« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月27日 (月)

ラッシュの紙ジャケが発売になりました!!

20090726_1 写真わ先般リリースされた、ラッシュの紙ジャケCD12枚。今回リリースされたのわ、1st「閃光のラッシュ」から14th「ホールド・ユア・ファイアー」までの合計12枚です。なぜか今回のラインアップからは、2枚のライヴ・アルバムは抜け落ちています。ちょっと残念...。

そもそも今回の紙ジャケ、ホントーわ

「大人買い」(笑)

するつもりはなかった。もともとプラケのCDでも「パーマネント・ウェイブズ」1枚しか持っていなかったので、学生時代にはケッコウ聴いてはいたんだけれども、それほどコダワリはなかった。ただたまたま立ち寄ったCDショップで並んでいるのを見かけて、とりあえず「最高傑作」と言われている「西暦2112」「パーマネント・ウェィブズ」「ムービング・ピクチャー」の3枚のみを購入してみました。で、改めて聴きなおしてみると、

これがエラい良かったっ!!

そこで慌ててHMVのオンライン・ショップに残り9枚をオーダーした次第です。ラッシュを全体を聴く、イイ機会だと思ったしネ。

ただ、今回このブログでラッシュの音楽に関してあれこれ言うのは、ちょっと気が引ける気がします。と、ゆーのもある種、熱狂的なファン層(ほとんど「ラッシュ信者」に近い...)を持っているバンドだけに、ともべの浅薄な解釈では、適切な内容が書けないからです。今回初めて12枚まとめて聴いたので、まだまだ

「ラッシュ初心者」(笑)

ですから...。

20090726_2ただ12枚ぜーんぶ聴いた感想としては、ラッシュっていうとプログレ的な要素が強いイメージがあったのだけれど、ちょっと

「プログレの耳だけで聴くにはちょっとツラい...」

イメージを持ちました。例えば、ドリームシアターなんかがメタル・ファンには「プログレ」と認知されていても、純然たるプログレ・ファンの耳には

「ゼッタイにプログレには聞こえない」

のと、同じよーな感じカモ知れないデス。ラッシュの音楽に関しても、複雑な変拍子や大作志向の曲構成、哲学的な歌詞など、プログレ的要素は満載ながら、どーしても「純然たるプログレ」にわ聴こえない。

1つには、彼らが「ギター・トリオ」であるとゆーコトが、一番大きいと思います。一般的にプログレってゆーと、

花形は「キーボード」

ですから...。ともべも一応シンセ奏者なので、どっちかとゆーとキーボードがメインのプログレばっか聴いていて、だからラッシュみたいなストレートなギター・トリオの音楽って、ちょっと解釈に困る...。実際、彼らの音楽ってプログレばっかぢゃーなくって、レッド・ツェッペリンの影響も多大ですから...。ストレートなシンプルさとプログレ的な複雑さが混在しているバンドなので、聴いていてちょっと「音楽的な立ち位置」が明確に把握できなくなるのデスね。(あくまで「ともべの耳には...」と、ゆーハナシです。念のため...)

ただ、そーいったある種の「抵抗感」わあるにせよ、ラッシュの音楽を今回非常に魅力的に思ったのも、また事実です。特にニール・パートの超テクニカルかつタイトなトラミング。このドラムのリズムに身を委ねているたけで最高に気持ちが良いのだから、ある種

「中毒性のある」(笑)

音楽です。あと、彼らの音楽の「ストーリー性」。基本「ロック・オペラ」なので、それを他のプログレバンドだったらシンフォニックなキーボードたっぷりに表現してしまうところを、最低限のシンセ音だけで、シンプルにギター・トリオで表現してしまうトコロが、やっぱ彼らのスゴさでしょー。

20090726_3あと興味深いのは、ラッシュの音楽を理解するためには、歌詞の理解が必須であると言われている点です。ファンが歌詞の理解を前提に音楽を聴いているバンドって、あんま無いと思う。実際、日本国内のみならず、世界中に

「ラッシュの歌詞だけを専門的に研究している」

ファンも大勢いるらしく、ロック界では珍しい例だと思います。(これがボブ・ディランとかだったら、まだワカルんだけれどもネ...)

歌詞の意味が非常に哲学的かつ深遠なのわ、他のプログレ・バンドも同じです。でも「歌詞の理解を前提に音楽が聴かれている」のわ、せいぜいピンク・フロイドぐらいぢゃーないでしょーか??例えば、イエスジョン・アンダーソンの歌詞を、意味を理解した上で音楽を聴いているイエス・ファンを、

ともべわ知りません(笑)。

ジェネシス「幻惑のブロードウェイ」わ、過去様々な観点から歌詞の解釈が行われたよーですが、あのピーター・ガブリエルの超難解な叙事詩を、「内容を理解して聴いている」ファンわ、全く不理解なともべも含めコッチもごくまれでしょー。

プログレ・ファン(特に日本の...)の一般的なスタンスわ、

「ハナから理解できないものわ、とりあえず完全に無視して、純粋に音楽だけを楽しむ」(笑)

だと思うのです。だから一般的にプログレの歌詞がいかに意味深長なものであっても、あまりそこには深く言及されない。まあ、

「ワケの判らなさの度合いにもよる」(笑)

のでしょーが、だからラッシュの音楽の歌詞を重視した聴かれ方が、より一層ユニークだと思うのデス。

最後に、ラッシュの音楽的な変遷を少し。デビュー・アルバムの「閃光のラッシュ」では、まだまだ彼らが信奉するレッド・ツェッペリンの影響が大です。でもすでにここから、後のプログレ的な要素もチラホラ...。2ndの「夜間飛行」でドラムスがニール・パートに交代し、黄金のラインナップが完成します。ここから4th「西暦2112」までで、ラッシュの音楽は完成期を迎えます。

ライヴ盤を1枚はさんで、6th「フェアウェル・トゥ・キングス」から9th「ムービング・ピクチャーズ」までは正に絶頂期っ!!充実した内容と、圧倒的な完成度を誇っています。さらに2枚目をライヴ盤をはさんで、11th「シグナルズ」から14th「ホールド・ユア・ファイアー」までは、よりシンプルかつ現代的になった、方向転換期です。やや、当時全盛を極めていた「産業ロック」からの影響もいくらか見て取れます。

...ってなワケで、今回のラッシュの紙ジャケCD。リマスタリングが10年以上前と古い点と、でもジャケットはオリジナルのカナダ盤を忠実に再現しているなど、ファンの間では賛否両論なよーです。でも、ともべ的には今後この深遠なバンドを深く研究していく上で、格好のリリースだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

エニドのベスト盤がリニューアルされました!!

20090719_1 写真①わつい先日リリースになったエニドのベスト盤「シーツ・オヴ・ブルー・アンソロジー・1977-2008」

「え”??コレって、ずーっと前からリリースされていたヤツじゃん??」

って言ってるそこのキミ、

ちょっと甘い。(笑)

2006年にリリースになったのわ、同名のアンソロジーでも「1975-2004」。そう、ジャケットもタイトルも同じながら、

こっそり、リニューアルされちゃったノダ。(笑)

...で、どこがリニューアルされたのかとゆーと、まずは年代。前回のが「1975-」となっていたのは、1st「イン・ザ・リージョン・オヴ・ザ・サマー・スターズ」からの2曲が、EMIオリジナル盤と同一マスタからのラフ・ミックス版を収録していたからで、今回のわ1984年リリースの再録音バージョンを収録してあります。つまり、最も古い音源で2ndの「エアリー・フェアリー・ナンセンス」からの収録曲となるワケで、したがって今回のタイトルは「1977ー」となっているワケ。でもハッキリ言っちゃうと。1stからの曲はEMIバージョンで(つまり、フランシス・リカーリッシュさまがギターを弾いてるバージョンで)収録して欲しかったと思います。

20090719_2さらに、終わりの年代が前回は「-2004」となっていて、これは一番新しい録音が「ホワイト・ガディス」からの曲だったからで、今回はこれが「ー2008」となっています。これは、

今回のベスト盤の一番の目玉!!

最新曲の「マラキャンドラ ーザ・サイレント・プラネット」が収録されているからデス。この新曲の内容に関しては、後述します。

あと、他の収録曲に関しても前回より取捨選択されています。「エレジー」「レインダウン」「ニムロッド」「プレリュード」の4曲がカットされて、新たに「ザ・ビスケット・ゲームズ」が追加になっています。前回、クレジットだけで実際には収録されていなかった「ドリーマー」に関しても、今回はちゃーんと収録されています。さらに曲順も、前回はアルバム・リリース年代ごとの並びだったのが、今回はアルバム全体の構成や曲の流れを考慮してか、ランダムな曲順に変更になっています。でも今回の収録曲、エルガー「エニグマ変奏曲」からの「ニムロッド」を外したのわ、

ちょっと痛いと思うぞ。

この曲のスタジオ録音テイクはオリジナルのアルバムには未収録(もともとは「リヴァプール」とゆー、エニド・ファン向けの自主プレス・アルバムに収録されていた)のものなので、今回のリリースの希少価値を上げるうえでも、ぜひ収録して欲しかった。

20090719_3さらに今回のリリースのメリットわ、全曲にリマスターが施されている点です。前回と今回で、ちょっと聴き比べをしてみたんだけれど、聴感上は多少音質が鮮やかになったよーな気がします。(まー、ビミョーな違いなんですが...(笑))あと、全体の収録曲に関しては、上の画像(写真③)を参照してください。(クリックして拡大して見てネ!!)

...で、カンジンの最新曲「マラキャンドラ -ザ・サイレント・プラネット」なんですが、これわ本国のエニドのサイトでは去年から「マース」のタイトルでダウンロード配信されていたモノです。コレがよーやく完成して、

めでたくCDプレスされるに至りました!!(パチパチ...)

全編で12分41秒もある大曲です。ちょっと聴いたカンジ、まあ、最近のエニドっぽい。と、ゆーか、昨今のロバート・ジョン・ゴドフリー御大の嗜好を良く表していると思います。つまり、

「良くも悪くも、グスタフ・マーラーのシンフォニー寄りの作風」(笑)

です。全体が3部構成になっていて、

・第1部が壮大なシンフォニー

・中間部が「サムシング・ウィキッド・ディス・ウェイ・カムズ」に通じるような歌モノ

・そして最終章が第1部の再現となるようなシンフォニー

となっています。メンバー的にも現在のR.J.ゴドフリーデイヴ・ストレイマックス・レッドジェイソン・デューカーの4人で録音されていて、現在のエニドの状況を良く反映しています。ただ、3部構成の全体に脈略・統一感がやや不足しているのと、いかんせん「マーラー的」なので、音楽の明瞭な判りやすさといった点では、やや疑問も残るところです。全体的にはとてもエニドらしい佳曲ながら、

過去の諸作品を焼直してパッチングした

印象も若干拭えないです。

20090719_4さらに、最近のエニド関連のリリースをもう1パツ。写真④は先日ブループリント・レーベルからリリースされたDVD「ストーンヘンジ1984」です。このDVDに、ロイ・ハーパーホークウィンドにまじって、エニドのステージも収録されています。(写真②、⑤)

エニドの1984年ストーンヘンジ・フェスティヴァルでのライヴってゆーと、2004年にチェリーレッド・レーベルからリリースされたDVD「サムシング・ウィキッド」にも収録されているんだけれど、それとわ

収録曲目が違うのが今回のミソ。

「ソング・フォー・ヨーロッパ」「サムシング・ウィキッド・ディス・ウェイ・カムズ」(完全収録でないのが惜しいっ!!)の2曲はこちらにのみ収録されています。あと、DVDケースの曲目クレジットは

大ウソ。(笑)

さらに収録されているのは「アンド・ゼン・ゼア・ワー・ノン」「ザ・ラスト・ジャッジメント」の2曲で、合計4曲です。

20090719_5このエニドのストーンヘンジでのライヴは、VHSのビデオでは完全収録版がリリースされていましたから、こっちのDVD化も期待したいですネ!!今回のDVDは画質はあまり良くないながら、R.J.ゴドフリースティーヴン・スチュワートの2人によるステージ・パフォーマンスがとってもカッコ良いです。特に「ザ・ラスト・ジャッジメント」での音楽の盛り上がりようには特筆すべきものがあって、

思わず鳥肌がぁぁぁぁぁ...(笑)

さらにDVD全体では、ホークウィンドのステージ上での、女性ダンサーを何人も交えて狂ったやうに踊りまくる祭典的

「ガ○キチぶり」(失礼...)

とか、当時(とわいっても、1980年代なんですが...)のイギリスのヒッピー達の「乱きち」ぶりとか(ライヴ会場でドラッグとか平気で売ってたり、警察の機動隊と衝突したり...)、

カナーリ笑えてとっても楽しめます。

これじゃー当フェスティヴァルも、この年で中止になったはうなずけるハナシですネ。

...ってなワケで最近のエニド関連リリース2品、どっちもワリと「ひっそりと」売れられているので、欲しいヒトわ西新宿の「ガーデンシェッド」さんあたりを要チェックですよー!!

追加情報:

当のエニド本体は、遂に活動を再開した模様です!!この9月から10月にかけて、オランダを含む6ヶ所でのライヴが予定されています。でもそんだけ精力的にライヴ活動を再開させるんだったら...

その勢いで、日本にも来なさいっ!!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ムーディー・ブルースとルネッサンスのライヴDVD!!

20090627_1 イロイロと多忙で、2週間も日記が空いちまいました...すんませ~ん。決してブログ更新を止めたワケでわないので...またご愛読のほどを、よろしくお願いいたしま~す。

...で、本日のネタは最近買ったプログレのDVDのハナシ。最近って言っても、1ヶ月ぐらい前なんだケドね...しばらく更新サボってたら、ネタがちょっと古くなっちまいました。(笑)

1パツ目わ、ムーディー・ブルースのライヴDVD「ライヴ・アット・ワイト島フェスティヴァル1970」。以前から出る出るとウワサにはなっていたんだけれども、遂に出ましたっ!!ムーディーズのホンマモンの1970年のライヴ映像!!ちなみにこのワイト島でのライヴはCDのみがすでにリリースされていて、もー感涙モノだったんだけれども、映像でのリリースはコレが初モノです。

20090627_2DVD自体は冒頭の部分がドキュメンタリーになっていて、ライヴの映像と、現在のメンバーのインタビューなんかがコマ切れに編集されて収録されています。いかんせん

「コマ切れ」(笑)

なので、ちょっと不安になりました。

「全編こーぢゃーないだろーなー??」

とか思っていたら、20分ぐらい(だったか...)でドキュメンタリーの部分が終わって、カンジンのムーディーズのステージが完全収録されていました。

「やれやれ...ひと安心」(笑)

20090627_3このムーディーズのライヴ映像、もー涙ちょちょぎれモノ(笑)。1970年ってゆーと時期的にわちょーど「クエッション・オヴ・バランス」発表当時のライヴってーことになります。この全盛期のライヴ映像を、カラーのとっても良い画質で観れるのだから、

コレわ奇跡です!!

この時期のムーディーズのライヴ映像では「ザ・ロスト・パフォーマンス・ライヴ・イン・パリ’70」ってゆーDVDが以前あって、スタジオ・ライヴのTV映像なんだけれども、演奏がぜんーぶ口パクで、超ガッカリした記憶があります。それに比べたら、今回のわ100%大丈夫!!音声もちゃーんと生演奏です。

曲目的にも、「ジプシー」「クエッション」「メランコリー・マン」「サテンの夜」など、

一番オイシイところが満載っ!!

特にライヴの映像で初めて観る、マイク・ピンダーがリード・ボーカルを取る「メランコリー・マン」にわ、もー

「涙がウルウル...」(泣;)

ってーなぐらい、感動的なのデス。ただちょっと残念なのわ、「サンセット」は当時のワイト島フェスティヴァルの風景が全編カブせてあって、ステージの模様が全く映らないのと、アンコールの「ライド・マイ・シーソー」では当時のステージだけぢゃーなくて、色んな時代(1980年代以降を含めて...)の映像をコラージュ的に編集してあって、生のステージをフルでは楽しめないところ。やっぱできれば何の編集もナシし、

ステージ映像だけで完全収録して欲しかった。

20090627_4今回1970年代のムーディーズのライヴ映像に初めて触れて思ったコトわ、一般に

「ライヴでの演奏はヘタ」(笑)

だと思われがちな彼らだけれども、決してそんなことわないと思いました。楽器を演奏しながら、メンバーの内4人が同時にボーカルを取れるとゆーのわ、1970年とゆー時代的に見ても、類まれなる才能の集合体であったと思います。さらに4人のコーラス・ワークにしても、

「全員リード・ボーカルを取れる歌い手によるコーラス」

なのだから、やっぱ力量がぜんぜん違います。決して演奏面で高度なテクニックを誇示するバンドではないにしても、安定した演奏プラス高度なコーラス・ワークなのだから、やっぱウマいヒト達なんだなーって、思いました。

20090627_52ハツ目わ、ルネッサンス「ソング・オヴ・シェラザード」です。コレ、昨年リリースされて、マスターテープの再生速度の遅さから「欠陥商品」として回収騒ぎまで起こった、イワク付きの一品です。今回よーやく正常なテープ速度での「修正版」がリリースされました。前回のヤツわ、ホントひどかった。ビデオの回転速度が遅くて、結果音声のピッチが極端に低く、アニー・ハズラム嬢の美声が

「ほぼオカマちゃんのよーな」

野太い声になっていたのですから。ちょっとチェックすれば判りそーなモンなのに、こーゆー商品わ

「必ずしも”好きな”ヒトが作っているワケでわない」

証拠みたいな例でしたネ。

20090627_6...で、カンジンの内容。ルネッサンスのライヴを、1976年(「シェラザード夜話」当時)と、1979年(「碧の幻想」当時)の2種類収録してあります。全17曲を125分に渡って収録してあって、映像は全編モノクロで画像もイマイチ鮮明ではないながら、やっぱ

「観れるだけでも奇跡に近い!!」

内容です。

特に、1976年、バンドが一番ノリにノっている時期のアニー・ハズラム嬢は、単に歌がウマいだけじゃーなくて、ルックス的にも、笑いいっぱいのおしゃべりでも、ほんとチャーミング。今更ながらですが、

「惚れます。」(笑)

それに比べると、1979年のライヴはバンドがカナーリ行き詰っていた時期でもあり、ちょっと元気がないのが残念...。

20090627_7曲目的には1976年のライヴでは「オーシャン・ジプシー」「母なるロシア」など、前期の代表曲と、それに組曲の「シェラザード夜話」を全編演奏しています。1979年のライヴは主に「四季」「碧の幻想」のナンバーが中心。ともべが個人的にウレしいのは、「ア・ソング・フォー・オール・シーズンズ」「リヨンの洪水」とゆー、2大

「盛り上がり系の大曲」(笑)

を演奏してくれている点で、よもやこれらの曲を映像で観れるとわ...

もー感無量っ!!

です。

アニー・ハズラム以外のメンバー的には、おそらく当時のバンドの一番のフロント・マンであったジョン・キャンプのプレイ、コレがすごい。キャンプご本人もイエスクリス・スクワイアをフェイバリット・ベーシストに挙げていたよーですが、スクワイアばりのものすごい指の動きをするベース・プレイ、これをボーカルを取りながら完璧にこなしてしまうのだから、このヒトもやっぱ

「鬼」(笑)

です。

20090627_8あと、このライヴは2時代ともオーケストラなしで、全編バンドのみの演奏となっているんだけれども、そこをカバーすべくジョン・タウト

マルチ・キーボード(死語...)

ぶりが見応えがあります。なんでも当時のタウトはジェネシストニー・バンクスに強烈なライバル意識を持っていたとか...まさにバンクスばりのピアノとシンセサイザー群を駆使したオーケストレーションを展開しています。

機材的にも、1976年当時はARPソリーナと、あと機種不明のモノ・シンセが主体だったのが、1979年には機材が拡充されて、ヤマハのCS80メロトロンが増えています。ジョン・タウトってゆーと、ルネッサンスのスタジオ録音盤では

「純粋にピアニスト」

ってゆーイメージが強いんだけれど、意外にもライヴではマルチ・キーボーディストだったワケですネ。

...ってなワケで、ムーディー・ブルースとルネッサンスの、いずれも1970年代のライヴ映像。どっちも

「よもやお目にかかれるとわぁぁぁ...」

ってなカンジの超奇跡的な発掘映像です。でも、ワイト島の映像がぜーんぶ残っているのなら、

「EL&Pのデビュー・ステージの映像も、完全収録で出しなさいっ!!」(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »