« ジェネシスのライヴのボックスセットが発売になりました!! | トップページ | キング・クリムゾンの40周年記念盤!! »

2009年10月25日 (日)

プロコル・ハルムの最新ベスト盤!!

20091025_1 写真①わ先般リリースされた、プロコル・ハルムの結成40周年記念ベスト盤「オール・ディス・アンド・モア...」です。CDが3枚組みにDVDが1枚付いた4枚組みに、内容満載のブックレットが付いた

超豪華盤っ!!

です。(写真②)

ちなみにDVDのほーわ方式とかリージョン・コードの表記が全くなく、後で調べたらPAL方式のリージョン2(つまりヨーロッパ方式)でした。DVDを観るには専用機器を使用するかパソコンで観るかなので、購入の際には注意が必要でしょー。なので、HMVのオンライン・サイトではさっそく

「カタログから消えました。(南無...)」

(どーやら日本のHMVわ、日本国内対応のDVDしか扱わない方針らしーので...)なのでネットで購入するのであれば、Amazon.comのほーで購入が可能です。

20091025_2...で、カンジンの内容のほーなんだけれども、ディスク1とディスク2には、過去のスタジオ録音作品からベスト盤的に

38曲っ!!

も収録してあります。デビュー・アルバムの「プロコル・ハルム」から最新アルバムの「ウェルズ・オン・ファイアー」までを網羅してあるので、プロコル初心者にも、またヘヴィーなプロコル・マニアの方にも恰好の内容となっています。

このディスク1、2で特筆すべき点を挙げると、まず90年代プロコルの再結成の発端となったアルバム「放蕩者達の絆」からの2曲が1992年のライヴで収録されている点と、70年代にフランスのシングル盤でのみリリースになった「美しく青きドナウ」(これも元はBBCのライヴ録音)が収録されている点でしょー。さらに、現状では40周年記念のリマスター盤は「プロコル・ハルム」から「グランド・ホテル」までの計7枚が既リリースなのですが、10月下旬にリリースが予定されている「幻想」から「輪廻」までの最新リマスター音源が、先行で収録されていることも嬉しい限りです。つまり、このディスク1、2はスタジオ・コンピレーションとは言え全編超高音質で、さらに貴重テイクも収録してあるので、

「ナカナカ侮れないっ!!」

逸品なのデス。

20091025_3さらに、ディスク3にはライヴ音源を専門に収録してあります。このディスク3が、今回のベスト盤の中でわ

「一番の目玉ぢゃーないでしょーか??」

1969年から2007年までのライヴを収録してあります。

一番古い音源は1969年の、例の超有名なフィルモア・ウェストからの音源なのですが、最新リマスター盤の「ソルティー・ドッグ」にもボーナス・トラックとしてだいぶ収録されていましたが、当ライヴから「ランブリング・オン」は今回初お目見えです。他にも1970年のワイト島フェスティヴァルから「ジュシー・ジョン・ピンク」とか、74年、75年の「幻想」「プロコルズ・ナインス」時期のライヴなども収録されています。

中でも一番嬉しいのわ、1973年のハリウッド・ボールでのオーケストラ、合唱団との競演ライヴ(BBCの録音で、ブートではつとに有名)から、2曲も収録されているコトでしょー。特にコンサート・フィナーレを飾る「TVシーザー~ルール・ブリタニア」のメドレーが初のオフィシャル化されているのですから、

「これわ快挙っ!!」

です。

20091025_4さらにこのライヴ・ディスクには1990年代以降のライヴも収録されていて、唯一1曲のみで、故イアン・ウォーレス氏のドラミングを聴くことができます。「ラスト・トレイン・トゥー・ナイアガラ」という曲で、スタジオ録音としてはどのアルバムにも収録されていないことから、おそらくはライヴ専用の曲なのでしょー。過去のプロコル・ナンバーのメロディーがパッチワーク的に次々登場するヘンな曲なのですが、ここでのウォーレス氏のドラミングは素晴らしいです。

90年代再結成プロコルのドラムってゆーと、まずは来日公演でも叩いていたマーク・ブルゼツィキーってー印象が強いんだけれども、ハッキリ言って

「このヒトのドラミングに違和感を感じていたのは、ともべだけではないハズ...。」

どちらかとゆーとタテノリのシンプルなドラミングは、明らかにプロコル・サウンドとはミスマッチだったと思ったし、天才B.J.ウィルソンの後任としては、明らかに格が違いすぎました。今回ウォーレスのテイクを初めて聴いて、やっぱウィルソンの後任はイアン・ウォーレスクラスぢゃーないとダメなんだなぁ~って思いました。

20091025_5ちなみにこのマーク・ブルゼツィキー氏、最近プロコルを脱退して

(「クビ」かどーかわ、知りまへ~ん...(笑))、

後任にジェフ・ダンなるドラマーが加入になりました。その2007年のライヴがこのディスク3にも収録されているんだけれども、

「今回のドラマーわ、メロディアスにドラムを歌わせてくれる超テクニシャンか??」

って期待してはみたものの、

「期待わ見事に大ハズレ。」(笑)

前任者に輪をかけたファットでシンプルのドラミングに、

「他に適任者わ、いなかったのかよぉぉぉぉ...」(泣;)

とか、思ってしまうのデスね。

やっぱライヴのディスク3のハナシがやったらと長くなってしまったのデスが、ディスク4はDVDです。ライヴの映像を1974年から2006年まで収録してあるのですが、ここにはあまり目ぼしい「お宝」わ、ありません。過去リリースされたDVDからの編集で、既発映像がほとんどです。ただ、2006年のワイト島フェスティヴァルからの3曲は、映像としては初出だと思われます。まあ、最近の映像ですからあまり興味も沸かないのですが...このDVD、できれば

「1970年代の映像をもっとふんだんに収録して欲しかった...」

と思いました。

...ってなワケで、プロコル・ハルムの40周年記念ベスト盤、今月末には「幻想」「輪廻」の最新リマスター盤もリリースされることですし、プロコル周辺は異様に盛り上がっているのデス。でも、ともべ的にわ...

「ライヴの音源、残っているんだったら、完全収録盤お出せよなぁぁぁぁぁっ!!」(特にハリウッド・ボールとか...)

なのデスね。(笑)

|

« ジェネシスのライヴのボックスセットが発売になりました!! | トップページ | キング・クリムゾンの40周年記念盤!! »

コメント

おお、興味深いベスト盤ですね。
美しく青きドナウとか恥ずかしながら
存在も知りませんでした。聞いてみたい~。

ライヴも70年代のは面白そうですね。
この辺りはBlue Cafe等を中古で安く
ぼちぼち買っては聞いていましたが
おっしゃるとおり単体のオフィシャルで
決定盤を出してほしいものですね。

そうそう、やはりご指摘されてる通り
プロコルサウンドにはB.J.ウィルソンが
欠かせなかったなと。あの一筋縄ではいかない
間を効かせた不思議なドラムの味は
病み付きです。

投稿: kayaker | 2009年10月28日 (水) 23時41分

Kayakerさん、こんにちは!!

コメントどーもです!!

>>美しく青きドナウとか恥ずかしながら
>>存在も知りませんでした。

これわもともとBBCのライヴ音源で、アナログ・ブートでは有名な演奏です。
ライヴで余興的に演奏されているのデスが、これがフランスでのみシングル・カットされていたのを知ったのわ、ともべもワリと近年です。

>>Blue Cafe等を中古で安く

Blue Cafe!!ともべも一杯ブートを所有しております。
プロコル・ハルム、ルネッサンス、ムーディー・ブルースあたりに強いブート・レーベルなので、ともべ的には「ツボ」(笑)なのです。
でもBlue Cafeも音質わ悪くないですが、やっぱオフィシャルで決定盤を出して欲しいですよね!!

>>B.J.ウィルソンが欠かせなかったなと。

Kayakerさんの、おっしゃる通りです。
B.J.ウィルソンのドラムが素晴らしいのは、テクニック的に正確であることに加えて、バンド・アンサンブルの中でリズム・キープの役割を担っていない(リズム・キープは主にゲイリー・ブルッカーのピアノのバッキングによってなされていた)のが、大きいと思います。
だからドラムがメロディアスに機能できるのデスね。
あの「歌うドラム」わ、ともべも大好きです!!

でわでわ。。。

投稿: ともべ | 2009年11月 1日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/46582589

この記事へのトラックバック一覧です: プロコル・ハルムの最新ベスト盤!!:

« ジェネシスのライヴのボックスセットが発売になりました!! | トップページ | キング・クリムゾンの40周年記念盤!! »