« ジェネシスのライヴDVD!! | トップページ | ロバート・パーマーの紙ジャケ・ボックス・セット!! »

2007年9月 1日 (土)

新しいCD-Rレコーダー!!

20070901_1 9月に入って、ともべの新曲のレコーディングもほんとーに佳境です...がっ!!ここでアクシデントが起こった。「CD-Rレコーダーがぶっ壊れた(爆)」。ともべわ今までCD-RレコーダーはフィリップスのCDR880とゆー機種を使用していたんだけれども、もー7年ぐらい前の機種であるとゆーコトもあり、確かにココ1~2年、挙動不審だった(笑)。それがココに来て「CD-Rの焼付け中に突然レコーディングが終了し、さらにわディスクが満杯のメッセージまで表示されてしまう(笑)」とゆー、最悪の事態に陥ってしまった。...で、DATからデジタル・データを直接パソコンに転送する方法とか、イロイロ考えたんだけれども、「やっぱオーディオ専用のCD-Rレコーダーが1台はないと、何かと不便だよねっ!!」ってな結論に達して、結局わ新しい機種に買い換えるコトにしました。

...で、先週会社の仕事を終えてから、有楽町のビック・カメラへ直行っ!!「CD-Rライターなんて、今や安ーいパソコンにだって付いているんだし、2~3万もあれば楽勝で買えるよねっ!!」なーんて思っていたら、これが甘かった。一番安い機種でも3万円台、標準的な価格帯では7万円台もする(泣)。たまたまビック・カメラの単体オーディーオ・コーナーの店員さんが親切かつものすごくオーディオに詳しくて(いつもこのテの機器を買いに行って思うんだけど、店員さんの専門知識が乏しいケースは最悪。「オレのほーが詳しいじゃんっ!!」なーんてカンジじゃあ、ちゃーんとした商品選択が出来ないんだもの...)、イロイロのアドバイスを貰うことができた。

店員さんいわく、CD-Rレコーダーはたとえソースからデジタル・コピーをする場合でも、機種のグレードに音質がとても左右されるそーで、その意味では3万円台のパイオニアの機種は絶対にオススメしない。今までフィリップスのCD-Rレコーダーを使用していたのであれば、デノンの7万円台の機種であれば同レベルかそれ以上のレコーディング・クゥオリティーが確保できる、とのこと。で、さんざん悩んだ...7万円...高いっ!!でもこーゆー場合はともべの通称「お買い物の法則(笑)」で、

「高いモノと安いモノとで選択に迷ったバヤイにわ、迷わず高いほーを買ったほうが、結果的に安い買い物になる」

お適用して、思い切ってデノンの7万円台のレコーダーに決めました。CD-Rの焼付け段階で音質が落ちるのはゼッタイにやだったし、なにより、

1.安い機種を買う。

2.家で使ってみたら、やっぱ気に入らない。

3.結局は、いいやつに買い換えて、高いモノにつく(笑)。

のドツボにハマるのわ目に見えていたのですね。でも昨今のプログレ紙ジャケCDのリリース・ラッシュの中、7万円の出費は痛いよぉ~...(泣)

20070901_2...で、写真2枚が、その新しいCD-Rレコーダーの「デノンCDR-W1500」です。見て判るとおり、デュアル仕様のスグレモノ。CDの直接コピーはもちろんのこと、本体左側のCDプレーヤー部分では、HDCDも再生できちゃうっ!!さっそく新曲のレコーディングで使用しましたが、「確かに音がイイっ!!」今まで使っていたフィリップスのCD-Rレコーダーよりも、非常に明瞭な音がします。国産機なので作動も安定しているし、結局は「とても良い買い物をした」と思いました。

今回CD-Rレコーダーの買い替えに際して思ったコトわ、昨今のようにデジタル機器の選択肢がぐーんと広がってくると、レコーディングの際に

「マスター・レコーダーは何にすれば良いか??」

ってコトで、ケッコウ悩んだりもする。でもともべ的にわ、マスターはやっぱ当面はソニーのDAT「A8」を使い続けようと思っています。A8に搭載されている「SBM(Super Bit Mapping)」回路は素晴らしく良い音がするし、何より今回の新しいCD-Rレコーダーでもそーなんだけれど、レベル・インジケーターの表示が粗くて、レコーディング・レベルの細かい調整にはゼンゼン向かない。ともべのミックス・ダウン、マスタリングのプロセスは一応、

1、マスター・コンソールからの出力を、DATにアナログ入力の48KhzかつSBMをONで録音。(ミックス・ダウン)

2.上記のDATテープをマスターにして、ベリンガーのコンポーザーをトータル・コンプとしてカマして、別のDATに44.1Khzで再録音。

3.さらに上記テープからCD-Rレコーダーに光インタフェースで焼付け。

4、CD-Rをパソコンにリッピングして、ノーマライズ等の処理を施す。

...ってな手順を踏むんだけれども、コンプの調節等、細かいレベルの確認が必要な作業も多くて、レコーダーのレベル表示の精度はほんとーに重要なのデス。だからDATなの(笑)。まあ、最近のデジタル・レコーディング環境だったら、こんなの1台のマシンの中でぜんぶデジタル処理でやっちゃうんだろーケド。でも、ともべ的には上記のやうな「超アナログな(笑)」やり方が、自分の音楽にも合っているし、音の質感も出て、好きなのです。

...まあ、ハナシが長くなりましたが、新曲わ素晴らしい出来になりそーなので、期待して待っててネっ!!!

|

« ジェネシスのライヴDVD!! | トップページ | ロバート・パーマーの紙ジャケ・ボックス・セット!! »

コメント

こんばんわ。
とんでもない歓迎会という名の発足会の幹事を仰せつかって一気に体調が崩れて寂しい週末を送っています(泣)
みんないい大人のはずなのに・・・(笑)
ある程度予想はついていたのですが。

高いモノと安いモノとで選択に迷ったバヤイにわ、迷わず高いほーを買ったほうが、結果的に安い買い物になるってのは同感です。
僕の場合、専ら楽器になりますが。
きっと、何の買い物にしてもこの法則は成り立つんでしょうね。

レコーディングがんばってください!

投稿: ハマシン | 2007年9月 2日 (日) 03時36分

写真写っているSONYのDAT、これも
かなり年季ものではないでしょうか?

俺も昔使っていたような・・・、
壊れちゃったけど(泣)

投稿: 山中ネコ | 2007年9月 2日 (日) 06時47分

>>ハマシンさん、こんにちは!!

>一気に体調が崩れて寂しい週末を送っています>(泣)

雷雨のビヤガーデン(笑)、お察し申し上げます...。
まあ、あんまし気に病まないでネ!!
今度、「月島のもんじゃ」でじっくりグチを聞いてあげますから(笑)。

>同感です。
>僕の場合、専ら楽器になりますが。

楽器なんかの場合は、特にそうですよね!!
ともべも若かりし頃は、中古で安い楽器買って、結局身に付かなくてロクに使わないままに手放したシンセとか、いっぱいあります。
だから最近では「イイものを1点買い!!」コレに尽きます。
昔から良く言う「安物買いの銭失い」ってのは、やっぱ当たってると思いますネ!

くどいよーだけど、元気出してネ♪

>>山中ネコさん

どーもですっ!!

はい、このDATもそーとー年季モノです(笑)。
でもソニーのA8は、やっぱマスター・レコーダーの中では、格段に良い音がすると思いますね。ともべわ生産中止になる直前に、2台目を購入しました。
そーですか!山中ネコさんもおんなじのを使ってたんですネ!

でわでわ。。。

投稿: ともべ | 2007年9月 2日 (日) 13時37分

 ともべさま~ッ!!ここに全然関係ない話題だし、第一まだメール差し上げてませんことをご容赦<(_ _;)> ゴドフリーあにぃがHPに新音源“MARS (ORCHESTRAL PRELUDE)をアップしてしかも最後にあにぃご自身の肉声が入っているじゃあ~りませんか!!ギターパートなどでまだ最終的なアレンジメントではないようですが、それにしてもギザ期待感【恥】(^^;

投稿: Barry Gray | 2007年9月 7日 (金) 10時42分

Barryさん、こんちはっ!!

たびたびコメント、どーもありがとうございます!!あと、情報提供もどーもですっ!!

さっそくENIDのサイトへ行って、新曲も「MARS」を聴いて参りました。
「火星」って、ホルストの「惑星」とか演られてたらどーしよーかと思いましたが(笑)...エマーソン・レイク&パウエルじゃぁ~あるまいし...でも違う曲のよーで安心致しました。
でもホルストの「火星」から、モチーフだけ引用しているよーですネ!!マイナーからメジャーへ転調するあたりでいつもの「ENID節(笑)」が聴けて、とってもGOOD!!でした。
あと、一緒にアップされている「ジャッジメント」も新録音の最新バージョンのよーですけれども、気が付きました??

でわでわ、このヘンもサカナに、近々飲みましょーネ!!

投稿: ともべ | 2007年9月 9日 (日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/16312668

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいCD-Rレコーダー!!:

« ジェネシスのライヴDVD!! | トップページ | ロバート・パーマーの紙ジャケ・ボックス・セット!! »