« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月24日 (日)

懐かしの70年代アイドル・ロックたち!!

20100124_1 このブログ、いつもプログレの話ばっかなので(笑)、たまにわ毛色の変わったネタで書いてみよーと思いまふ。

写真わ1970年代前半に流行った、「アイドル・ロック」のCDたち。最近は紙ジャケ・ブームの中でひっそりと隠れて、こーいったアイドル・ロックの紙ジャケが発売されているから、情報収集あなどれない。さらに、紙ジャケでなくともたまたまAmazonHMVのサイトを検索していると、懐かしいアイドル・ロックのCDが輸入盤でリリースされていたりもして、そんなこんなで集まってしまったCDたち。

...で、アイドル・ロックの親玉といえば、ナンと言ってもベイ・シティー・ローラーズ。(写真②)ちょうどともべが中学生の頃、日本にわ

「ローラーズ旋風」(笑)

が吹き荒れていた。中学生といえば、まわりの仲間も洋楽を聴き始めた頃で、クラス全体がローラーズ派(ほぼ女の子)とビートルズ派(ほぼ男の子)と、カーペンターズ派(男女両方)の3つにスッパリ分かれていたのを憶えている。ちなみにともべわ、

「カーペンターズ派で、でもローラーズも好き...」

だった。基本「メロディーの綺麗な音楽が好き」はこの頃から変らない。ビートルズは当時から波長が合わなくて、

「いまだに波長が合わない」(笑)

20100124_2...で、ベイ・シティー・ローラーズなんだけど、当時は

「ビートルズの再来か??」

なーんて言われて、賛否両論を呼んでいた。もちろん、今聴けばビートルズの再来でなかったのわ明らか。音楽的に新しい要素なんてなーんにもないんだから(笑)。でもじゃーローラーズが出来が悪かったのか??とゆーと、今聴いても極上のポップ・ロックだと思う。基本的にともべ、

「ベイ・シティー・ローラーズ、大好きです。」

でも当時こーいったアイドル・ロックのブレインにはニック・ロウやらエリック・カルメンやらのツワモノがバックに付いていたワケで...実は悪かろうハズがないのデス。でもBCRで持ってるCDは1枚だけ。(写真①左)ベスト盤1枚あれば事足りる気わします。

さらに続いては「ロゼッタ・ストーン」(写真①右)。これわデビュー・アルバム。BCRを脱退したイアン・ミッチェルが結成したこのバンド、クリーム「サンシャイン・オヴ・ユア・ラヴ」でデビューを果たすとゆー、アイドルらしからぬナカナカ斬新なバンドだった。この1stアルバムを購入したのは、2ndシングルであった「2人のパラダイス(If Pradise Is Half As Nice)」とゆー曲が、当時大好きだったから。このバンドの特徴としては、例の「サンシャイン~」もそーだけれど、バンド・アンサンブルの中にシンセサイザーのシーケンス・パターンを多用している点。なかなかユニークだったと思いまふ。

20100124_3続いては、「デッド・エンド・キッズ」。(写真③左)ライヴでBCRの前座を務めるも、

「メインのBCRを喰ってしまったために、クビになってしまった」(笑)

とゆー、ホントかウソか??のエピソードを持つバンド。BCRが「優等生」なら、コッチわ「悪ガキ」で攻めてます(笑)。デビュー・シングルの「初恋にレッツゴー!!(Have I The Right)」と、2~3枚目のシングルの「All My Love Always(邦題は不明)」わ、いまだともべのマスター・ピースだったりする。BCRよりもさらにイキの良さが身上のバンドだった。

さらに「ハロー」(写真④右)デビュー・シングル「テル・ヒム(Tell Him)」の一発屋に終わってしまった感わあるけれども、今聴いてもこの「テル・ヒム」は猛烈に痛快でカッコ良い。当時は「ハッピー・ロック」なーんて言われてたっけ...。このハローに関しては、来日時、当時日曜日の夜6時からNHKで放送していた音楽番組にゲスト出演していて、この「テル・ヒム」を生演奏。あまりにスタジオ盤とわかけ離れた演奏で、ア然とした記憶があります。

「コレ、違う曲じゃーん!!」

やっぱあのサウンドわ、ライヴでは再現できないのね~ん。(笑)

20100124_4さらにさらに、「フリントロック」。(写真④左)これは日本での2ndアルバムなんだけど、シングル・カットされた「恋する青春(Anything For You)」(なんで当時の邦題って、みーんなこーなんでしょーね??(笑))が大好きだったので、購入した1枚。でもアルバム1枚聴いてみると、このバンド、意外とマトモで硬派です。アイドル・ロック中では「実力派」のほーでしょー。

続いては「バスター」(写真④右)。ここまでくると、もー説明の必要ナシ。「すてきなサンデー」は、日本でも大ヒットしました。アルバム全体も、まあ甘ったるくて、良くも悪くも「低年齢層向き」(笑)なバンドではありましたが...。

その他にも、ショーン・キャシディーデヴィッド・キャシディーの弟)とか、パット・マッグリン&スコッティーズとか...紙ジャケでひそやかにリリースされたよーですが、まあこのジャンルなので、「本当に聴きたい1曲」が収録されているアルバムだけに、的を絞って買ってます。70年代の当時、良い子たちわ学校早めに下校して、「ぎんざNOW」でこーいったバンドのプロモを一生懸命観ていたノダ(笑)。

...で、これらの70年代アイドル・ロックを音楽的に特徴付ける要素ってナンなのか??ちょっと考えてみると、個人的には「ハンド・クラップ(手拍子)」だと思うのです。当時のアイドル・ロックは、BCRを初めとしてことごとくのバンドの曲が

「ハンド・クラップの4ツ打ち」

(つまりハイハット2回に1回のタイミングでクラップが入る)。つまり、基本

「ぜーんぶサタデー・ナイト」(笑)

だと思えばよろしーかと...。

(...と、さらに妄想は発展して、例えば「ハイウェイ・スター」にクラップ4ツ打ちが入っていたらどーなるか??とか...想像してわ、いけません。そーとー間抜けです。(笑))

20100124_5懐かしロックを紹介したついでに紹介しちゃうと、写真⑤はニック・ギルダーの1stと2ndの2in1CD。コレわちょっとアイドル・ロックではないですし、年代的にも70年代末です。でもコレ単体で紹介できる機会もあまりないのと、

「こーんなのも、実わCDになってる!!」

つながりで(笑)あえて紹介しちゃいます。

長身のスリムな体で中性的なハイトーン・ボーカルを駆使するこのニック・ギルダー。1978年に「ホット・チャイルド・イン・ザ・シティー」のシングルを大ヒットさせました。このアルバムの1曲目「Got To Get Out」がメチャクチャかっこ良くて、「パワー・ロック」のお手本みたいな1枚。...で良く良くクレジットを見てみたら、プロデュースがマイク・チャップマンなる人物で、後の大ヒット、ナック「マイ・シャローナ」をプロデュースしたのと同一人物だった。つまりアメリカでは

「パワー・ロックの総本山」(笑)

みたいなヒトらしーです。

...ってなワケで、1970年代のアイドル・ロックの紹介だったワケなんだけれども、これが現在ともべの敬愛する「プログレッシヴ・ロック」のムーヴメントと、時間軸を同じくしていたのも面白い。当時、アイドル・ロックは一大ムーヴメントだったハズなのに(日本でも「八木まこと」なんてDJが盛んに「布教」していましたっけ...)、当時を語るヒトなど、今やほとんどいない。一方プログレはいまだブームなワケで、これも実際に音楽が持つ「中身の内容の差」で長い歴史に耐えられるかどーかが決まるんだろうなーと、思いまふ。

「でも、当時のアイドル・ロックのコンピレーションCD作ったら、ゼッタイ売れると思うぞ!!」

(レーベル権利の関係で難しいのかしらん...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

カリスマ・レーベルのアンソロジーCD!!

20100117_1 いつまでもトップの記事がお正月なのわやーなので(笑)、たまには小ネタを...。

写真わ昨年末にリリースされて、ともべは年明けに偶然入手できたカリスマ・レーベルのアンソロジーCD「レフュジーズ」。CD3枚組みに、カリスマ・レーベルのアーティストの楽曲を1~3曲ぐらいずつ、ほぼ年代順に収録してあるコンピレーション盤です。なんでも限定盤のCDらしくて、都内でわ西新宿の「ガーデンシェッド」さん以外で扱っているお店を見たコトがないです。昨年末からずーっと気になっていて、ようやく手に入れた1枚。

カリスマ・レーベルの創設者である故トニー・ストラットン・スミスに捧げられているワケですが、

収録バンドがもースゴいっ!!

当然ジェネシスを筆頭として、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターナイスレア・バードホークウィンドブランドⅩアラン・パーソンズ・プロジェクトレフュジーなどなど...。中には日本では紹介されていないよーなマニアックなバンドの作品も収録されていて、このレーベルの奥の深さに驚嘆させられる思いです。

20100117_2さらに、

収録されている曲がまたマニアック!!

有名ドコの曲ばかりではなくて、アルバム未収録曲とか、シングルのB面とか...貴重なテイクが数多く収録されている点も大きな魅力です。ちなみにジェネシスは、アルバム「侵入」から1曲「ルッキング・フォー・サムワン」と、シングルのB面「トワイライト・アレハウス」と、シングルのみでリリースされた「マッチ・オヴ・ザ・デイ」の3曲。単なる寄せ集めのコンピレーション盤とわ、ワケが違うんです。

こーんなマニアックなアーティストと選曲で、CD3枚組みに

全44曲!!

カリスマ・レーベルっていうと、やっぱ代表格のジェネシスの印象が強過ぎて、

「プログレのレーベル」

みたいな認識があったんだけれども、実わプログレ以外のアーティストもいっぱい扱っています。でも「プログレ以外」っていっても、そこはそれ、

「みーんなひとクセもふたクセもあるワケで...(笑)」

このCD全体として、「プログレ風味のいろーんジャンル、アーティスト」の作品をトータルで楽しめるトコロが、一番のキモでしょー。これがいわゆる「レーベルのカラー」みたいなモンだと思います。

20100117_3音質的にもほとんどが2009年のリマスターらしく、色んな時代の色んなアーティストの作品が収録されているにもかかわらず、音圧感も一定していて、トータルなアルバムとして十分楽しめます。また付録のぶ厚いブックレットには、レーベルの歴史と、収録されている各アーティストのバイオグラフィーが写真入りで掲載されています。「カリスマ・レーベル」というレコード・レーベルを再度突っ込んで研究したい向きにも、恰好の資料となることと思いますね。

また、新たな発見も一杯あったりして...初期のレア・バード(名曲「シンパシー」、もちろん収録されていますよーん)って、実わカリスマだったのねぇ~ん、とか、アラン・パーソンズ・プロジェクトも、デビュー・アルバムの「怪奇と幻想の世界」のみはカリスマだったりとか(その後、アリスタに移籍している)。ボ・ハンソンなんてマルチ・インストゥルメンタリスト、初めて聞くんですが...なんか有名なヒトらしくて、収録楽曲もイイ味出してます。

20100117_4ただ1つだけ不満を言わせてもらえれば、

収録曲数のバランスがいま一つ...。

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターピーター・ハミルのソロを合わせて、7曲も収録されています。カリスマ・レーベルにとってヴァン・ダー・グラフがいかに重要なアーティストであったかを物語る選曲ではあるんですが...。一方で、例えばエニド結成前のロバート・ジョン・ゴドフリーのソロ・アルバム「フォール・オヴ・ヒューペリオン」は、確かにカリスマ・レーベルだったハズなのに、選曲からは外されていたりとか...。

「1曲でもいーから、収録して欲しかったっ!!」

ヴァン・ダー・グラフで10分以上の大曲でも収録しちゃうんだったらねー...ゴドフリー御大にも1曲ぐらいワクをあげて欲しかったのよ~ん(笑)

...ってなワケで、とってもマニアックな1枚のご紹介だったわけですが、でもカリスマといえば1960~70年代のブリティッシュ・プログレ界においては超重要なレーベル。プログレ・マニアとしてはとっても食指の動く1枚だと思いますねー。

追加情報1:

この4月から5月わ、ともべはジェフ・ベックエイジアの来日公演を観に行きます。エイジアは何でも現在ニュー・アルバムのレコーディング中で、5月の来日はそれを引っさげての公演になるみたい。2009年のアメリカ・ツアーではイエスとジョイントだったハズなのに...、なんで日本だけ単独公演なのぉ~!!(怒;)あと、4月のオザンナは現在考え中です。観に行きたいんだけどねー、4月あたまって...仕事が忙しくって...。

追加情報2:

昨年11月のアフターセブン・コンサートのライヴ録音を入手しました!!今回非常に良く録れているので(ちなみにオリジナル・マスターは、96khz、24bitの超高解像度!!)、mp3でネット配信することに決めました!!2月中旬を目処に、配信を開始します。こちらもお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

2010年あけましておめでとうございま~す!!

20100101_1 ようやく新年が明けました。

皆さん、2010年あけましておめでとうございますっ!!

今年も「ともべの錯乱絵日記」と親サイトの「シンフォニックロック・ワールド」をよろしくお願い申し上げます!!

...で、まずわ大晦日の話題から...。

昨日は例によって、ビール飲みながら紅白歌合戦格闘技をガチャガチャとチャンネルを切り替えて見ておりました。

「永ちゃん、超カッコイイっ!!」

とかネ。(笑) 

カウント・ダウンわ例年通り、東京12チャンネルの「ジルベスター・コンサート」。今年のカウント・ダウンの曲は、ホルスト「惑星」から「木星」だった。ナカナカ今までありそーでなかった曲で、新鮮で良かったです。カウント・ダウンのタイミングもバッチリ決まったしネ。

20100101_2...で、一夜明けて、今年の聴き初めは、プロコル・ハルム「幻想」(写真②)にしました。例年、聴き初めはたいたいプロコルなのですが、今年は趣きを変えて、パワフルな後期の作品から1枚を、結成40周年の最新リマスター盤で。楽曲も、演奏も、円熟の極み。

「う~ん、素晴らしいっ!!」

そこからわ、家族全員でおせちを食べたり、頂いた年賀状を楽しく拝見したり、年末ジャンボの当選結果を確認したり...(もち、30枚買って全滅っ!!(笑))、いわゆる静かなフツーのお正月です。でも何より、家族全員が健康で、元気に普通のお正月を迎えられたコトが、本当に感謝なのです。

20100101_3...で、手短に、2010年はどんな年になるのでしょうか??基本的には、かつてない程に物事の移り変わりの激しい、「動乱の年」になると思っております。日本中、いや世界中のあちこちで、色々な出来事が起こるのでしょう。

こんな1年を過ごす上で最も重要なことは、

「目先の事象に決して惑わされない」

だと思うのです。世の中で色々な事が起こり、そしてそれらに関して様々な人々が様々な意見を言い出すのでしょう。それらの多くは、あるいは我々の価値観を狂わせる「罠」かも知れないのです。だからこのような混迷の時代には、世間で起こる様々な出来事や様々な意見は

「茶番劇」

ぐらいに軽く流しておいたほうがよろしい。廻りで起こる出来事や意見で、右へ、左へ、と右往左往しては絶対にいけない。我々がどんなにあがこうとも、時代はその動くべき方向に、しっかりと動いてゆくのですから。

むしろこの混迷の世の中で、自分の本来的な価値観をしっかりと信じて、本来目指す方向に全力で突破する真っすぐなエネルギーこそが、今年最も求められているものだと思うのです。

「突破力!!」

これがともべの感じる、今年のキーワードです。

20100101_4そんでもって、今年の抱負としてともべが何をやりたいのかとゆーと、

「ライヴ・ステージへの復帰!!」

これが今年の最大の課題です。例年ともべはライヴは「年1回」で廻してきました。でも改めて、ステージに立つことの重要性と、また自分の音楽が実はライヴにおいてこそ真に本領を発揮することを、再認識しているのです。

で、これに対する準備はすでに始まっていて、ライヴのオープニングをエニドよろしく(笑)、イギリス国歌の「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」で始めるべく、仕込みを開始しました。年間を通じて、できれば4~5ステージはこなしたいと思っています。

「本家本元のエニドも、ツアーを再開したしネ!!」(笑)

あと、スタジオ・レコーディングなのですが、今年はローザス「波濤(はとう)を越えて」のシンフォニック・ロック版を制作する予定です。ともべ20年ぶりに、ウィンナ・ワルツのロック化に再挑戦します!!(ローザスはメキシコの作曲家なので、正確にはウィンナ・ワルツではないのですが...)

「こちらも、乞うご期待っ!!」

...ってなワケで、簡単に今年の抱負を語ってみましたが、この混迷の世の中にあって、今年はより一層、人と人とのつながりや、ネットワークが重要になってくると思うのです。だから今まで暖めてきた人脈をより大切に、そしてより広げていきたいと思っています。

「みんなー!!今年もよろしくねぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »