« キャメルの紙ジャケCD発売!! | トップページ | ZARDの追悼ベスト盤、最終章... »

2008年1月20日 (日)

ムーディー・ブルースのSACD!!

20080120_1

写真わともべがだーいすきな、ムーディー・ブルースの最新SACD。「失われたコードを求めて」と「童夢」、「セブンス・ソジャーン」の3枚だけを購入しました。最近のともべのエライお気に入りなのデス。

コトの発端は、2006年末(ぐらいだったか??)に、「デイズ・オヴ・フューチャー・パスト」から「クエッション・オヴ・バランス」までがSACDの輸入盤で発売されて、ともべ興味シンシンながら、紙ジャケとダブっちゃうので購入を控えていた。ところが2007年の夏頃に、さらに追加で「童夢」と「セブンス~」が発売になって、いかんせんともべわ「童夢」だけは自分の原体験にまでさかのぼる「超名盤っ!!」なモンだから、どんなに音が良いのか??って思って購入してみました。ブツはSACDと通常CDのハイブリッド盤で、ともべいまだSACDの再生環境は持っていないモンだから、通常のCDプレーヤーでサウンドをチェックしてビックリっ!!

「音、すっごっくいいっっつっつっつー!!」

高校生時代にヘヴィー・ローテーションで聴いていた、あのアナログ・レコードの音の厚みと暖かさが甦ってくるカンジで、すっかりトリコになりました。音の空気感なんかも最高!!とにかく懐かしい、あの響きなのデス...ウルウル...(涙;)。ユニバーサルさんには悪いケド、既発の紙ジャケCDとは全く別次元の音世界。そーいわれれば、以前どっか(たぶんネットのフォーラムかなんか...)で、「ムーディー・ブルースのSACDはすごく良い音がするっ!!」って、評判を聞いたよーな気もしました。ちなみに今回のステレオ2チャンネルのバージョン(SACDの5.1サラウンド・ミックスぢゃーないほう)は、リマスター作業にかのジャスティン・ヘイワードご自身も直接関わっているのデス。イイ仕事してるネ!!ヘイちゃん!!(笑)

20080120_2...で、「童夢」がすっごく良かったので、ムーディー・ブルースの作品の中でも特に気に入っている他の2枚、「失われた~」と「セブンス~」も追加で購入しました。ちなみにともべ、ムーディーズは大好きなバンドなんだけど、初期の作品の中では「デイズ・オヴ・フューチャー・パスト」と「夢幻」、「子供たちの子供たちへ」「クエッション・オヴ・バランス」の4枚は多少評価が落ちる(...と、ゆーか、単に好き嫌いの問題なんだケドね...(笑))。「デイズ・オヴ~」はロック・バンドとオーケストラとの競演盤としてロック史上革命的な超名盤ながら、まだまだバンドとオーケストラとの融合は未完成。バンドが演奏したかと思いきやオーケストラが出てきたり...と、「交互に演ってる」ってな印象が強いデス。あと余談ながら「デイズ・オヴ~」でのオーケストラとの競演を、次作「失われた~」で初めてメロトロンを導入して置き換えました、ってぇ~通説も、聴けばワカルけど明らかに誤り。「デイズ・オヴ~」の段階から、メロトロンわバシバシ使用されています。

あと、「夢幻」、「子供たちの~」、「クエッション~」の3作は、ともべの耳にはどーも「サイケデリックな」印象が強すぎて...。たぶんこの時期って1960年代末の時代背景もあってか、ムーディーズのメンバーもガンガンにドラッグとかやっていたんだろーと思う。その影響は音楽にも十分に反映されていて、とにかく幻想的なんだけれど、同時に「たぶんに不健全な」(笑)要素も発散させていることしきり。ともべの好み的には、ムーディーズの音楽は上質で優等生的なポップとして、「ある程度健全な」路線を行っている時代の方が好きなのです。(...とわ言っても、「失われた...」なんかはモロにテーマがドラッグによるトリップだったりもしますが...(笑))

20080120_3ハナシを元に戻して、今回のムーディーズのSACD,3枚の中では「失われた~」だけが2枚組です。オリジナル・アルバムの1枚に、当時の未発表音源を収録したボーナス・ディスクが付いています。このディスクの内容がナカナカ興味深くて、別ミックスのオルタナティヴ・バージョンやら、リード・ボーカルを取っているメンバーが違う(ムーディズわ一応、グレアム・エッジ以外のメンバー全員がリード・ボーカリストなんだかんねっ!!)バージョンやらが満載!!その中でも特に興味を引くのは、当時のBBC「トップ・ギア」でのスタジオ・ライヴ演奏です。昨年発売されたムーディズの2枚組BBCライヴと収録内容はダブっているんだけれども、スタジオでのオーバー・ダビングはあることながら、基本はちゃーんと生で演奏しています。この時期の楽曲を「生でもちゃーんと演奏できていたんだなぁ~...」って、感心するコトしきりです。(当時のムーディズは「ライヴでは演奏がヘタ」なコトでも有名でしたから...(笑))

最後に今回のSACDの一番の目玉っ!!わ、「セブンス~」に収録されている「イズント・ライフ・ストレンジ」の8分以上にもわたるオリジナル・バージョンでしょう。この曲、アルバム収録では全体が3コーラスの6分バージョンなんですが、実はコレわ「短縮エディット版」だったのデス。オリジナルな原曲は2コーラス目と3コーラス目の間に、メロトロンによる超どシンフォニックっ!!なインストゥルメンタル部分が入ります。これわ今回初出の音源で、このインスト部分を込みで聴くと、例えばバークレイ・ジェームズ・ハーヴェストの「モッキンバード」みたいな印象で、「実は原曲は大ロック交響詩だったんだなぁ~...」って、驚きを隠せませんでした。たぶんコマーシャルな理由から中間部は削除されてしまったんでしょーけれども、この曲を「デイズ・オヴ~」からの流れを受け継いだオリジナル構成で聴くとゆーのも、また一興かと思いますネ。

...で、今回のムーディーズのSACD、ともべナンダカンダ言って、既発の紙ジャケ放り投げて(笑)ぜーんぶ買っちゃうだろーと思ってます。あとわ、現行CDでわ音が最悪な、「ボイジャー」以降が早くSACDで出ないかなぁ~...。

|

« キャメルの紙ジャケCD発売!! | トップページ | ZARDの追悼ベスト盤、最終章... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/17766155

この記事へのトラックバック一覧です: ムーディー・ブルースのSACD!!:

« キャメルの紙ジャケCD発売!! | トップページ | ZARDの追悼ベスト盤、最終章... »