« ハモンド・オルガンの思い出... | トップページ | ジェネシスのボックス・セットが発売になりました!! »

2007年4月 8日 (日)

ニュー・トロルスの再来日公演を観に行ってきました!!

20070408_1 昨日の4月7日(土)に、川崎のクラブチッタへニュー・トロルスの再来日公演を観に行ってきました。今回の公演は、ちょうど一年前の来日に引き続いて、ストリングス・オーケストラを率いて「コンチェルト・グロッソ」の1&2が演奏されるだけでなく、新曲の「コンチェルト・グロッソ3」がワールド・プレミアで初演されることと、オリジナル・メンバーであったニコ・ディ・パーロがバンド復帰していることで、プログレ・ファンの間でも超話題のコンサートです。ともべももう、わっくわく...(笑)

開場の5時前にはクラブチッタへ到着して(写真・上)、列に並びました。そして入場と同時に、トーゼン記念グッズ売り場へ全速力でGOっ!!(笑) 今回はTシャツとパンフをセットで買うと、コンサート超限定のコンチェルト・グロッソ1の「アレグロ」のストリングス・スコア譜と、コンサート後のメンバーサイン会の参加券が貰えちゃう。もちともべわセットで購入しました。写真②はそのTシャツとスコア譜。今回のTシャツは、レコードのレーベル面がデザインされていて、ナカナカ渋くてGOOD!!

20070408_2グッズをGETできた後わ、例によってビール飲みながらタバコふかして開演を待つことしばし。そこで今回のコンサートの仕掛け人であり、ともべの立教大学の先輩でもおられる片山伸さんに遭遇っ!!ご挨拶を申し上げて、最近出たジェネシスのボックス・セットのハナシやら、アラン・パーソンズ・プロジェクトのリマスター盤のハナシやらで盛り上がることしばし...エイジアへたくそだったよぉ~とか(笑)。5月のバンコの来日公演でまたお会いするコトをお約束して、ともべさらに開演を待ち続けたのでした。

...で、カンジンのコンサート。開演とともにステージに登場したニコ・ディ・パーロの勇姿に、感動することしきり。演奏が始まって、1曲目は意外にもコンチェルト・グルッソ1のB面の「空間の中から」でした。この「超どプログレ(笑)」な曲が1曲目とわっ!!その後の演奏を期待させるコト十分でしたね。さらに、この曲での歌部分でのニコのボーカル!!これぞホンモノのニュー・トロルスのハイトーン・ボイスだなぁ~と、ニコがいてこそ初めてニュー・トロルスなのだなぁ~と、スタジオ録音盤と全く同じコーラスの響きに感動もひとしおな、ともべなのでした。

20070408_32、3曲目に小曲をはさんで(すんません、ともべこの曲わちっと知りませんでした...)、コンサート前半で早くもストリングス・オーケストラの「東京ヴィエール・アンサンブル」がステージに登場。待ちに待った「コンチェルト・グロッソ3」が初演されました。ワールド・プレミアだから、今回東京初日でコレを聴いたともべは「世界で一番最初にコンチェルト・グロッソ3を聴けた1人(笑)」とゆーコトになる。話題の「~3」は、全体が7楽章からなっていて、1と2から受け継ぐべきポイントはきちんと全て受け継ぎながら、同時に1と2に無かった新しい要素も随所に加味された、素晴らしい内容でした。個人的にちょっと心配していたのは、1と2の「影の立役者」だったエンゲルス・バカロフが今回は(たぶん...)関わっていないであろうコトで、このコンチェルト・グロッソって曲は一歩間違うと「ただのムード・ミュージック」になっちゃう。その杞憂が今回の初演を聴いて吹っ飛びました。「~グロッソ」において最も重要な要素である「バロック的な雰囲気」がしっかりと押さえてあって、全体の響きも荘厳な「正にコレはコンチェルト・グロッソの続編だっ!!」と断言できるような内容でした。素晴らしいっ!!

休憩を挟んで、コンサートの第2部では「コンチェルト・グロッソ1&2」が演奏されました。今回ビックリしたのは、弦楽器の響きの素晴らしさ。昨年の公演でももちろん素晴らしかったのですが、ともべ個人的には「~グロッソ」のような曲を演奏するには、ストリングス・オーケストラの響きにややスケール感が不足しているかなぁ~??と感じられていた。これが今回(これもたぶん...)弦楽器の音響面を見直したんだろうと思う。スタジオ録音盤と同じ「圧倒的なスケール感っ!!」で、客席の観客に迫ってきました。コレにはともべもう完全に「ノック・アウト」(笑)。あの「コンチェルト・グロッソ」を夢中になって聴いていた高校生時分の思い出が頭の中をフラッシュ・バックしながら、思わず目頭に熱いものがこみ上げて来てしまいました...。こんな「至高の瞬間」を体験できるコンサートって、そうそうない。コンサート終半にはあの名曲「ある炭鉱夫の歌」も、もちニコのボーカル&ストリングスで、もう感極まれることしきりっ!!

20070408_4コンサート自体はアーティストのサービス精神も旺盛で、アンコールも2回!!グロッソ2からヴィヴァーチェとグロッソ1からアダージョを再演してくれて、終わったのが10時近くでした。で、それからがお楽しみのサイン会。で、列に並んでいると、先ほどの片山さんに再遭遇しました。「ニコ、とってもいいひとだからっ!!」って言われたんだケド、当初はあんまピンと来なかった。それが自分がサインを貰う番になってハッキリと判りました。ともべわメンバー全員にサインと握手もして貰ったんだケド(写真・下)、ニコの番になって握手を求めたら、このすごい力強い握手を長ーくしてくれました。形だけの形式的なファンへの握手とはゼンゼン違う。一時は再起不能といわれた交通事故から奇跡的な復帰をして、後遺症もまだ残っているであろうニコが、「オレもこんなに頑張っているんだから、オマエも頑張れっ!!」って、そんな気持ちがビンビン伝わってきました。優しいアニキから思いっきりパワーを注入されたような、ものずごく励ましてくれるような、そんな握手に思わず胸が熱くなりました。ニコ、どうもありがとー!!

「いいコンサート」は、数多く存在する。でも演奏を聴いている刹那に「至高の瞬間」や場合によっては「神々の世界」まで感じてしまうコンサートは、めったにない。そんな意味で今回のニュー・トロルスの再来日公演は正に、「至高の瞬間を垣間見た」本当に素晴らしいコンサートでした...。

|

« ハモンド・オルガンの思い出... | トップページ | ジェネシスのボックス・セットが発売になりました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/14610395

この記事へのトラックバック一覧です: ニュー・トロルスの再来日公演を観に行ってきました!!:

« ハモンド・オルガンの思い出... | トップページ | ジェネシスのボックス・セットが発売になりました!! »