« Mixiコミュニティーのオフ会!! | トップページ | エイジアの来日公演を観に行ってきました!! »

2007年3月 4日 (日)

キャメルのライヴDVD!!

20070304_1 このところ外出ネタが多かったので、今回わおウチネタで(笑)。写真(上)は先日出たキャメルのライヴDVD、「トータル・プレッシャー」。昨日西新宿の「ガーデンシェッド」さんで購入しました。プログレ・マニアの間では最近ケッコウ話題になっている1本。なんてったって過去にリリースされた「プレッシャー・ポイント」のライヴ映像が、コンサート完全収録されてるんだから。

...で、この「プレッシャー・ポイント」っていうと、キャメルの1984年の解散コンサート(もちろんこの後で1990年代に再結成されるんだけれども...)を収録しているコトでつとに有名。同名でレコード・CDもリリースされた。ちょうどこの頃ともべわ大学3年生で、「キーボード・マガジン」で紹介されたライヴの様子に、「観たいよぉぉぉぉっ!!」って強烈に思ったのを覚えてる。なんてったてメンツが豪華。キーボードがアラン・パーソンズ・プロジェクトのクリス・レインボーと、カヤックのトン・シャーペンジールを含むトリプル体制で、さらにゲストで往年のメル・コリンズやピーター・バーデンスまで出てきちゃう。それが今回、大元の映像ではコンサートが大幅にカットされている上、ヘンなドラマ仕立ての映像が挿入されていたのが(正直この映像わカナーリうざかった(笑))、今回のリリースではコンサートの完全収録で、なおかつドラマ映像はざっくりカットされている。たから純粋にコンサートに集中して楽しめます。ちなみに以前同名の「トータル・プレッシャー」でVHSのビデオの出ていたコトがあるんだけど、そっちは編集前の生映像みたなやつがカウンタ表示付きで収録されていて、ハッキリ言っていただけなかった。今度のわそれとは全くの別モノ。ちゃーんと編集されていて見やすいです。

20070304_21984年とゆーと、アンディー・ラティマーの「泣きのギター」も絶頂期な頃で、ホントーにこのヒトは「名ギタリスト」の一人だなぁ~と、このDVDを観て唸らせられるコトしきりです。これほど「エモーショナルな美しいギター」は、ちょっと他に類を見ない。曲的には前半が当時最新アルバムだった「ステーショナリー・トラベラー」からの曲で、後半に往年の名曲なんかを演っている。「ステーショナリー~」って、東西に分断されたベルリンを舞台にしたコンセプト・アルバムで、発表当時はやったらと暗いのであんま好きでわなかったんだケド、今回ライヴ映像を見て、「悪くないなぁ~」と思った。1980年代のプログレ諸作って、イエスにしてもジェネシスにしても当時はエライ印象が悪かったんだけれども、今聴き直してみると時代を経てとっても良いサウンドになってると感じます。少なくとも最近の若手の「新興プログレ」なんかよりは、はるかに良い。

20070304_3さらに今回のDVDのウリは、完全収録になってボーナス映像扱いで、(おそらく...)コンサートのオープニング部分の演奏が収録されているコト。その選曲がもう涙モノ。「スノーグース」から「迷子の王女さま」に、「ネバー・レット・ゴー」、さらに「リモート・ロマンス」から「ヒム・トゥー・ハー」ときてる。特に「迷子の王女さま」はともべがキャメルの曲の中でも一番好きな曲なので、この1曲をアンディーの生ギターで聴けるだけでも、もう涙がウルウル...。さらにコンサート本編アンコールの「レディー・ファンタジー」では、アンディーのギターも泣きに泣いて...もう感動しきりのDVDなのです。

あと、今は亡き故ピーター・バーデンスの映像が観れるのも本作の貴重なトコロ。アンコールの「ラヤダー」「ラヤダー町へ行く」「レディー・ファンタジー」の3曲でオルガンを弾いている。やっぱ今回改めて思うには、バーデンスのオルガンあってこそ本来のキャメル・サウンドであると痛感した。ロック・オルガンとしては決してハデさはないけれども、なんとも言えない情感と優しさ溢れるオルガン・ソロはやっぱ絶品だと思う。

思えば、これは1984年の映像だから、もはや20年以上が経過しているだなんて信じられない。このライヴのレコードを「貸しレコード屋」(死語)で借りてテープにダビングして、夢中になって聴きまくった時代を昨日のように感じるのに...。

|

« Mixiコミュニティーのオフ会!! | トップページ | エイジアの来日公演を観に行ってきました!! »

コメント

凄い観たい!
動いてるピーターが観たい!
アンディーのギターも大好きだけど、

そうかー、プレッシャー・ポインツには、
ピーター入ってたんだ。知らなかった。

ステーショナリー・トラベラーは確かに暗いけど、
私は結構好きでした。
ただ往年の作品と比べると、まあね・・・
となってしまうかも知れませんが。
カタルシス少な目の
佳曲のアルバムといった印象です。
クリスが入ってるのもGOO!

投稿: qtack | 2007年3月 8日 (木) 23時10分

qtackさん、こんにちは!!

コメントどーもありがとうございます!!

キャメルのDVDの件、了解しました!!
今度のMixiのオフ会のときに持ってきて、qtackさんにお貸ししますネ!!

そう、プレッシャー・ポインツにはピーター・バーデンスが特別ゲストで参加してます。ただDVDではオルガン弾いてる手は良く写っているんだけれども、お顔とか、前からのアングルがほっとんどないのが残念ですが...。

ステーショナリー・トラベラーって、今思えばその後の90年代再結成キャメルの布石になったようね作風のアルバムでしたネ。なんか暗くて、アンディー・ラティマーの「個人的感情移入」もカナーリ大目のカンジで...。
これを機会に、ともべももう一度聴きなおしてみたいと思います。紙ジャケで出ないかなぁ~...(笑)。

あと、ハナシ変わりますが、ボストンのボーカルのヒトが亡くなられたみたいです。うぅぅ残念。
でわでわ。。。

投稿: ともべ | 2007年3月10日 (土) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/14133480

この記事へのトラックバック一覧です: キャメルのライヴDVD!!:

« Mixiコミュニティーのオフ会!! | トップページ | エイジアの来日公演を観に行ってきました!! »