« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

空前絶後っ!!狂乱のエニド祭り 3

20070527_1 うわぁぁぁぁぁぁっ!!って、いつもコレなともべですが(笑)、エニドの紙ジャケシリーズ第2弾の中で発売延期になっていた「アン・オルタナティヴ・ヒストリー」が、遂にリリースされましたっ!!(写真①) リリース内容わ、「ボリューム1」と「ボリューム2」のCD2枚組み。...え”??確か事前のアナウンスでは「ボリューム3」も含めてCD2枚にアナログ3枚分が収録される予定でわなかったの??ハナシ違うじゃぁぁぁん!!...とかゆー話題わ、実は後述する。

...で、この「アン・オルタナティヴ・ヒストリー」とわ何モノかとゆーと、1994年にリリースされたエニドのいわゆる「秘蔵音源モノ」シリーズです。過去リリースされていないデモ・テイクやらアルバム未収録曲やらを収録してあって、しかも1994年とゆーすでに「CD全盛期」の時代にあって、なぜかあえてアナログ・レコードのみでリリースされたとゆー「いわくつきの(笑)」一品であります。(日本語ライナーに「CD版もリリースされたらしい...」とかありますが、執筆者さん、コレわありません(笑)。リリース当時でも日本にはアナログ・レコードしか入ってきていませんから、たぶん「ガセねた(笑)」だと思いまふ。)ちなみに1994年の春に「ボリューム1」「同2」がリリースされて、その夏に「ボリューム3」がリリースされた。当時のエニド側からのアナウンスでは「ボリューム10まで出すっ!!」なーんて意気込んでいたワリには、この「~3」までで頓挫してしまったシロモノです(笑)。

20070527_2今回のリリースでエニドの紙ジャケ第2弾のリリースが完了して、ぜーんぶ買うとディスク・ユニオンでわ特典で「ザ・スタンド・ボックス」なるモノが貰える(写真②)。なかなかボックスの作りも良くて、第2弾の4枚がきちっと収納できるあたり、とってもよろしい。やっぱエニドわ特別な存在なので、ともべ的にわ紙ジャケはちゃーんとボックスに収納して「家宝(笑)」にしたいノダ。第1弾のボックスと並べると、ナカナカ壮観です。

...で、カンジンの今回リリース分のCDの内容。「ボリューム1」では、主に1stの「イン・ザ・リージョン・オヴ・ザ・サマー・スターズ」当時のデモ・テイクを収録してある。一般に「クランブルック・テープス」と呼ばれるデビュー前の1974年から75年に録音されたデモ・テイクは、資料的価値もさることながら、この時期すでにエニドの音楽が完成されていたことを示す、非常に興味深い内容です。さらに、「ザ・ラヴァーズ」のアビー・ロード・スタジオでの録音テイク。シンセ・オーケストレーション抜きでピアノ・ソロのみのこのテイクは、この曲がR.J.ゴドフリーの大傑作であり、いまだに胸が熱くなるほど魂の高揚感を感じさせる素晴らしい名曲であることを示しています。さらに、「希望と栄光の国」のマーキー・クラブでのライヴ・テイク。シングル・バージョンとはまた違った趣きで、またドラムをロビー・ドブソンが、セカンド・キーボードをニック・マグナスが担当しているという点からも、非常に貴重なテイクです。

「ボリューム2」のほーわ、前半の収録内容がいわゆる「シングル(アンリリース)・テイク集」で、「ザ・スタンド1985」や「アナーキー・オン・45」と完全にダブっているので、ちょっと残念。でもなんといってもこの「~2」のウリは「ファンド」のEMIバージョンのさらにオリジナルのラフ・ミックス版が収録されている点で、この1曲だけでも完全に「買い!!」だと思いまふ。ちなみに「ファンド」のラフ・ミックス・バージョンは聴感上EMIバージョンにカナーリ近いですが、リヴァーブなんかの残響系エフェクト処理が控えめな様子です。でもミックスが違うだけでマルチ・トラックのマスターはEMI版と同一なので、このバージョンのオフィシャル・リリースは正に「世界初の快挙っ!!」と言えそーですネ。

20070527_3...で、ハナシを冒頭のネタに戻して、オリジナルのレコードが「ボリューム3」までリリースされているのに、ナゼCDでわ「ボリューム2」までのCD化に変更になってしまったのか??日本語ライナーには「ボリューム3は大変な希少盤で、今回現物を発見できず...」みたいなコトが書いてある。...で、例によってウチにはブツがあるので(笑)、ご参考までに写真をアップしておきます(写真③)「ボリューム3」のイメージ・カラーは黄色で、レコード盤もイエローのカラー・ディスク。さらに写真④にやうに、ジャケットの裏面には限定1000コピーのうちの何番目かを示すナンバーリングと(ちなみにともべの所有は20番目っ!!)、R.J.ゴドフリーの直筆サインが施してある。そして、「フランシス・リカーリッシュに捧げる...」のクレジット。

20070527_4さらにカンジンの収録内容のほーわ、「ファンド」のみが収録されているのわ憶えていたんだけれど、長いコト聴いていなかったモンだから、細かい内容は忘れてしまっていた。今回インナーの解説を読みなおして、レコードも聴きなおしてみて、収録内容が1986年の「再録音版ファンド」をそのまま収録しただけっ!!(爆)ってなコトが判りました。インナーの英文解説を見ると、この1986年版ファンドは500コピーしかプレスされなかったので、非常に貴重で云々...。でもコレだったら、今だったら通常の2ndアルバムのCDにちゃーんと収録されてるじゃん!!レアでもなんでもないじゃん!!たしかこの「ボリューム3」を嬉々として買って帰って、家で聴いてホントがっかりした当時の記憶が、まざまざとよみがえってきました(笑)。ハッキリ言ってCD化は全く不要のシロモノ。今回リリースのCDの日本語ライナーには「発見できず」って書いてあったケド、案外「CD化しても意味ないから、見付かんなかったコトにしちゃうんだも~ん♪」だったのカモ知れないですネ(笑)。

今回リリースのライナーを見ると、エニドの来日公演がいよいよ実現に向けて具体的に動き出している模様。あの「幻に終わった1985年の来日公演」のリベンジを、今度こそはぜひ果たして貰いたいと切に願う。でもいかんせんご高齢の、R.J.ゴドフリー御大の健康状態だけが一番心配。でももし...もし...来日公演が実現したら、ともべ命懸けで全日追っかけやっちゃうだろーなー...(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

ムーディー・ブルースのBBCライヴが発売になりました!!

20070519_1 えぇぇぇぇぇ~んっ!!5月末に予定されていたバンコの来日公演が、ジャコモおじさんの足のケガで10月に延期になっちゃったぁぁぁ~!!(泣)すっごく楽しみにしていたのにぃぃぃ...でもまあ、「楽しみは後に取っておくほーがよい」とかとも言うし、ここわ気を取り直して本日のお題(笑)。

待望のムーディー・ブルースのBBCライヴのCDが発売になりましたっ!!(写真)ともべの家には今日HMVのWebショップから届いた、ホヤホヤの新着ネタです(笑)。今回のライヴ盤はCD2枚組みで、1967年から1970年までに彼らがBBCに残したライヴ音源を、12種類ぐらいある元ネタ音源からコンパイルしてある。CD1に23曲、CD2に18曲も収録されているのだから、もう「盛り沢山っ!!(笑)」な内容です。ちなみにこれわもち、ブートでわない。れっきとしたBBCオフィシャル(と、ゆーかデッカのオフィシャル)。だから音質的には全く問題なし。CD2枚を通じて、非常にクリアで良好な音質です。さすがわオフィシャルっ!!あと、今回ともべが入手したのわEUプレスの輸入盤だけど、ちょっと遅れて国内盤も出るらしーです。念のため...。

20070519_2...で問題の内容なんだケド、まずわディスク1から...。BBCの有名な番組「トップ・ギア」とか、あのあたりのラジオ番組のオン・エアから、「デイズ・オヴ・フューチャー・パスト」、「失われたコードを求めて」、「夢幻」の収録曲をほぼ年代順に収録してある。いかんせんこの時期(1960年代末)のBBCのライヴ番組って、ほっとんどがスタジオ・ライヴ。とーぜん観客もいないし、さらにはスタジオでのライヴ録音の後に追加のオーバー・タビングがいっぱいほどこしてある。だからこのディスク1は全体的に、「ライヴとしての生演奏感」わ、ほっとんどないデス。どちらかとゆーと、「あんま質のよろしくない一発録りのスタジオ・テイク(笑)」の感触に近い。だからライヴとしての躍動感なんか期待して聴くと、カナーリはずされマス(笑)。でもまあ、音源としてわとっても貴重なんだケドね...。あとネタ的に珍しいところでは、アニマルズの「悲しき願い」(1970年代に、サンタ・エスメラルダのディスコ・バージョンでも大ヒットしたあれ...)を、ジャスティン・ヘイワードのボーカルで演ってます。これなんかわ初出モノで、とっても珍しい...。

20070519_3...で、気を取り直してディスク2へ。こっちの前半では主に「失われたコードを求めて」から、最後の「オム」を除いた全曲を演っているんだけれども、ちょー期待して聴いたら、コレがカナーリ怪しい(笑)。バックの演奏がオリジナルのアルバム録音そのままで、ボーカルだけがどうやら生で歌っている様子。これでわほっとんどカラオケ状態(笑)。どうやら音源ソースはテレビ番組の出演映像から音声部分のみ抜き出したモノらしーんだけれども、この頃のムーディーズのテレビ出演って、案外こんなモノが多かったのかも知んない。過去にDVDでリリースされたムーディーズの「ロスト・パフォーマンス ライヴ・イン・パリス’70」なんかも、1970年の彼らのライヴ映像を見れるかとワクワクして見たら、テレビ出演の映像で演奏はぜーんぶテープ、曲によっては一部ボーカルだけ生で歌っている「カラオケ映像(笑)」で、ひどくガッカリした記憶がある。ともべ的にわ、「こ~んな音源(映像)、オフィシャルなライヴとして出すなよなぁ~...」って、ほんとーわ言いたい。

...さらに意識不明な危篤状態に陥りつつある自分を立て直しつつ(笑)、気を取り直してディスク2の後半へ。この部分だけが唯一「BBCライヴ・イン・コンサート」からのまっとうなライヴで、演奏もぜーんぶ生演奏。観客もいてライヴの躍動感を楽しめる。ただこの部分、時期的に例のオフィシャル・ライヴ「コート・ライヴ+5」と完全にカブっているので、全曲「コート~」の曲目と重複してしまっているのがちょっと残念(「ジプシー」で始まって、「夢幻」B面の組曲が中心)。ただオフィシャルの「コート~」よりは演奏もミックスもカナーリ粗いので、「ライヴの別バージョン」として楽しむにはとっても良いカモ知れない。

...で、今回のムーディーズのBBCライヴ、かなり手厳しいコトも書きましたが(だってぇ~...音源をセレクションしたヒトが悪いんだも~ん...(笑))、まあ貴重な音源であるコトには変わりがないので、資料としては十分に楽しめる内容でしょー。ただユメユメ「1960年代末のムーディーズのライヴ・コンサートを堪能できるっ!!」なーんて期待をして聴くと.....即死できます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

ジョン・ウィリアムスの「スカイ」お考える...

20070513_1 本日わこのネタ(笑)。ジョン・ウィリアムスのスカイって、ともべの大好きなバンドの1つなのです。一般にディープなプログレ・マニアだと思われてる(笑)ともべだけれど、実際に自分が音楽を作る立場になると、決して「プログレ・アーティスト」でわないのデスね。どっちかとゆーと、「プログレッシヴ・ロック」と「伝統的なイージー・リスニング」のびみょーなブレンドのバランス感を大事にしていて、その1つの「お手本」となっているのがこのスカイなのです。基本的にはインストの音楽なんだけど、このロックとイージー・リスニングの間の絶妙な「立ち位置」が、ともべにとっては正に「理想的っ!!」なのデスね。

