« UKZの来日公演を観てきました!! | トップページ | ムーディー・ブルースとルネッサンスのライヴDVD!! »

2009年6月22日 (月)

オーバーオール・ミュージックOBのライヴを観てきました!!

20090621_1 先日の6月20日(土)に、立教大学オーバーオール・ミュージックOBのライヴを観に行ってきました!!場所わ渋谷のライヴ・ハウス「ギルティー」。(写真①)立教大学の軽音楽サークルが良く使っているハコらしくて、居心地が良いので、ともべ的にも大好きなお店です。

ライヴの正式な名称は、「フリー・ジャム 2009」。オーバーオール・ミュージックOBの「Oさん」によって、毎年開催されているライヴです。

Oさん、毎年ご苦労様っ!!

あと今回わ、ともべの3年先輩(ともべは1年生だったときに、4年生だった...)の、「Yさん」のご招待で、タダ券で観ることができました。

Yさん、どうもありがとうございました!!

20090621_2会場に着くと、先輩の「Kさん」に遭遇っ!!

「お久しぶりですぅ~!!」

ってなワケで、一緒のテーブルでライヴを「観戦」(笑)するコトになりました。テーブル席に座れて、バーの生ビールも美味しくて、最高に気持ちの良い一夜になりました。やっぱこの「ギルティー」ってハコわ、いいっス!!

今回の出演バンドは3バンド。1バンド目は「重金属ノスタルジア」(写真②)バリバリのヘヴィー・メタルのバンドです。昨今、仕事のストレスでお疲れ気味だったともべですが、ヘヴィー・メタルの激しい演奏・パワーと生ビールのホロ酔い加減で、ユウウツなアレやコレや(笑)を、すっかり吹き飛ばすトコができました。季節も初夏だし、まずはこの

「熱い演奏」に感謝っ!!

曲は1曲も知らない曲ながら、プログレっぽい曲なんかもあったりして(最後の曲なんか...)、とっても楽しかったデス。

20090621_32バンド目は「Tide Pool」(写真③~⑥)。ともべが大学1年生だったときに、4年生でおられた先輩方のバンドです。実わ今回、このバンド見たさに駆けつけた感があって、なぜかとゆーと、従来TOTOのコピーなんかをメインで演っておられたこのバンド、今回わ

「プログレを演るっ!!」

ってなコトだったので、コレわもーともべ、観ないワケにはいきません。ステージの開始前にホールにクラシックのオーケストラ演奏が鳴り響いて(YESみたい...(笑))、1曲目はEL&P「庶民のファンファーレ」でした。ともべもーエビぞっちゃって、

脊椎折れそー!!(笑)

で、一応、今回のTide Poolのセット・リストを書いておきます。

20090621_41.庶民のファンファーレ(EL&P)

2.クリムゾン・キングの宮殿(キング・クリムゾン)

3.レッド(キング・クリムゾン)

4.21世紀の精神異常者(キング・クリムゾン)

5.シルヴィア(フォーカス)

6.悪魔の呪文(フォーカス)

7.タイム(ピンク・フロイド)

8.コンフォタブリー・ナム(ピンク・フロイド)

9.悪の経典#9 第1印象パート2(EL&P)

このセット・リストを見ただけで、会場のともべがいかに狂喜していたかが、知れようとゆーモノです(笑)。

とにかくステージ全体に関して思ったコトわ、

「ウマいヒトわ、何を演奏してもウマいっ!!」

と、ゆーコト。バンド・メンバー全員がものスゴいテクニシャンで、しかもバンドとして息が合っているので、

「プログレなんて初めて...」

な~んておっしゃっておられましたが、ヘタな日本や海外のプロのプログレ・バンドなんかよりも、はるかにウマかったデス。

20090621_5しかもメンバー全員が、

「音楽を良く知っている」

のが、良く判るステージでした。こーゆーコピーの場合だと、オリジナルの原曲があって、そこから

「何を真似たらイケナイか??何を付け加えなければいけないか??」

を良くご存知なのだと思いました。ともべ、原曲をぜーんぶ知っているのでワカルんだけれども、ドラムの「Kさん」は、カール・パーマーのフレーズをゼッタイに叩かなかったし、原曲になくとも必要な場合はギター・パートやソロを挿入したりなど、「音楽を自分たちのものとしてちゃーんと昇華している」点が、何より素晴らしかったです。

ステージの各曲として、素晴らしかった点は数しれず...でも幾つか挙げておくと...

20090621_6「クリムゾン・キングの宮殿」では、例のコーラスの部分を3人で良くハモっていました。なんかデビュー当時のクリムゾンのライヴみたい...。

「レッド」「21世紀の精神異常者」みたいなジャズ・ロック寄りのナンバーは、さすがに元々がクロス・オーバーやフュージョンを演ったおられた先輩方なので、タイトな演奏がさすがでした。「21世紀~」の例の変態ユニゾン、本家本元でさえ、ベースまではユニゾンしていないのに...(笑)

「シルヴィア」は、個人的には一番ウレしかった曲です。さすが「Wさん」の達人ギターで、とっても美しかった。

・キーボードの「Yさん」、今回も素晴らしかったです。YAMAHAのキーボード1台でも「完全にマルチ・キーボード!!」。「~宮殿」のフルート・ソロで美しいディレイがかかっていたり、ピンク・フロイドの曲で空間的な色彩感を出したり、EL&Pの曲でのアグレッシヴなオルガン・ソロなど、本番のステージだけではなくて、事前の準備がいかに入念になされていたかが良く判る演奏でした。

ピンク・フロイドの2曲では、「Wさん」がギターをストラトキャスターに持ち替えて、このストラトが素晴らしくイイ音がしてました!!デイヴ・ギルモアのブルージー&アグレッシヴかつ空間的なギター・サウンドがバッチシ!!でしたネ。

「悪の経典#9」は、第1印象の後半をフル・バージョンでした。本家のEL&Pでさえ難易度が最も高くてステージでも不安定なこの曲を演奏しちゃうのですから...ハッキリ言って本家本元よりウマかったです。

ただ1つ気付いたのわ、半ば発狂寸前(笑)のともべに比べ、客席の客層は

「ぷろぐれって、なぁ~に???」

みたいな世代も多かったコト。今回のTide Poolステージ、プログレ・マニアの集まる前で演ったら、全員大狂喜は確実だったでしょーから...一般のオーディエンスの前だけで演るのは、ちょっと勿体無い気がしました。それでも客席の反応は、とってもウケてましたが...。

20090621_7...で、3バンド目が「PRG」。(写真③)奥田民生のコピー・バンドです。今回のトリを務めてくれました。奥田民生に関しては良く判らないんですが、全体にユル~いアンサンブルが魅力的なバンドでした。ギターのプレイが年季が入ったカンジで、ベースが女性だったり、途中キーボード奏者のゲスト出演なんかもあったりして、息の合った演奏を聴かせてくれました。

...ってなワケで、今回わどーしてもプログレを演ったTide Poolの内容がメインになっちゃいましたが、他のバンドのヒト、すんませ~ん。(笑)

夜9:00頃にライヴはハケて、それから

「打ち上げに乱入っ!!」(笑)

Tide Poolの先輩方と、夜11:00過ぎまで飲んだくれてました。さらに山手線乗り過ごして、結果西武線の終電に間に合わなくて、途中からタクシーで2時頃家に帰ったとゆー、オマケ付き。(笑)

出演者の皆さん、どうもお疲れ様でしたー!!

(来年も演ってネ!!)

|

« UKZの来日公演を観てきました!! | トップページ | ムーディー・ブルースとルネッサンスのライヴDVD!! »

コメント

ともべさま
こんばんは。
レポ読みました・・・。ぼくもびっくりの選曲ですね!我々のサークル仲間では最強のテクニック集団だったTIDE POOLがプログレをやるなって。かつてKBのY先輩がRウェイクマンやってみたかったとか、BのU先輩は,「エルサレム」コピーしたことがあると聞いたことがありましたが、よもや全曲プログレ、しかも、宮殿や悪魔の呪文なんて、かつての私たちが演奏したレパートリーを取り上げるなんて、時代は変わるものです。
W先輩のギルモアやアッカーマンとか見てみたかったなぁ。一緒に行けなかったので申し訳なかったのもありましたが、ともちゃんもすごく楽しんでいたみたいで何よりです。ではまた。そうそうGGはいつだっけ?

投稿: かっしー | 2009年6月22日 (月) 00時53分

かっしーさん、こんにちは!!

そう、ともべもビックラの選曲でした!!
もともとが超テクニシャンの先輩方なので、シルヴィアやレッドなんかは良く判るのデスが、よもや「宮殿」や「悪魔の呪文」とわ...。確かにネクラが昔演ったレパートリーと同じですネ!!
でもやっぱ、ハッキリ言って今回の先輩方のほーが、ウマかったです。ネクラがブ厚いキーボード群で誤魔化していたトコロを、Tide Poolは正攻法でバンド・アンサンブルの屋台骨がしっかりしていましたから...。ちなみに例のヨーデルわ、U先輩が歌ってました!!(笑)
W先輩のギルモアやアッカーマンは超ウマかったですよ!!自分のフェイバリットなアーティストの曲を先輩方に演奏してもらえると、なんかとっても嬉しくなっちゃいますよネ!!
今回、かっしーさんが行けなくなったので、ともべが観れたワケだけれども、できれば一緒に観て、打ち上げでも一緒に盛り上がりたかったです!!「超盛り上がり」わ、確実だったのにー!!(笑)
あ、GGわ9月19日~21日です。ともべわ19日のチケットをGETしました。でも「ジェントル・ジャイアント」で検索すると、たぶんヒットしません。正式なバンド名は「スリー・フレンズ」で、正確には別バンドとゆーコトになっていますから...。
でわでわ。。。

投稿: ともべ | 2009年6月27日 (土) 23時14分

Tide PoolのキーボードのYです。いつもライブリポート有難う。しかしはっきり言って褒めすぎです。みんなリハでもトチらないところをトチッたり、ありえないアクシデント(私の場合、最も押していけないスイッチを押して音が出なくなったり)が起こったりして、まぁ点をつけるとすれば60点から70点の間くらい。プログレ(特に今回の選曲)はテクニカルというよりも、記憶力との戦いだということを思い知りました。ちょっと気を許してノルと、どこやってんだかわかんなくなるし、もう狂ったように転調が多い!打ち上げ後、DVDの見れるカラオケボックスに行って反省会やりましたが、酒が入っていたためか、「思ったよりひどくないじゃんよ、良かった、良かった。」とわりといい気分になったのですが、一夜明けてそれぞれDVDをしらふで見たところ、音が素晴らしくクリア=シビアに録れていたこともあり、みんな(ToT)連発で、落ち込んでます。
練習不足を打ち消す勢いと、「やっちったー」という素振りを見せないでやってるから(これは30年のキャリアですな)、観てくれている人にはとりあえず、ってところはあるかもしれないけど、ほんとは中々厳しい内容でした。
ま、プログレ初挑戦だから‥、って言いながら慰めあってます。だからいくつになっても辞められないんだけどね。次こそ、もっと上手くやろうってね。
とはいえ、ともべの有難すぎるコメントで、ちょっと救われました。
来年は若いボーカルも帰ってくる(と思う)ので、YESやりたい!Rick Wakemanやりたい!なんだかんだいってプログレ面白かったなぁ。
最近の日本のインディーズ系やポップロックバンドのアレンジってなんかプログレ要素入ってない?ちょっと別の意味で「きてる」感じがするんだけどなぁ。こういう時代だから様式美みたいなことね。
‥なんてことで、有難うございました!!

投稿: キーボードのY | 2009年6月29日 (月) 10時37分

Y先輩、こんにちは!!

長文のコメントをどうもありがとうございます!!
先日はどうもお疲れ様でした!!

演奏の後に録音テープ(今はDVD...)聴いて、落ち込んだのは、昔のネクラ・オールスターズも同じです。(笑)でもやっぱ、演ってる当事者が一番曲を判りすぎているだけで、気にしているホドには、観客にはネタバレていないとゆーのも、やっぱ同じかと...思いますです。

会場のお客さんには、素晴らしい演奏としか映らなかったと思いますよ。本文とダブりますが、日本のプロのプログレ・バンドなんかより、はるかにウマかったです。だって今の日本のプログレって、ミスするホド難しいコト、ハナから演らないんだもん...。それだけ今回のTide Poolの演奏が高度なコトを演っている証拠だと思いました。フツー出来ないです、今回みたいな難易度の高い選曲。
で、お客さんが喜んでくれたんだから、ライヴは万事OKだと思いますが...生意気ですが。

プログレって、やっぱ面白いと思います。ってゆーか、Y先輩に面白いと思って頂けて、嬉しいです。今後も、1ステージぜーんぶプログレは難しいかも知れないけれど、一部の曲だけでもプログレとか...ぜひ続けて頂きたいと超期待しています。

日本のロックなんかで、プログレっぽい要素が入っているのは、やっぱともべも前々から感じていました。従来的な単調のロック一辺倒では、やっぱ飽きられてしまうのと、それにメインのアレンジャーさんやプロデューサーさんがそーゆー世代なのでわないかと...思いますですね。

最後にともべから、リクエストを1つ
Tide Poolの演奏で、コロシアムⅡの曲を聴きたいですっ!!あのメンツでコロⅡを演ったら...って、考えるとゾクゾクします。
ぜひぜひお願いしますっ!!

それでは、今回はどうもありがとうございましたっ!!

投稿: ともべ | 2009年6月30日 (火) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/45413080

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーオール・ミュージックOBのライヴを観てきました!!:

« UKZの来日公演を観てきました!! | トップページ | ムーディー・ブルースとルネッサンスのライヴDVD!! »