« ロバート・パーマーの紙ジャケ・ボックス・セット!! | トップページ | ZARDの追悼ライヴを観て来ました!! »

2007年9月16日 (日)

新曲がついに完成しましたっ!!

20070916 写真わ今日のスタジオ風景。半年以上の創作期間を経て、スタジオの機材たちもゆっくりと「お休み中(笑)」なのです。今年1月からの構想を経て、この9月になってようやく新曲の「宇宙交響詩第2番<大惑星>」が完成しましたっ!!

とにかく今回わ難産だった...。1月に構想が決まって、2月中旬まで作曲、さらにプリプロの作成が5月中旬までかかって、それからが本チャンもののレコーディング。レコーディング期間だけでまるまる4ヶ月もかかっちまいました(笑)。でもそれだけ手間ひまかけて制作しただけあって、満足できる内容のものが出来上がったと思っています。

あ、新曲の「宇宙交響詩第2番<大惑星>」は、下記のURLで配信しています。みんな聴いてねっ!! (↓)

http://homepage1.nifty.com/tomobe/Monthly.htm

今回の作品でわこの日記でもお約束していた通り、「エニド的な」サウンドの追求に全力を尽くしました。まあ、ロイヤル・アカデミー出のゴドフリー御大の音楽にケンカを売れる自信なんて毛頭ないんだケドね...(笑)、でもともべなりに「エニド風な」やつを作りたかった。

従来からともべが言っているコトなんだけど、ともべわ一応「シンフォニックロック」を旗印に音楽活動をしているんだけれども、ともべの音楽には「シンフォニック」な要素は十分でも、「ロック」な要素が不足していると常々思っていた。だからココ数年、自分の音楽へのエレクトリック・ギターの導入に力を注いできていて、それが本作で、ようやくシンフォニックな要素とヘヴィ・ロックの要素のバランスの妙が取れてきたと思っています。これこそがともべが長年追い求めてきた「ともべサウンド」なのではないかと...結果的にようやく「自分の音世界が完成を見た」と感じています。

あと今回のレコーディングで目新しかったコトといえば、愛用のコルグ・ポリシックスの鍵盤がとうとうイカれた(笑)。...で、ウチのポリシックスわ一応Midi改造されているので、Five-Gさんに問い合わせてMidiチャンネルの設定の仕方なんかを教えてもらった。だからポリシックスのパート(...って、ほっとんど大部分なんだケドね(笑))は、いったんデジタル・シーケンサーに演奏情報を記録してから、再生情報を各トラックごとにワン・テイクでマルチトラック・レコーダーにレコーディングする方式を取りました。これがストレスが少なくてめっちゃ良かった!!鍵盤で演奏するときに相手がシーケンサーだと「重ね録り」「レドゥー」「アンドゥー」などなんでもアリで、レコーダーに直接レコーディングするよりも格段に作業がはかどりました。「災い転じて福となす」とは、このコトか??(笑)

さらに、お盆休みの8月中旬を1週間かけて、エレクトリック・ギターのレコーディングに専念したんだけれども、エレキ・ギターという楽器のコントロールの難しさを改めて痛感致しました...。普段弾いていないので指先わちょー痛くなるし(泣)、ある程度安定したギター・サウンドを出せるまでに悪戦苦闘の連続。それでも苦労の甲斐あって、ギターわハッキリ言って「超ヘタっぴ」ながら(笑)、それなりに「人間的な躍動感」を音楽に付加することが出来たと思っています。

この曲を新たな「出発点」として、これからはこの路線でさらに多用なともべの音楽の世界を、全力で追求していきたいと思っています。(...ギターももっとウマくならなきゃネって!!(笑))

さぁてぇ~!!新曲も完成したコトだし、これからわ11月末の毎年恒例「アフターセブン・コンサート」でこの曲をライヴ初演する準備に全力を注いで、さらにその後は年末にかけて、ようやく待望のセカンド・アルバムのリリース準備に入ります。もう年内のスケジュールわ、「お腹いっぱいっ!!」(笑)

|

« ロバート・パーマーの紙ジャケ・ボックス・セット!! | トップページ | ZARDの追悼ライヴを観て来ました!! »

コメント

作品完成おめでとうございます!

素晴らしい作品だと思います。
友部さんの「気」が伝わってきて、
僕自身の創作意欲も沸いてきます。

お疲れ様でした。


一応、私自身も楽曲製作し、ミクシー日記では
グルメネタばかりで(笑)、マニアックな面を抑
えていますが、その立場で個人的な主観として
気になったことを書きます。

<打ち込み音楽の域を越えていないかな・・。>

・エクスプレション、カットオフ、レゾナンス、
 ベロシティの音色、音量変化系の工夫や、類似
 した音を重ねるなどして、抑揚をつけたり個々
 の音の厚みをつけた方が良いと思いました。

 オカズロールの多様は、気をつかないと
 いかにも打ち込みましたって感じになります。
 色んなオカズのバリエーションの中から、楽曲
 の雰囲気を考慮して、選択した方が良いかなっ
 と。

 ピアノのバッキングは白玉ばかりなので、
 多少抑揚をつかた方が良いかな・・・。


上記は個人的主観であるので、基本的には
素晴らしい作品であることは間違いないと
思います。

ライブ見にいきますよ~!がんばって!

投稿: 山中ネコ | 2007年9月17日 (月) 06時08分

山中ネコさん、こんにちは!!

第一弾の試聴あんどコメントをどうもありがとうございます!!
お褒めをあずかりまして、とっても嬉しく思います!!
山中ネコさんも打ち込みの音楽製作をなさるとゆーコトを前提で、若干のコメントをさせて頂きます。
(カナーリの割合で言い訳を含む...(笑))

>エクスプレション、カットオフ、レゾナンス、
>ベロシティの音色、音量変化系の工夫

これわ無理です(笑)。なんてったってぜーんぶ「アナログ・シンセ」ですから。Midi経由での変化系のパラメータ、持ってないです。

ただともべ的には、アナログ・シンセでのオーケストレーションは、本物のオーケストラの厳密なシミュレーションだとは考えていません。あくまで「別の概念のもの」だと意識しています。
だから最近のDTMなんかでのエクスプレッションを意識したオーケストラ・シミュレーションとは「別世界のモノ」だと考えて下さい。

>オカズロールの多様は、気をつかないと
>いかにも打ち込みましたって感じになります

このあたりは本業がドラマーの中山ネコさんらしいご意見ですネ!!
ただこのヘンはもう、リズムマシーンでドラムを代用する際の限界だと...思っています。

>ピアノのバッキングは白玉ばかりなので、

これにわ理由が2つあります。
1.ともべわピアノがあんま上手くない。(爆)
2.構造的にドラムのパートをリズム・キープとして全く機能させていないので、ピアノのパートに小節キープの役割を担わせる必要があったのです。

>ライブ見にいきますよ~!がんばって!

10月末ぐらいには本ブログにもコンサートの告知を出す予定なので、ぜひ観に来て下さいネ!!
無料でご招待させて頂きます!!
会場ではワインも一杯飲めますヨ!!

でわでわ。。。


投稿: ともべ | 2007年9月17日 (月) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/16468215

この記事へのトラックバック一覧です: 新曲がついに完成しましたっ!!:

« ロバート・パーマーの紙ジャケ・ボックス・セット!! | トップページ | ZARDの追悼ライヴを観て来ました!! »