スカイっていうと、ともべが敬愛する「神様(笑)」エニドとの関連性で語られるコトわほっとんどないんだけれども、実わ両者には密接な関係が存在する。スカイのデビューは1979年で、ちょうど初期エニドが「シックス・ピーシーズ」を発表して終焉を迎えた時期にほぼ一致する。また両者ともツイン・ギター編成のクラシカルなインスト・ロック。音楽表現の語法的にもスカイはエニドの方法論を踏襲したかのような点が多々見られて、どちらかとゆーとマニアックなカルト・バンド的な印象の強いエニドの音楽に対して、それをより「万人に受け入れられる形で再構築して」一般的なポピュラリティーを得ようとしたのがスカイだったと言えそうです。やはり「スカイはエニドの後を継ぐ形で発足した」とゆーのが、ともべの見解。あと、スカイのドラマー、トリスタン・フライはエニド結成前のロバート・ジョン・ゴドフリーのソロ・アルバム「フォール・オヴ・ヒューペリオン」でパーカッションを担当していて、ここに両者の僅かながら人脈的なつながりも見られます。

20070513_2...で、カンジンのスカイ。デビュー・アルバム(邦題は「プラネット・モザイク」だった...)ではまだ一時的なプロジェクトのようなバンドだったのが、後続の2枚組み「スカイ2」で大ブレークっ!!アルバムもシングル・カットされた「トッカータ」も全英チャートの1位になっちゃって、確固たる地位を獲得しました。でも個人的な印象としてわ、この時期のスカイはキーボードのフランシス・モンクマン(カーヴド・エアーのオリジナル・メンバー)の参加が一番のキー・ポイントだったように思う。彼の考案した「オーバーハイム・シンセとシンクロさせたチェンバロ」はバンド・アンサンブルに唯一無二のカラーを与えていたし、一方カーヴド・エアー時代からの悪いクセで「レコードの片面だけわぜーんぶ自分の実験室にしちゃう(笑)」指向も、存分に発揮されていた。一方でものすごくオーソドックスでありながら、一方ではものすごく革新的だったのが、この時期のスカイの本質であったように思う。また音的にも、当時では画期的なフル・デジタル録音だったし。ちなみのこの初期2枚は近年リマスターCDで再発されている。ともべの思いとしては、これ以降の作品も全部リマスターされて欲しいコトを切に願ってるんだけれども...。

「スカイ3」からキーボードのモンクマンが脱退し、後任にスティーヴ・グレイが加入した。このヒトは主にポピュラー・ミュージックのアレンジやセッションをやっていたキーボード奏者で、プレイによってはジャズ的な要素までが強かったりする。そのバック・グラウンドを反映してか「スカイ3」では音楽全体がよりポピュラー寄りの判りやすいものになっていて、一方でかつての実験性は確実に後退している。でもまあ、ここまでは個人的には「出来が良い」と判断します。ともべ的にはスカイのベスト・アルバムは「スカイ2」と「スカイ3」です。

20070513_3ただその後の「スカイ4・フォースカミング」あたりから、雲行きが怪しくなってきた(笑)。アルバムからオリジナルな楽曲がほっとんど姿を消して、全編クラシックのアレンジもののオン・パレード。バッハやらベルリオーズやらハチャトゥーリアンやらの楽曲をロックにアレンジして演奏してるんだけれども、なーんか煮詰まっちゃってる印象がアリアリ(笑)。...で、行き詰ったバンドの常として、「スカイ5」で2枚組みのライヴを発表した。でもこのライヴ、楽曲の半分以上が新曲であったとゆー、ナカナカ「バンドの意地」を見せ付けた作品ではあったと思う。ちょうどこの時期に来日をして、ともべ渋谷公会堂へ観に行った。どんな上品な客層かと思ったら、ほっとんどが銀縁メガネかけたよーな当時の「オタク(笑)」だったのだから、ケッコウ笑えた。でもバンドの努力もココまで。1983年に発表された「スカイ6・カドミウム」では、なんかこじんまりしたポピュラー・ミュージックのアレンジものが並ぶ結果となってしまった。(ちなみに写真②の「スカイ6」のCD盤はカナーリ、レア。この1983年はちょうどCDが世に出だした時期で、レコードと同時にリアルタイムでCDがリリースされたもの。とーぜんこの時期のCDなので音わ悪いんだケドね...)バンド的なパワーも感じられなくなって、ココで「スカイでやりたいことは全てやりつくした」とギターのジョン・ウィリアムスがあえなく脱退。バンドはジョン抜きで活動を継続するも、ロイヤル・フィルとの競演でモーツァルト集とか、ほっとんど悪あがき(笑)。で数作を残してバンドは自然消滅しましたとさ...ちゃんちゃん。

20070513_4あと、写真③の「ザ・スカイ・ブルー」はスカイで唯一のブートCD。来日公演の放送音源をソースから直接収録してあるので(たぶん...)、音質はとってもいい。これは当時FMでもオンエアされて、確か「デジタル録音で聴くスカイ・ライヴ」(笑)なーんて、この時代らしい番組タイトルだったと記憶している。ともべはこの放送を録音したテープもどっかに持ってるんだけれども、ブートCDのほうは完全収録ではなくて1曲足りないのがちょっと残念...。

最後に、このスカイの前身として「モーニング・スカイ」なるプロジェクトが存在していたトコわ、ほっとんど知られていない。1973年にリリースされた唯一のアルバム(写真④)では、ジョン・ウィリアムスやハービー・フラワーズ以外にも、リック・ウェイクマン、クリス・スペディング、レイ・クーパーと、もんのスゴいメンツが名を連ねている。音的にもスカイのプロト・タイプ的な印象なんだケド、スカイほどロック色は強くなくて、カナーリ地味。あくまでアコースティック・ギターを中心にしたイージー・リスニングといった印象です。ただともべ的には、これも機会があればぜひCD化して欲しい1枚。

世は「再結成ブーム」だし、そろそろこのスカイあたりも再結成すれば、それなりの再評価があると思いますが...。あと「スカイの紙ジャケ!!」とか...出ないよなぁ~...だぶん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

正しいゴールデン・ウィークわ...やっぱ西新宿から!!(笑)

20070505_1 先週わエニド・ネタが入ったので、こっちのお題わ一週間延期になりました(笑)。先週の4月28日(土)、ゴールデン・ウィークの初日に恒例の「西新宿巡礼ツアー(笑)」に行ってまいりました。廻ったお店は例のごとく「新宿レコード」さんから始まって「ディスクユニオン・プログレ館」さんで締めるとゆー、いつものコース。だからざっくり省略(笑)。写真(上)はいつもおじゃまするブートCD屋の「ブラインドフェイス」さん。ココのお店わ西新宿のブート屋さんにしては珍しく、プロコル・ハルムのコーナーがとっても充実しているので「毎回要チェック!!」なのです。今回もここのお店でプロコルの新作ブートDVDをGETしてきました。

20070505_2...で、今回の戦利品わ写真②にやうに、CD8枚とDVD1枚。ちなみにブツの明細わ...

・「エア・コンディショニング」/カーヴド・エア 1st。待望の紙ジャケ・リリース!!

・「セカンド・アルバム」/カーヴド・エア 2nd。これも紙ジャケ

・「ファンタスマゴリア」/カーヴド・エア 3rd。さらに紙ジャケ(笑)

・「ゴー」/ダリル・スチューマー ジェネシスのツアー・ギタリストのソロ・アルバム。

・「ライヴ・イン・コンサート」/レフュジー パトリック・モラーツを抱したレフュジーの1974年の発掘ライヴ音源。これわオフィシャル(笑)。

・「TARDO PERE IN MAGIAM VERSUS」/ヤクラ イタリアン・ヘヴィー・プログレの名盤の35周年記念盤。リーダーは黒魔術に傾倒していたとか...恐っ!!

・「ナイト・イン・ルイスヴィル」/ムーディー・ブルース ムーディーズの珍しい1973年のライヴ音源CD2枚組み。これわブート(笑)。

・「ホンキー」/キース・エマーソン エマーソンのファースト・ソロ・アルバムの国内初CD化。

・「ウェルカム・トゥ・ザ・グランド・ホテル」/プロコル・ハルム ブート・ビデオではつとに有名だった、プロコルの1973年のベルキーでのTVライヴ映像のDVD盤。もちブート(笑)

...ってなワケで、今回特に掘り出しモノだったのわダリル・スチューマーのソロ・アルバム。ハッキリ言ってメイン・ストリームのフュージョンで、もう日本のT-スクエアなんかにクリソツ。たまにはこーゆーのも肩の力が抜けてよろしい(笑)。あとカーヴド・エアの紙ジャケ3枚は待望のリリースだったんだケド、ジャケの作りは最高ながら(特に1stの変形ピクチャー・レコードなんか...)、マスターが旧マスターのまんまでリマスターされていないので、音がイマイチ良ろしくない。1点減点(笑)。レフュジーのライヴはプレイそのものは素晴らしいものの、これもオフィシャルにしてわ音が不明瞭であんま良くない。ケッコウ当たりだったのわムーディーズの2枚組ブート。オーディエンス録音ながらなかなかクリアな音質で、彼らの「セブンス・ソジャーン」発表時のライヴを堪能できました。まあ、そんなトコでしょーか...。

20070505_3...で、恒例の「西新宿ツアー」でわ、いつもお昼ゴハンもちょー楽しみ(笑)。今回わ、新宿レコードさんを出てスグそばに、新しく開店したインド料理屋さんを発見っ!!写真③がその店構え。インディアン・レストランの「HATTI」さんです。...で、このよーなシチュエーションにおいてわ、「入ったコトのないお店にわ、とりあえず1回でも入ってみる」のが、ともべの基本(笑)。さっそく中に入ると、3種類のカレーとサフラン・ライス、ナンが食べ放題で、飲み物も付いたお得なランチ・タイム・メニューが¥970とちょーリーズナブルっ!!お昼はココに決めました。

20070505_4写真④は料理を取った直後のプレートの様子。この日のカレーは「豆カレー」、「キーマ・カレー(ともべわこのカレーが一番好きっ!!)」、「カリフラワー・カレー」の3種類だった。ナンもあったんだケド、ともべとってもお腹が空いていたので、今回わぜーんぶサフラン・ライスにしました。これにラッシーを付けて¥1,000以下っ!!しかも食べ放題っ!!でもこのテのインド料理屋さんって、お店によってわカレーが薄かったりしておいしくないトコもあるんだケド、今回のお店のカレーはコクがあって、とっても美味しかったです。ともべ2回もオカワリして、もー常連さんになりそー!!(笑)

20070505_5さらに、お店の雰囲気がこれまたGOOD!!でした。インド情緒タップリのインテリアで(写真⑤)、気分わもーインド人(笑)。やっぱこーゆーお料理をいただくときには、味だけぢぁ~なくって、お店の雰囲気もとっても重要ナノダ。さらに、カウンターにはインド人の料理人さんがいらっしゃって、カレー・ポットの中から好きなだけカレーを取れちゃう(写真・下)。もう「異国情緒もお腹も一杯になった(笑)」お昼ゴハンでした。幸せぇ~...(笑)。

20070505_6ちなみにこの日は朝からお天気がとっても良かったんだけど、天気予報でわ「夕刻から雷雨になりますっ」とか言ってた。「こ~んなお天気いいのに、雷雨なんかになるかよぉ~!!」ってタカをくくって傘持たずに家を出たら、西口から東口へ移動するあたりで急激に雲行きが怪しくなってきた。で、急なカミナリとどしゃ降りぃぃぃぃっ!!ディスクユニオン・プログレ館さんにしばらく足止めを喰っちゃって、帰れなくなっちゃうオマケ付き(笑)でした。やっぱ「日頃の心がけがイマイチ良ろしくない(笑)」コトが証明された、ゴールデン・ウィーク初日のともべなのでした...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »