« ともべのニュー・アルバムがチャート・インしました!! | トップページ | 2008年アフターセブン・コンサート大成功!! »

2008年11月23日 (日)

ジェネシスのボックス・セット第3弾!!

20081122_1 写真わ10月に発売が予定されていて、延期にはなったものの、先日無事にリリースされたジェネシスボックス・セット第3弾です。今回リリースになったのわ、2ndの「トレスパス」から6thの「幻惑のブロードウェイ」までのピーター・ガブリエル在籍時の5枚に、もちボーナス・ディスクが付いた6枚のセットです。

(正確にわ、うち5枚がそれぞれSACDとDVDの2枚組みで、「幻惑のブロードウェイ」のみがSACD2枚とDVD1枚の3枚組み。合計13枚組みの大作ボックス・セットなのデス。)

ちなみに輸入盤の価格帯が実勢価格で¥20,000ぐらい。来年1月にリリース予定の国内盤紙ジャケを5枚まとめて買うと¥25,000ぐらいだから、ボックス・セットのみのボーナス・ディスクが付いてくるコトも考えると、

コッチのほーが断然おトクっ!!

です。ただ今回、DVDの特典映像には全作ロング・インタビューが入っているので、国内盤に日本語字幕が入っていることを考えると、国内盤紙ジャケにも一定のメリットがあるのカモ知んないデス。あと、DVDには例によってNTSC盤とPAL盤があるので、購入の際は要注意ですヨ!!

20081122_2...で、問題の内容なんだけど、CDのほーわ例によって

音質がバツグンに良いっ!!

もー...

「これぞ決定打っ!!」

ってなカンジ。

(まあ、ともべわSACDの再生環境を持っていないので、ハイブリッドCDの2チャンネル・トラックのみ聴いているワケですが...SACDのマルチ・チャンネルはもっと素晴らしいのでしょーネ!!)

このジェネシスのボックス・セットも今回第3弾となって、いままでもこの日記でレビューを書いてきた通り、

「リマスターとあるけれど、リミックスみたいに印象が違う!!」

ってカンジだったんだけれども、どーやら最新の情報では、SACDトラックの5.1サラウンドだけぢゃーなくて、

ステレオ2チャンネル・トラックもぜーんぶリミックス!!

らしーです。だからドラムの音の立ち具合とか、既発ものとわゼンゼン違います。ただ、リミックスとは言っても従来の音楽の印象はまったく崩していないので、愛着のある曲も違和感なく楽しめる、非常に好感の持てるリミックスです。

20081122_3今回の中でも特にオススメなのは「フォックストロット」「月影の騎士」の2枚。この素晴らしい名作2枚が、極めつけの決定打的な音質で鮮やかに甦ります。あと、「幻惑のブロードウェイ」。今までこのアルバムって、CD2枚組みの大作の中に複雑な楽曲がゴチャゴチャと詰め込んであって、優れた作品であることわ判っているんだけれどもイマイチ愛着が持てなかった。それが今回鮮やかなリミックスで全体の音のメリハリも効いて、

ようやく「完成形になった」

と感じます。ここに及んで、ともべもよーやくこの作品の真の素晴らしさが判るよーになりました。

特典のボーナス・ディスクはガブリエル在籍時のアルバム未発表曲(「ハッピー・ザ・マン」など)や未発表BBC録音、さらには通称「ジャクソン・テープ」と呼ばれている初期のデモ・テイクなどが収録されています。音的には多分に荒削りな印象が強いんだけれども、驚くべきはこの「ジャクソン・テープ」です。「トレスパス」発表以前の録音ながら、すでにあちらこちらに後の代表曲の一部分、とゆーかモチーフを含んでいて、とても興味深い貴重なテイクとなっています。

20081122_4...で、今回の目玉わナンといっても、DVDの特典映像に

ピーター・ガブリエル在籍時のライヴ映像がタップリと収録されている

点です。作品的には、「フォックストロット」、「月影の騎士」、「幻惑のブロードウェイ」、それにボーナス・ディスクの「ジェネシス 1970-1975」にもライヴ映像が収録されています。これぜーんぶ観ると、

以前からブート等で出回っていた映像ネタは全て網羅しているカナ??

ってなカンジです。

まずは「フォックストロット」に収録されている1972年のベルギーでの映像。これわまだガブリエルが

例のコスプレ(笑)

を始める前のライヴで、「サルマシスの泉」なんかを演っている以前から有名な映像です。次に「月影の騎士」に収録されている1973年のイギリスでのライヴ。これが一番有名な通称「オックスフォード」っていわれている映像なんですが、完全収録ながら、画質はイマイチです。ブートDVDのほーがもうちょっと画質がいいくらい。さらに同じく「月影~」に収録されている1973年パリでの映像。ここでは有名な「キツネ頭」を見ることができます。

さらには「幻惑のブロードウェイ」に収録されている1974年パリでのライヴ。このあたりになるとガブリエルのパフォーマンスも

「もはやヤリ過ぎ」(笑)

の境地に到達していて、

そのイキっぷりと他のメンバーのイヤそーな表情とのギャップ

がカナーリ笑えます。最後にボーナス・ディスクに収録されている「ウォッチャー・オヴ・ザ・スカイズ」「ミュージカル・ボックス」の2曲。ブックレットにクレジットがないので年代や場所が判りかねるんですが、明らかに1974~1975年頃の映像です。画質はあまり良くないながら、ここでもさらなる

「コスプレのグレードアップ」(笑)

が見て取れます。今回のライヴ映像全体に、ほぼ時系列で並べられているので、

ガブリエルが加速度的に「紙一重」(笑)になっていく

様子が見て取れて、非常に興味深い内容です。

ただ今回の映像、「幻惑のブロードウェイ」時代の映像が入っていないのがちょっと残念なんですが、インタビュー映像の中なんかで一瞬出てきたりもするので、ジェネシス・サイドにはブロードウェイ時代のライヴ映像も存在していると思われます。こっちわ今後の「ライヴのボックス・セット」に収録されるコトを期待しましょー!!(「ライヴのボックス・セット」も、もちろん出ますよね???(笑))

...てなワケで、まだ買ってないヒトわ、CDショップに急げえぇぇぇぇっ!!初回限定だから、買いそびれると後からわ手に入んないよ...)

|

« ともべのニュー・アルバムがチャート・インしました!! | トップページ | 2008年アフターセブン・コンサート大成功!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/43194975

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネシスのボックス・セット第3弾!!:

« ともべのニュー・アルバムがチャート・インしました!! | トップページ | 2008年アフターセブン・コンサート大成功!! »