« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月23日 (土)

バークレイ・ジェイムス・ハーヴェストの紙ジャケ発売!!

20080224_1 この2月中旬に、待ちに待ったバークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト(以下B.J.H.)の、初期EMI時代の4枚が紙ジャケCDで発売になりました!!もともとは2002年にこの4枚は海外でリマスターされていて、ボーナス・トラックも満載!!なUK盤が日本にも入ってきてたんだけど、今回の紙ジャケもマスターそのものはその時のものと同じです。ただいかんせん初期のB.J.H.はジャケット・アートワークが素晴らしいので、今回の紙ジャケ化はマニアにとってはホントうれしいリリースですネ!!

...で、今回の紙ジャケ・リリースに際して、改めてこの4枚をじっくりと聴き直してみました。EMI時代のB.J.H.っていうと、プログレ・マニアにとってはポップになったポリドール時代よりも人気が高い時代です。ともべ的には音楽的な良し悪しはさておき、「録音が古い」のがみょーに気になっていた時代の音源ではありました。それが今回のリマスターで(...って言っても、2002年のリマスター盤も、ともべすでに輸入盤で所有していたんだケドね(笑))、随分と良いサウンドになっています。4枚のアルバム全体に、ミックスがやけに粗いとか、リード・ギターにばっか不自然なほど深いリヴァーブがかかるとか、時代を感じさせるところは多々ありますが、ちょーんと現在でも聴くに耐えうるサウンドに仕上がっています。ごリッパ!!

20080224_2あと、B.J.H.っていうと「できそこないのムーディー・ブルース」(失礼っ!!)みたいな印象があったのだけれど、これがともべの認識の誤りであるコトを今回痛感致しました。1970年のデビュー時(...っていうから、ムーディー・ブルースのデビューの3年後)における彼らのファースト・アルバムは、ムーディーズなんかよりぜんぜんマニアックかつプログレ志向です。ブリティッシュ・トラッドの影響も濃厚なこのデビュー・アルバムは、当時最先端のブリティッシュ・プログレの正に本流。売れセン目当ての甘さやポップさなど微塵を感じられないマニアックさです。さらにこの傾向はEMI時代の4枚全編に通じておおかた言えるのだから、B.J.H.を「ムーディーズのコピー」みたいな言い方をするのは改めないとイケナイなと思いました。ムーディーズとは全く別物の、優れた音楽性をデビュー当時から持ってたのデスね。

さらに、彼らがポリドールに移籍して「宇宙の子供」を発表したのが1974年だったから、この時期ムーディーズは完全に活動停止期間に入っていたハズ。ポリドール時代のB.J.Hは確かにムーディーズに音楽性が似ているのだけれど、これは「ムーディーズが不在となった穴を埋めていた」といった認識が正しいのカモ知れませんネ。(まあ、もともとデビューしたEMIのハーヴェスト・レーベル自体が、デッカのデラム・レーベルに対する対抗レーベルとして発足しているのですから、バンドの生い立ち時点からすでに「ムーディーズの対抗馬」的な存在ではあったのでしょーが...)

20080224_3あと、EMI時代のB.J.H.の最大のトピックといえば、この後エニドを結成することになるマエストロ、ロバート・ジョン・ゴドフリーとの競演でしょう。今回の紙ジャケでも1stで2曲、2ndで2曲の計4曲で、R.J.ゴドフリーによる素晴らしいオーケストレーションを堪能することができます。ハッキリ言ってこのヒト、オーケストラ・アレンジメントの元ネタはかのグスタフ・マーラーのシンフォニーのようで、その複雑かつ壮大なオーケストレーションは、当時といわず現在でもポピュラー・ミュージックのアレンジメントの限界を完全に超えています。

だから彼が抜けたあとの(ハッキリ言って「解雇」だったらしー...)3rd、4thにおける後任のマーティン・フォードによるオーケストレーションは、いかに表面上は壮大さを装おうとも、どこにでもあるよーな平凡なアレンジメントの域を出ていないです。R.J.ゴドフリー御大が、いかに偉大な「奇才」であったかが判りますネ。(...その後、このあたりのB.J.H.とR,J.ゴドフリーとの競演は、著作権を巡って裁判沙汰にまで発展、一応はゴドフリー御大が勝訴したらしい...)

20080224_4さらにこのオーケストラとの競演、大元はムーディーズの「デイズ・オヴ・フューチャー・パスト」に触発されていたのはミエミエですが、さらに発展して「ザ・バークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト・オーケストラ」なる専属のオーケストラまで結成。彼らをゾロゾロ引き連れてツアーを行ったとゆーエピソードは、あまたある「ロック・バンドとオーケストラとの融合」の歴史の中でも、前代未聞。と、ゆーよりハッキリ言って「やりすぎ」(笑)。でも、このヘンの革新性は(なんてったって、1970年にだぜっ!!)、もっともっと評価されて良いよーに思います。かのEL&Pでさえ「EL&Pオーケストラ」なる専属オーケストラを引き連れてツアーを実施するのは、さらに遅れること7年後の1977年のことなのですから...。

...ってなワケで今回のB.J.H.の紙ジャケCD、ジャケットのアートワークや紙の質感なんかも細部にコダワりまくった素晴らしい出来なので(特に、1stと2ndのステンド・グラスを模したジャケットなんかは、ホントーに美しいです)、プログレ・マニアならぜひぜひ購入をオススメする4枚なのです。でもあえて「1枚だけ...」って言われたら、やっぱ音楽的にも最高傑作の名高い(「モッキン・バード」も収録されている...)、2ndの「ワンス・アゲイン」でしょーか??

現在イギリス本国では、ジョン・リーズ組とレス・ホルロイド組に真っ二つに分裂してしまっているB.J.H.。いーかげんに仲直りしなさいっ!!(怒)

(エイジアみたく...新作出るらしーよ...(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

おやぢロックの熱い夜!!

20070217_1 昨日2月16日(土)に、学生時代のバンド仲間のライヴを観に行ってまいりました。場所わ渋谷にあるライヴ・ハウス「RUIDO K2」。ライヴ自体は「FREE JAM 2008」とゆーコトで、ともべが大学時代に所属していた音楽サークル「オーバーオール・ミュージック」が所属している「立教大学・音団連」のOB達によるコンサートです。合計4バンドが熱いパフォーマンスを繰り広げました。ってなワケで、写真わ仲良く1バンド1枚づつねっ!!(笑)

17:30の開演前には会場に付いて、たまたま入り口で会った友人「I」さんに、チケット顔パスで通してもらいましたっ!!「I」さん、ありがとー!!...で、それから21:30の終演まで、ビール飲みながらライヴをたっぷりと楽しむことができました。「RUIDO K2」とゆーハコも、ともべ今回が初めてだったのだけれど、バーでちゃーんとビールもたのめるし、中でタバコも吸い放題だし、あんま広いハコではないながらも、居心地はすこぶる良かったです。とっても楽しい土曜日の夜を過ごすコトができました。

20070217_21バンド目は「BOBB」(写真①)先ほどの「I」さんがリード・ボーカルを務めるバンドです。ともべの関係でゆーと、同じ立教大学・音団連のサークル「アルビオン」のOBが主体のバンドで、在学中は同級生に当たります。ビートルズ・ナンバーやジョン・レノンの曲、はてはオリジナルまで、ロックの対する汲めども尽きぬ「愛」を感じる、熱いパフォーマンスを繰り広げてくれました。

2バンド目は「いんも~隊」。(写真②)ともべが在籍していた「オーバーオール・ミュージック」の、4年下のOB達によるバンドです。従来はハードロックで売ってきたこのバンド、今回は70年代、80年代の「ディスコ・ミュージック」でせめてきました。それも一般的なディスコでわなくて、ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」とか、クイーンの「地獄へ道連れ」とか、「そー言われれば、コレってディスコ・ビートだよねぇ~...」なーんて通なトコロで聴かせてくれました。かと思えばシメはやっぱりディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」や「紫の炎」だったりして...いやー楽しかったっ!!

20070217_33バンド目は「TIDE POOL」です。(写真③)ともべが大学1年生だったときに4年生でおられた大先輩方のバンド、今回もTOTOの名曲のオンパレードで聴かせてくれました。とにかくメンバー全員、演奏技術的な技量が並々ならぬお方達なので、演奏はそれはそれは素晴らしかったです。ジャストなリズムに安定したアンサンブルは、余裕の風格さえ感じましたねぇ~。ギターのサウンドも素晴らしく良かったし、キーボードも1台きりでTOTOのツイン・キーボード(ピアノとオルガンとか、ストリングス、シンセとか)をしっかり再現していました。さすがにツワモノの先輩方ですっ!!

20070217_4今回のライヴ、最後のトリが「ぷっぷ」でした。(写真④)このバンドも、ともべのサークルで4年下のOBが主体のバンドです。ポップな日本語ロックを、パワフルに聴かせてくれました。(ど~やら曲はオリジナルではないよーなんだけれども、すんません、たぶん元ネタはともべの知らないアーティストです...)取り巻きや固定ファンもひときわ多いバンドらしくて、トリにふさわしく会場全体がえらい盛り上がりようでした。アンサンブルもメンバー全員の仲の良さが伝わるよーな素晴らしい息の合いようで、Very Good!!でしたネ!!

20070217_5...で、ライヴがハケてからは、近所の居酒屋で打ち上げっ!!です。(写真⑤)出演メンバーやサークルの先輩・後輩OB達と、久々に貴重な交流の機会を得るコトができました。このようなライヴを見ていつもつくづく思うのだけれど、ともべわ独身なので音楽活動をなんとか演れているワケなんだけれども、マワリのみんなは結婚もしてて、さらに子供までいて(笑)、それでもちゃーんと頑固にバンド活動に精を出せている。世間一般に「おやぢバンド・ブーム」なーんて言われるけれど、よーわ「やる気次第」なんだなーって、つくづく感心致しました。ともべもみんなを見習わなくちゃいけないなって、心の中で思いました。(でもさすがに子持ちで2バンド掛け持ちしたりすると、カミさんに怒られるらしー...(笑))

...ってなワケで、楽しい仲間達と充実した週末の夜を過ごすコトができました。こんな機会を通じて「愉快なロックおやぢ達(笑)」との交流の輪が、今後もドンドン発展していったらとってもHAPPYだと思いますネ!!

みんなー!!これからもよろしくねぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

真冬の西新宿わ寒かった...

20080210_1 昨日、2月9日に、ひさびさに西新宿をウロウロしてまいりました。(ひさびさに、って言っても、しょっちゅうウロウロしている気もするが...(笑))昨日の東京は寒波の再来でえらい寒かったデス。(写真①)お天気もイマイチで、「ど~しよ~かなぁ~??」って出かける前にわ思ったんだけど、待ちに待った3連休だし、思い切って出かけました。

ちなみに、「新宿レコード」さん(写真②)から始まって、「ディスクユニオン・プログレ館」さん(写真③)で締めるいつものルートわ同じ。お昼ゴハンを「HATTI」さんでインド・カレーの食べ放題を頂いたのも、これまた同じ。寒風の吹きすさぶ中を、CD屋やブート屋を巡ってマニアック・オヤヂが放浪してまいりました(笑)。

20080210_2_2 ただちょっと違うトコロは、今回も古いCDを30枚ぐらい抱えていて、ディスクユニオンさんに買い取ってもらいました。特に先般紙ジャケで出た後期キャメルのプラケCDと、昨年ボックスが2ヶ出たジェネシスの「トリック・オヴ・ザ・テイル」以降の紙ジャケCD,これをぜーんぶ売っ払った。ユニオンさんの買取20%アップ期間中だったので、全部で¥22,000ぐらいの良い値段になったのだけれど、その中で特筆すべきはジェネシスの「静寂の嵐」の紙ジャケCD。たった1枚で2,400なーんて破格の値段が付いた。「なんでかなぁ~??」って店員さんに確認したら、昔ユニオンさんで配布した「帯カレンダー」(カレンダーの一部に復刻帯が印刷されていて、切り取って紙ジャケCDに巻けるヤツ)のオビが付いているからなんだって。コレ中古で販売したら、あっという間に買い手が付いちゃうんだって。(しかもたぶんカナーリな高額で...)さすがの紙ジャケ・コレクターのともべも、そこまでマニアックなコレクター趣味わちょっと理解できないんですが...(笑)。

20080210_3...で、今回の戦利品は以下の通り。(写真④)

・「トリビュート」/スティーヴ・ハケット (待ちに待ったハケットおじさんの最新作。ガーデンシェッドさんに当日入荷のホヤホヤでした。今回の新作ではアコースティック・ギター1本で、バロック音楽なんかをムーディーに聴かせています)

・「レノックス1973」/リターン・トゥ・フォーエヴァー (R.T.F.の「第7銀河の賛歌」発表当時の4人編成でのライヴ。ライトハウスさんの新作ブートCD。)

・「ライヴ・イン・シャーウッド・フォレスト75」/ゴング (出ましたあぁぁぁっ!!近年発掘音源もすさまじいゴングの、1975年、「シャマール」発表時のライヴ音源。コレわオフィシャル。)

・「アズ・ユア・マインド・フライズ・バイ」/レア・バード (グレアム・フィールズ率いるレア・バードの、言わずと知れたオルガン・ロック名盤のリマスター盤。ようやく手に入れた。)

20080210_4・「夢幻」/ムーディー・ブルース (先般このブログにも書いた、ムーディーズのSACD購入第2段!!)

・「子供たちの子供たちの子供たちへ」/ムーディー・ブルース (コレもムーディーズのSACD。こっちは2枚組みで、未発表音源満載っ!!)

...てなワケで、CDが6枚のワリとあっさりした買い物でした。特に今回は新規モノで興味を惹く出物が少なかったせいか、すでに持ってるブツの買い替えパターンが多かった。(コレだったらすでに持ってるCDを売り払うコトが前提だから、トータルで見たら出費もグッと抑えられるしネ...)

...で、今回の出物としてわ、リターン・トゥ・フォーエヴァーの1973年のブート盤。ドラムがレニー・ホワイト、ベースがスタンリー・クラークで、思いっきりロック寄りのクロスオーヴァーをカッコ良く聴かせています。ギターがアル・ディメオラ加入以前のビル・コナーズなので、ちょっと弱い気もするんですが...。音質もおそらくは放送音源かなんかのマスター落としだと思われます。サウンドボードのクリアな安定した音質で、Very Good!!です。

あと、ゴングの1975年の「シャマール」時代のライヴ盤。ギターのスティーヴ・ヒレッジ主導のスペーシーかつな~んか宗教的で(シタールなんかじゃらんじゃらんいってるし...(笑))、トリッピーなジャズ・ロックです。ともべ的にはゴングはデヴィッド・アレン脱退後のほーが好きなので(単なるテクニック重視のクロスオーヴァーとして楽しめるから...)、ピエール・モエルランもドラム叩きまくっているこのライヴ盤は、超オススメの1枚です。次わ「ガズーズ」時代のライヴ音源、出ないかしらーん...(笑)。

ムーディー・ブルースのSACDわ、やっぱ期待通り。まだ「子供たちの...」のディスク1しか聴いてないのデスが、やっぱ音質が素晴らしいっ!!思わずこのあたりのムーディズも再評価しちゃいました。

...てなワケで、新宿から帰る頃には(夜7時ごろ...)、寒い東京わ大雪になってしまいました。やっぱ日頃の心がけが悪いとタイミング良くないとゆーか...傘持ってなかったし...(泣;)。冷たい雪に濡れながら家路を急いだともべなのでした。

はやくあったかくなんないかなぁ~...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

オニわぁそとぉ~!!...でインド料理 2

20080203_1 今日2月3日わ節分。...で、立川に節分の行事に行ってまいりました。がっ!!本日の立川わ写真①のよーに、朝から大雪っ!!さぶっ!!凍死しそー...(笑)。明日は立春で、あしたから春だとゆーのにねぇ~...。でも頑張って節分の行事に立ち会って、豆まきのおマメもいっぱい拾ってきました。やったね!!

...で、行事の後わ、例によって立川でインド料理お食しました。...って、実わ1年前、2007年2月3日と全く同じパターン(笑)。そう、毎年2月3日は節分の行事で祝って、さらに美味しいインド料理でも祝う、コレがともべの恒例ナノダ。(興味のあるヒトわ、2007年3月2日の日記お参照のこと...)

20080203_2...で、ともべが直行したのわ、立川グランデュオの6階にある、インド料理専門店「マハラジャ」さんです。(写真②)ともべは立川に用事で出る際にわ、だいたいこのマハラジャさんでランチかディナーを頂きます。ちなみに前にも書いたケド、ランチ・タイムは¥900ぐらいで本場インド・カレー4種類とナン、ライス、サラダなんかがもー食べ放題っ!!本当にお腹が一杯になれますよ。

今回わディナー・タイムだったので、休日オンリーの「2色カレー・セット」をオーダーしました。¥1,500で、メニューの中から好きなカレーどれでも2種類が選べて、ナンとサフラン・ライス、チャツネ、それにサラダが付いてくる。ともべわ普段のセット・メニューではワリとお目にかかれない、お魚のカレーとスペシャルなチキンのカレーを選びました。

20080203_3出てきたカレーが写真③。うわっ!!とっても美味しそーっ!!ちなみにともべ、ここのカレーの大ファンなのデス。今回のカレーは、お魚のカレーもチキンのカレーも、ものすごくコクがあって格段に美味しかったっ!!あと今回改めて思ったのは、ランチ・タイムやディナー・タイムのいわゆる「定番カレー」ももちろん美味しいのだけれど、このマハラジャさんはメニューから単品でしか選べないよーな種類のカレーのほーが、さらに「絶品っ!!」なコトが判りました。最近わ東京都心を中心に、インド料理店は雨後のタケノコのよーにあるのだけれど、ここまで味にコクと深みのあるカレーはナカナカ食べれないですネ。もー大好きっ!!

20080203_4がっ!!...しかしっ!!...しかしっ!!実わともべ朝から食事をほっとんどしていなくって、ものすご~くお腹が空いていた。だから「2色カレー・セット」だけでわお腹が一杯にならなくて....ちょっと迷ったあげくにタンドリー・チキンまで追加オーダーしちゃいましたぁ~。(写真④)鉄板プレートの上の焼きたてアツアツが、とってもジューシーで美味しかった...。あぁぁぁぁ....これでまたしてもハラがメタボにぃぃぃぃ~。(笑)(しかもこのタンドリー・チキン、1人前でチキンがタップリ2本も乗っかっていて...う~ん、満足っ!!(笑))

...てぇ~なワケで、今年も節分の1日お充実して過ごすコトができました。今年も良い年になれえぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »