« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

アラン・ホールズワースの紙ジャケCD発売!!

20080629_1 先日の6月25日に、エレクトリック・ギター界の「神」、アラン・ホールズワースの紙ジャケCDが無事に発売になりました。今回リリースになったのわ、「I.O.U.」から「フラット・タイア」までの合計10枚。ともべ家にも、さっそく「新宿レコード」さんから届きました。

...で、今回のホールズワースのソロ作品、時代や作品傾向的に分類すると、ほぼ4つの時代に分かれると思います。

①ソロ活動初期(写真①)

・「I.O.U.」

・「メタル・ファティーグ」

1976年の「ベルベット・ダークネス」を除いて、真の初リーダー作となった「I.O.U」と続く「メタル・ファティーグ」の2作品。それまで「ギターお抱えた渡り鳥」(笑)だったホールズワースが、初めて自己のソロとしての音楽性を確立した作品群です。まだ「シンタックス」は導入されておらず、アランはエレキ・ギター1本のみ。全ソロ・キャリア中、最もロックっぽく、またプログレ寄りなのものこの時期です。

ともべ的にもアランのソロ作品わ、実はこの時期が一番好みです。ただ同時期の作品として「ロード・ゲームズ」と「I.O.U.ライヴ」があって、どちらも今回の紙ジャケ化からは外されているのがちょっと残念です。おそらく権利等の関係かと思われますが、特に「I.O.U.ライヴ」は、当時の日本公演の模様を収録した(M.C.で「おおきにっ!!」とか言ってる...(笑))名盤です。まあ、インディーズ的なレーベルから発売されていたので仕方がないのカモ知れませんが、全編ドラムがチャド・ワッカーマンで熱いプレイが繰り広げられる、ともべの愛聴盤です。

20080629_2②シンタックス導入時代(写真②)

・「アタヴァクロン」

・「サンド」

・「フラット・タイア」

当時の最新鋭であったギター・シンセ「シンタックス」を導入して、新たな世界を開拓した時代です。ちなみに「アタヴァクロン」と「サンド」は1980年代の作品。「フラット・タイア」はその後のキャリアを経て、2002年に再びシンタックスに回帰した、現在までの最新作です。

この時期のホールズワースって、まあ好き嫌いが分かれるトコロでしょーね...。ギター・シンセ「シンタックス」のサウンドはあくまで「音的にはシンセ」なので、アラン独特のスケールやハーモナイズによってギターであることを判別できる点を除けば、「ほっとんど全部の音がシンセ」。この音構成にわ、やっぱりちょっと不満。ギタリストとしてのホールズワースを聴きたいファンにとっては、特にそーだと思う。まあ、上記3作品の楽曲の中でも、ほどほどにエレキ・ギターとシンタックスのサウンドがブレンドされている曲はまだ良いのですが、「ぜーんぶシンタックス」(笑)だと、ちょっと閉口しちゃいますよネ。

20080629_3③ギターとシンタックス併用時代(写真③)

・「シークレッツ」

・「ウォーデンクリフ・タワー」

・「ハード・ハット・エリア」

1980年代のシンタックス偏重時代への反省か、1990年代に再びエレキ・ギターに回帰して、ガッチリとしたバンド・サウンドでプログレッシヴかつ充実した演奏を聴かせる時代。全くのともべの私見ではあるけれど、これがアラン・ホールズワースの音楽の「完成期」だと思っています。ある意味、頂点を極めている作品群です。エレキ・ギターとシンタックスは上手に使い分けられ、主にシンタックスによるバッキングの上にエレキ・ギターによるリードが乗る手法が取られています。正に円熟の極み...。

20080629_4④ジャズへの回帰時代

・「ナン・トゥ・スーン」

・「ザ・シックスティーン・メン・オヴ・テイン」

③でホールズワースが頂点を極めてしまった証拠として、ここでは彼の原点であるジャズに回帰しています。一旦頂点に達してしまったアーティストが次に演るのは、決まって「自己のルーツに還ること」とゆーのも、古今東西世の常識です(笑)。で、ここでの作品群は、特にリズム・セクションの総入れ替えをして、とにかくリズム・アプローチがジャズっぽいです。ある種「最もロックっぽい」初期の作品とは対極を成す作品なのですが、それでもギターが相変わらず「例の調子」(笑)なので、どー転んでもフツーのジャズにわなり得ない(笑)トコロが面白いです。

...で、ここまで見てきたアラン・ホールズワースのソロ作品、ともべ的にわ、「熱くて、クール」な音楽性が大好きなのです。ジャズ・ロックを主体としたリズム・セクションわあくまで「熱く」、でもアランのギターのスケールやハーモニーはどこまでも「クール」なのデスね。ちなみに余談をいくつか...

・ホールズワース・バンドのベースはジミー・ジョンソンがほぼパーマネント的に務めていますが、ドラムは主にゲイリー・ハズバンドとチャド・ワッカーマンが入れ替えで演っています。ともべの好み的には、チャド・ワッカーマンの両手両足バラバラに動くよーな、変幻自在のドラミングのほーが好みです。たぶんプログレ・ファンわみんなそーだと思うケド...。このヒトのドラミング・スタイル、チック・コリア・エレクトリック・バンドのデイヴ・ウィックルなんかにも似ていると思いませんか??

・いまさら言うまでもないホールズワースの「早奏き」。ともべわブラッフォード時代のBBCライヴのDVDを所有しているのデスが、見てみてビックリっ!!右手はほっとんど「ピッキングしていない」(爆)です。左手で猛烈な速さでスケールを押さえるだけで音が出ちゃっています。やっぱ「神」!!(笑)

...てなワケで、このところ「ホールズワース漬け」(笑)だったワケですが、さすがに「ちょっと飽きた」(笑)。やっぱこのヒト、基本的なカラーは一色なのでせう。「音楽を通じて表現したい世界がそんなに多岐には渡っていない」そんな印象を受けました。だから今回の作品群も時代ごとの変化こそあれ、「基本的にはどれも同じ印象」。これらのソロ作品ももちろん良いのですが、どちらかとゆーとアランが今まで在籍してきたバンド、テンペストとかソフト・マシーンとか、ゴング、UKなど、他人の音楽性・カラーの中に入ってこそ、その異色な存在感が数倍にも際立つような、そんなアーティストであると感じました。

このところ毎年来日してくれているアラン・ホールズワース。ともべも1回わ生で観てみたいなぁ~...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

エイジアのヒストリー本!!

20080622_1 写真わ先般発売された、エイジアのヒストリー本「ヒート・オブ・ザ・モーメント」。ディスクユニオン・プログレ館の店員さんに「コレ、売れてるんですよぉ~...」とか言われて、思わず買ってしまった(笑)一冊です。約200ページにおよぶ大作。

エイジアのヒストリー本と聞いてちょっと「???」なアナタ、その考えわ正しい(笑)。エイジアといえば、1982年のデビュー。これが1970年代のバンドだと、「夢」とか「ロマン」とかがキーワードとなってバンドの歴史が熱く語られたりもするんだケド、1980年代ってゆーと、ロック・ミュージック・シーン全体が「ビジネスとして売れるか?売れないか?」のコマーシャリズムに完全に席捲されてしまっている時代。こんな時代に「バンドのヒストリーって、なんだろーか??」って思ってしまうのもトーゼン。

...で、予想は的中して、このヒストリー本、エイジアにまつわる純粋にビジネス的な出来事(ほっとんどわトラブル(笑))で、埋め尽くされています。「世界的に売れてしまったバンド」って、ビジネス的なマテリアルが多すぎて、ホント大変なのねぇ~...なんて。ちょっと笑い話ぢゃないカナーリ悲惨なエピソードも満載されています。(こんな書き方をして、一応断っておきますが、ともべわエイジア、大好きなんだかんね!!)

ちなみにウワサ通り、エイジアの結成時には、ギタリストとしてトレバー・ラビンの名前も挙がっていて、実際にセッションまで行ったらしいです。先般のトレバー・ラビンのインタビューでもいわく「レコード会社から、「何でも構わないから演ってくれっ!!」て言われて、嫌気が差して辞めた。」そーな。(笑)やっぱ「とにかく売れるコトが前提」の、「スーパー・バンド」だったのねぇ~ん。

20080622_2で、悲劇の発端は、ファースト・アルバムが予想通り爆発的に売れて、続くセカンド・アルバム「アルファ」のレコーディング、ここからもー始まっていたのデス。カナダの隔離された郊外のスタジオで、すでにこの時期からジョン・ウェットンのアルコール中毒が発病、結果「アルファ」の出来はファーストに遠く及ばず、セールス的にもボロボロで、ここからバンドの崩壊と悲劇の数々が展開されます。ともべ個人的にも、エイジアはファースト・アルバムが素晴らしくて、セカンド・アルバムで「なんでこーなっちゃったかなぁ~??」なーんて印象をケッコウ持ってたんだけれども、ちゃーんと現実的な裏づけがあったワケです。

で、続く例の「エイジア・イン・エイジア」。このライヴ、全曲のキーが下げられているコトを何度かともべも指摘していますが、このヒストリー本にも明確にその経緯が述べられています。「グレッグ・レイクはジョン・ウェットンよりちょうど短3度声が低く、カール・パーマー以外の全員がキーを下げて演奏せざるを得なかった」。

また、この「エイジア・イン・エイジア」が純粋にMTV等との契約の関係で履行せざるを得なかったもので、すでにバンドは崩壊していたにも関わらず、グレッグ・レイクを無理やり代役に立てて乗り切ったものであったことも書かれています。ジョン・ウェットンいわく、「グレッグ・レイクはバンドに加入したことも、脱退したことも一度もない。なぜなら彼は一度たりともエイジアの正式メンバーであったことはないのだから」。ともべも生で観ていたこの「エイジア・イン・エイジア」、実わこーんなエピソードがあったのデスね。

20080622_3その後、ジョン・ウェットン体制でバンドは復活。スティーヴ・ハウをクビにして、その後任にはウワサ通りゲイリー・ムーアの名前もあったとのこと。結局は「アストラ」のマンディー・メイヤーを経て、ゲイリー・ムーアの知人であったパット・スロールに落ち着きました。(個人的にともべわ、エイジア歴代のギタリストの中ではパット・スロールってあんま好きぢゃーないデス。確かに上手いギタリストなんだケド、プレイが若干フュージョン寄りなので、純然たるロック・バンドであるエイジアには、やっぱミス・マッチだと思う...)

あと、エイジアの歴史の中では、時間軸的にはおそらく最長であったと思われるジョン・ペイン時代、これがこの本ではざーっくりと数ページのみに省略されています。パット・スロール体制が崩壊した後わ、あっという間に2007年の再結成話近くまでひとっ飛び!!(笑)。やっぱこのジョン・ペインがボーカルを務めていたエイジア(「アクア」から「サイレント・ネイション」までですか...)わ、著者としても「エイジアとしてわ、認めんっ!!」(笑)とゆー、姿勢が良く判りますネ。

とにかくビジネス的なトラブル関連のハナシで埋め尽くされているこの本、見方を変えれば「プロのミュージシャンとしてやっていくのが、いかにタイヘンであるか??」を良く物語っている参考書だとも言えます。ドラスティックに「お金と契約」が全てを牛耳っている世界。ちょっと毛色の変ったヒストリー本として、特にアマチュア・ミュージシャンなら必読な内容だと思いまふね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

ピーター・ガブリエルのジェネシス七変化!!

20080614_1 先週のジェネシスの映像ネタが好評だったのか、アクセス数もケッコウ目を見張るモノがあった。なおかつ、お友達の西川”GoWest”さんから「ピーター・ガブリエルのコスチューム写真集ないかしらん??」なーんてご意見もあったりして、今回わ先週の第2弾としてジェネシス時代のピーター・ガブリエルの「コスプレ写真特集」(笑)お企画してみました。みなさん楽しんでネ!!

なお、映像の元ネタわ写真①にあるジェネシスのブートDVD。「フィルム・アーカイヴ#1」と「同 #2」です。ちなみに有名な「オックスフォード映像」わ「#1」のほーに収録されています。ガブリエル時代のジェネシスのDVD買うんだったら、まずわこっちのほーがイイよ!!西川”GoWest”さん。

20080614_2で、まずは写真②。コレわ「ウォッチャー・オヴ・ザ・スカイズ」での「コウモリ男」(笑)ですネ。画像だと判りにくいケド、お顔の横に大きな黒いコウモリ翼が付いています。暗いステージをこのカッコウで、顔面に塗った蛍光塗料だけが不気味に光ったりのシーンもあります。ちなみに曲のほっとんどの部分が5拍子で構成されている同曲、メンバー全員の5拍子ユニゾンに合わせて、後ろ向きのガブリエルが大きくマントを広げたりたたんだり、シアター的な演出効果も抜群なステージです。

20080614_3次に「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」でのナイト(騎士)のコスチューム。(写真③)でもこのカッコウは曲の開始前の「語り」の部分と、音楽の冒頭だけです。途中からわ全部脱いじゃってノーマルな衣装になっちゃってます。「マイ・ネイム・イズ・ブリタニア」とか語りで言っていますから、きっと「滅びゆく英国の騎士」か何かを演じているのでせう。この曲はCDでも、中間部のメロトロンの混声合唱の使い方が鮮烈なのですが、ライヴでもちゃーんと再現しているから見事です。

20080614_4次にやっぱ有名なのがコレっ!!(写真④)「ミュージカル・ボックス」でのヘンリーの亡霊役です。ざっくりとストーリーをご紹介すると、ある日女の子シンシアと男の子ヘンリーがクリケットをして遊んでいました。シンシアは、「にっこりと笑って」ヘンリーの首をクリケットで切り落としたのでした。(怖;) 後日、シンシアが家で古いオルゴールを見付け、開けると中から老人と化したヘンリーの亡霊が出てきました。その亡霊が「オレに触ってくれ!!」とシンシアに迫るのが、このシーン。暗いステージ上で、顔の下からライトが当てられたりして、めっぽうコワい。(笑)

20080614_5...で、このヘンリーの亡霊シーン、ライヴの場所によってわ写真⑤のやうに、「キツネ頭」(笑)になっちゃう。こーなるともう、曲のストーリーとコスチュームとの関連性は割と希薄。ちなみにこの「キツネ頭」は体に真紅のドレスをまとっていて、名盤「フォックストロット」のジャケットに描かれているモノと同一です。てっきりこのコスチューム、同アルバムのどれかの曲かと思っていたら、「ミュージカル・ボックス」だったのデスね。このカッコウで「ホワイ・ドント・ユー・タッチ・ミー??」とか叫ぶのだから、もーマニアにわタマリませんわ~。(笑)

20080614_6で、やっぱ最後わコレっ!!超有名な通称「フラワーマン」(笑)です。(写真⑥)「フォックストロット」に収録されているレコード片面全部を費やした大作「サパーズ・レディ」でのコスチュームです。ちょうど同曲の中間部あたり、「ア・フラワー??」の掛け声とともに登場します。ガブリエルは花びらの被り物をして、あたかも一輪のお花になったかのごとくに、奇妙なモーションでステージ中を動き回りながら熱唱します。ガブリエルのステージの、演劇的要素の強さを良く表している1シーンですネ。

...ってなワケで、みなさん楽しんで頂けましたでしょーか??で、ちっとハナシが変るケド、今年わ7月にリック・ウェイクマンが、10月にキース・エマーソンが、それぞれ自己のバンドを率いてソロとして来日公演をします。ともべわ昨日、どっちもチケットおGETしました。期せずして2大キーボード奏者を両方観れちゃう年って...なんかなぁ~??(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

ガブリエル時代ジェネシスのライヴDVD!!

20080607_1 写真①わ先般リリースされた、ピーター・ガブリエル在籍時のジェネシスのライブDVD、「ザ・ラム・ライヴ」。もちブートなんだけど、昨今の西新宿ブート業界でも「話題騒然っ!!」な1枚です。ジェネシスのガブリエル時代の映像っていうと、通称「オックスフォード」って呼ばれている「月影の騎士」時代の映像が一番有名なんだけど、今回のわ初出。なんてったってあの「幻惑のブロードウェイ」時代のライヴ映像です。ちなみにコレをリリースしてる西新宿の某ブート屋さん、反響が絶大でもータイヘンだって言ってました(笑)。そりゃ~あの伝説とまで化しているブロードウェイの映像だもの...みーんな観たいよネ...(ともべだって観たい(笑))

20080607_2収録時間は正味26分ぐらい。ちょっと短いんだけど、「幻惑のブロードウェイ」のライヴをダイジェストでと、おそらくはアンコールの「ミュージカル・ボックス」が収録されています。1975年3月29日のスイスでのライヴで、ステージを8ミリビデオで撮影した映像に、同会場で同時に録音されていたオーディエンス録りのライヴ音声をかぶせてあります。映像と音声の同期がちゃーんと取れているので、ライヴの映像作品としてわ全く違和感なく楽しめますよ。

ちなみに画質のほーわ若干ボケも入っているんだけれども、どうやら8ミリ・ビデオのフォーカスがステージ全景で合わせてあったらしく、近景にズームインするほどにピントがぼやける傾向があります。でも、まっ、収録時間とか画質の問題とかはさておき、ジェネシス・マニアとしてわ「観れるだけでも思わず合掌してしまう」(笑)映像であるコトには間違いありませんネ!!

20080607_3...で、最大の焦点わガブリエルのライヴ・パフォーマンスなんだけれども、当DVDに収録されているのは大きく3種類です。まずはステージの全体を占めていると思われる、Tシャツに黒のレザー・ジャケットの姿。(写真②)コレがおそらく主人公「ラエル」のノーマルな姿なのでせう。「ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ」や「バック・イン・NYC」、「イット」などの代表的なナンバーは、全てこのコスチュームで歌われます。

さらに、上半身裸で、顔から下を真っ黒に塗った姿。これわ後のフィル・コリンズ体制でも18番となる、「イン・ザ・ケイジ」でのコスチュームです。おそらくストーリー的に何かしらの意味があるのでしょーが、ともべわ歌詞の物語の理解にまでは至っていないので(えらいシュールで難解らしい...)、でも同曲がこのカッコウだったのわ既発のオフィシャル映像にも収録されていて、まあ有名なトコロでしょーか??全体的にこのブロードウェイ時代のライヴ・コスチュームは、「フラワーマン」(笑)やら「きつね男」(笑)やらが次々出てくる「月影の~」時代に比べると、極めて地味な印象を受けました。これも演奏曲の辛口なコンセプトによるところですかねぇ~??

20080607_4でっ!!でっ!!でっ!!(シツコイか...)みーんなが一番観たいのが、写真③と写真④にある、モコモコの着ぐるみの映像!!もーコレが「動いてる」だけで、「生きててよかったぁー!!」(笑)ってなカンジの超衝撃映像です。もともと同時代のライヴ・フォトなんかではつとに有名だったこのコスチューム、「アレわ何なのか??」って、ずーっと話題のマトでした。実わコレ、物語の中に登場する「スリッパーマン」だったのデス。

ライヴの映像でも「コロニー・オヴ・スリッパーマン」のところでこのコスチュームで登場してきて(この瞬間、会場から拍手、歓声、笑い声なんかもスゴイです)、このカッコウで同曲をステージ中を異様な動きで歩き回りながら熱唱します。もーこの映像だけでも「感激っ!!」。当のガブリエルは、コスチュームの頭のトコロにマイクを手で差し込んで歌っていますが、当時の他メンバーの証言で「コスチュームが大掛かりすぎて、マイクに声が乗らないコトもあった」なーんてのも、うなずけるハナシですネ。

あと、ステージ後方にはスライドを映写する巨大なスクリーンがあるのも判りました。また、ステージ全体に広さからも大きな会場であることは明白です。当時のジェネシスのステージが、ガブリエル在籍時からすでに後の「セコンド・アウト」に通じるような規模の大きさ・ビジュアル要素を持っていたことを示す、格好な映像資料にもなっています。

ちなみに当の現行版・再結成ジェネシスは、去年のワールド・ツアーのDVDがリリースされて、PAL盤ですがもう日本にも入ってきています。NTSC盤のリリースももうすぐでしょう。その中にはまた、特典映像としてこの「ブロードウェイ時代の」ライヴ映像がちょこっと収録されているとのこと...。過去のヒストリー・ビデオにも一部が収録されていましたから、きっとジェネシス・サイドには完パケの映像記録が保持されているのでせう。

コレ、オフィシャルで出しなさいっ!!(キット売れるよ...(笑))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »