうともべにとっては「神様」なんだから。その「神様」とジカにお会いできちゃう。列に並んで待つことしばし、サイン会場に入って目にした光景は、あまりにも神々しかった。「ジャズ・ロック・ドラムの神様」ジョン・ハイズマンと、「ソウル・ボーカルの神様」クリス・ファーロウ、それに「ロック・オルガンの神様」デイヴ・グリーンスレイドが目の前で一同に会しているんだから。全員にしっかりとサインをもらったのが写真④。もう「家宝!!」(笑)ですね。でもあまりのキンチョーに、ともべは各メンバーに「Hellow!!」と「Thank You Very Much!!」ぐらいしか言えなかった。ほんとーはメンバー全員に握手もして欲しかったんだケド、いかんせん大御所ゆえ、あまりに恐れ多くて手が出せなかった。でもそれじゃイケナイと思い直して、サインの最後のマーク・クラーク氏の番になって、思い切って「Very Great Performance Tonight!!」と話しかけてみた。そしたら「Thank You!! Thank You Very Much!!」と言って気さくに向こうから握手の手を差し伸べてくれた!!クラーク氏と固い握手を交わして、その手はベーシストらしい、大きくてゴツゴツした暖かい手でした。もう「天にも昇るホド嬉しかった」ともべなのでした。

20070218_5写真の最後はクラブ・チッタのあるラ・チッタ・デッラの夜景。カナカナ綺麗だったので、写真に撮ってみました。今思えば、コロシアムのメンバーはあの激しいインタープレイの応酬の音楽とは対照的に、全員がとても物静かで温厚な印象の英国紳士でした。まさに「ブリティッシュ・ロックの歴史」そのものとも言えるコロシアムのメンバーに直にお会いできたことは、ともべに人生にとって一生の宝モノとなるに違いありません。。。

ぜひまた日本に来てネっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月10日 (土)

ともべ西新宿で大爆発っ!!(笑)

20070210_1 先日またまた行ってまいりました、恒例の西新宿「玉砕」ツアー(笑)。実はこのところ公私ともども忙しくって、ストレス溜まりまくり。ここわいっぱつハジけまくって、思いっきり発散したかったとゆーのが、正直なトコロ。写真(上)はいつもお世話になっている「新宿レコード」さんの入り口。ともべの「西新宿ツアー」わ、いつも必ずこのお店からスタートなのデス。あとわ廻ったお店はいつもとだいたい同じ。「ガーデンシェッド」さん、「ブラインド・フェイス」、「Billy」、「ライトハウス」を廻って、最後は東口へ移動して「ディスクユニオン・プログレ館」で締める。つまり「プログレに手厚いお店」が基本。でもやっぱCD屋さん巡りって、いよーに楽しい。日ごろのウサがぜーんぶ吹っ飛ぶ(笑)。

...で、写真(中)が今回の戦利品。

20070210_2 

・「ホワイト」/ホワイト (イエスのドラマー、アラン・ホワイトのリーダー・バンドのデビュー・アルバム)

・「コエキシテンス」/パトリック・モラーツ (パトリック・モラーツのソロ4枚目。紙ジャケ・リマスター)

・「バンコ・ライヴ1980」/バンコ (バンコの約25年前のライヴ映像のDVD。5月の来日公演に先駆けて、予習のために買った)

・「PIAZAA DEL CAMPO」/P.F.M.&マウロ・パガーニ (マウロ・パガーニがゲスト復帰したP.F.M.の2005年ライヴのCD&DVDセット)

・「NOI CON VOI」/イ・プー (イ・プーの2006年最新ライヴのCD&DVDセット)

・「アルティメット・ライシアム」/ジェネシス (以前にのブートで出回っていたジェネシスの1980年ライシアム公演(デュークス・ツアーの頃)のアップグレード版DVD。もちブート(笑))

・「キングス・アンド・クイーンズ」/ルネッサンス (な、な、なんとっ!!オリジナル・ルネッサンスのライヴCD2枚組。これもブート。)

・「クラシック・アーティスト」/ムーディー・ブルース (ムーディズのヒストリー物DVD2枚と、未発表曲収録のCD1枚がセットになったBOXモノ)

・「ライヴ・アット・ザ・BBC」/リック・ウェイクマン (リックの1976年のBBCライヴ2セットを2枚組に収録したお買い得品。これわBBCのちゃーんとした正規盤で、ブートでわない(笑)。)

・「スクラッチ」/木村カエラ (今大ブレーク中のカエラちゃん。前回のお約束通り、ちゃーんとDVD付き初回限定盤をGETっ!!)

...と、ゆーワケで、ケッコウ散財して帰ってまいりました(笑)。特に最後の木村カエラちゃんだけがいよーに浮いてますが...ま、いーか(笑)。特に今回のお買い物で特徴があったのは、今まで一切手を出してこなかったPAL方式のDVDが多かったコト。できれば将来的なことも考えれば(ホーム・シアターとかネ...)、PALは避けたいトコなんだけど、とりあえず今はDVDはWindows XのPCで観ているので、PALでも観れちゃう。だからPALオンリーでNTSCが出ていないDVDも、我慢するのやめて買ってみました。

まだトーゼン全部のCDを聴き切れてないし、DVDも全部観切れてないんだけど、その中でも印象に残ったのが「ホワイト」のデビュー・アルバム。これ日本盤だけが紙ジャケ仕様で、これが出るまで輸入盤を買うのを我慢してた。気になる音のほーわ、最近のイエスよろしく80年代的産業ロック(死語ネ...(笑))かと思いきや、意外と「ブリテッシュ・ハード」してる。ボーカルもすんごいアクが強くて、予想外に手応えのあった一枚。あと、オリジナル・ルネッサンスの2枚組ライヴのブート。驚くべきは、2枚目にオリジナル・ルネッサンスに初めてアニー・ハズラムが参加した頃のライヴが収録されている。つまり、アニーの歌声でオリジナル・ルネッサンスのナンバーが聴けちゃう。音質もオーディエンス録音ながらとっても良い。あの名曲「フェイス・オヴ・イエスタデイ」でのアニーのボーカルに涙して、「こんな時期ってあったのねぇ~...」なんて、大発見っ!!だった。あとわリック・ウェイクマンのBBCライヴ。ちょうど「ノー・アースリー・コネクション」発表後のライブで、ホーン・セクションが入った「イングリッシュ・ロック・アンサンブル」をバックに、脂の乗り切った時代の名演奏が聴けます。

20070210_3 ...で、ハナシは変わって例によって西新宿から東新宿へ移動する前に、お腹がすいたので恒例の(笑)お昼ゴハン。いつもわ「麺屋 武蔵」が多いんだケド、いつも同じトコばっかだと、ちょっと食傷気味だった。で、今回は九州ラーメンの「博多天神」(写真・下)にしました。ココわ西新宿のラーメン店でも、かなーり昔っからあるお店です。ものすごくコクがあって、臭いやクセも強い「本格派の九州ラーメン」を食べさせてくれるお店としては、都内でもケッコウ有名です。しかも「替え玉が一人前無料!!」ときてる(笑)。ともべは今回はチャーシューメンを、もち替え玉付きで堪能いたしました。もうっ!!メタボな昼食っ!!(笑)

...でなワケで、充実した西新宿ツアーで気分がスッキリした、ともべなのでした(笑)。さぁてぇ!!来週の土曜日は川崎のクラブチッタへ、コロシアムの初来日コンサートだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

オニわぁそとぉ~!!...でインド料理(笑)

20070203_1 今日2月3日わ節分。お天気もすっごく良くて、立川に節分の行事に行ってまいりました。節分の豆まきで今年の仕事と音楽活動のさらなる繁栄と、家族全員の無病息災を祈願して、お豆もいっぱい拾って帰ってきた(笑)。ちなみに今、そのお豆をボリボリ喰いながらこのブログを書いてます(笑)。お豆、うめぇ~っつ~の...。

...で、行事が終わってお腹が空いたので、遅い昼食をとるコトにしました。節分のお祝いもあって、ナンカ美味しいモノが食べたかった。迷ったあげくに立川の「グランデュオ」の6階で直行!!ココわ美味しい食べ物屋さんがいっぱい入ってる。で、今回はインド料理の「マハラジャ」を選びました。ともべが立川へ出た折には、ケッコウ良く利用させてもらってるお店です。写真(上)がその店構え。(ブレたのわご愛嬌(笑)) インド美人の女性が出迎えてくれます。ちなみにこの「マハラジャ」ってお店は、銀座あたりでは昔からインド料理が美味しいコトでわ有名なお店。立川に「グランデュオ」ができた際に、その支店ができた。ココの一番のオススメはランチ・タイムのバイキング。¥900ぐらいで、本場のインド・カレー4種類と、サフラン・ライスやナン、サラダが食べ放題。もう「お腹いっぱい!!」になれますよっ!!(笑)。

20070203_2でも今回わランチ・タイムを過ぎていたので、インド料理のセット・メニューを選びました。出てきたのが写真(下)。キーマ・カレー(ひき肉をベースにした、辛いカレー)に、シシカバブ、タンドリー・チキン、野菜の漬物、サフラン・ライスに特大のナンまで付いてる。これに飲み物を付けて、お値段¥2,100。ランチ・メニューよりはケッコウお高めだけど、充実度もバツグン。今回わ特に、シシカバブ(インドの辛いソーセージみたいなやつ。香辛料タップリ!!)が、めっぽう美味しいと思った。キーマ・カレーの量も十分で、心底美味しいインド料理を堪能して、お腹がいっぱいになりました。やっぱこのお店はディナー・タイムのほーが良いのだなぁ~と、今更ながらに痛感した。ごちそーさまでした...また来よっつと!!(笑)。

...で、食事のあとは立川のHMVに立ち寄って、最近出た「ラヴ・マシーン」と「ストレンジ・デイズ」の紙ジャケ2枚をGETしました。木村カエラのニュー・アルバムが2月7日発売だとか情報収集もして、「ゼッタイDVD付き初回盤おGETするノダぁぁぁぁっ!!」とか思ったりして...(笑)。春の足音が聞こえてきそうな節分のうららかな休日を、とても気分良く充実して過ごすコトができました。感謝っ!!

今年も良い年になれぇぇぇぇぇぇぇぇっつ!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »