« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月28日 (日)

クラウス・シュルツェの来日公演を観てきました!!

20100328_1 先日の3月21日(日)に、クラウス・シュルツェの来日公演を観に行ってきました。場所わ有楽町の東京国際フォーラム・ホールC。今回わ、いつもお世話になっている「新宿レコード」さんのご招待なのデス。買えば1枚¥10,000もするチケットがご招待だったのだから、

「新宿レコードさん、どうもありがとうございますっ!!」

開場が18:00で、開演が19:00だったんだけれども、16:00から会場ではご招待券とチケットとの引き換えをやっていて、早く行けばそれだけ良い席で観られる。で、ともべ17:00には会場に着いて、チケットを交換してもらったら、なんと1階席だった!!

「超ラッキー!!」

で、一応、知らないヒトのために説明しておくと、このクラウス・シュルツェとゆーお方わ、ジャーマン・エレクトロニクス・ミュージック界の

「最大の巨人!!」

なのです。かのタンジェリン・ドリームの結成時メンバーなら、マニュエル・ゲッチングアシュラ・テンペルを結成したり

「シンセサイザー界の偉大なる巨匠」

です。今回のライヴも、シンセサイザー群とコンピュータを駆使した、「一人シンセサイザー・ライヴ」になります。一体どんなサウンドを聴かせてくれるのか??もーわっくわく!!

20100328_2...で、開場までまだ時間があるので、タバコでも一服...とか思いきや、

「国際フォーラムの中庭わ、全面禁煙になっているっ!!」(泣;)

これわ困った...とゆーワケで、せめて喫煙可のカフェでも...とか思って国際フォーラムの中をウロウロしていたら、敷地内にちゃーんと密閉室になった喫煙所を発見っ!!

「こーゆーのわ、「全面禁煙」の張り紙の中に、場所をちゃーんとアナウンスしなさいっ!!」(怒;)

でもまあ、タバコを一服できて、めでたしめでたし...。で、開演前の18:30頃ホールに入ったら、意外にもお客さんが一杯だった。特に、外国人のお客さんが目立ったカンジ。ただあんま若いヒトわいなくって、30代以上の客層で占められていました。

「クラウス・シュルツェって言えば、やっぱツウのヒトが観に来るのね~ん。」(笑)

なーんて印象の客層でした。

会場のバーではビールも売ってたんだけれども、美味しそうにビールを飲んでる他のお客さんを横目に、ともべ

「グッとガマン!!」(笑)

しました。いかんせん、クラウス・シュルツェのライヴなので、場合によってはアンビニエント・ミュージック的なものになる可能性もあり、そのばやいわ、

「客席で寝ちゃう」(笑)

可能性もあったからです。だから今回、シラフでいこーと思いました。

20100328_3開演の19:00間際になって席に着くと、意外にも1階席の最後列端っこでした。つまり1階客席の角。両サイドを他のお客さんに挟まれていないので、落ち着いた気分でライヴを堪能することができました。

会場が暗転して、御大のクラウス・シュルツェ氏が登場!!まずは

「初めて日本でコンサートができて、とても嬉しく思います。」

みたいなご挨拶から。ステージ上は、6~7台はあるだろーか??シンセサイザー群と、さらにその後ろには、巨大なモジュール・ラック群が5つもそびえ立っていました。いかんせん遠目だったので、機種までは一切確認できず...でも正に、往年のタンジェリン・ドリームを思わせるよーな、壮観なセッティングでしたね。

シュルツェ氏がそのシンセ群の中央に座って、出てきた音は起承転結や場面展開に富んだ、壮大なものでした。コンサート全体として、約45分の大作と休憩を挟んで後半も45分の大作。それにアンコールで15分ほどの小曲でした。トータル3曲で2時間ほどのコンサートでした。

この2曲の大作が、ストリングス中心の静かな場面あり、リズム・マシーンやシーケンス・フレーズをベースにした躍動的な場面あり、時にノイジーだったりトランス的だったりする鮮烈な場面ありで、変化に富んだ内容のとっても楽しめるものでした。全く個人的な印象なんだケド、ともべも大好きなヨハネス・シュメーリンク在籍時の中期タンジェリン・ドリームに酷似していると思いました。だたあれほどメロディーははっきりしていなくて、インプロヴィゼーション的な要素も多いようでした。

「この場面でキーボード奏者がもう一人いて、ハッキリしたメロディーを演奏したら、もろタンジェリンなのになー!!」(笑)

なーんて場面がいくらもありましたネ。正に

「一人タンジェリン・ドリーム」(笑)

を観る思いがしました。会場の他のお客さんは、こーゆーサウンドをどのように受け止めたのでしょーか??ともべわあくまでタンジェリンをベースに聴きましたが、最近流行りのトランス・ミュージッククラブ・ミュージックをベースに聴くと、また違った受け取り方になるのかも知れませんね。

サウンド的には、正に文句の付けようがなし!!シンセの音はアナログ、デジタルをミックスしたカンジで、主にパッド系はデジタル・シンセ的な色合いが強かったんだけれども、いざリード系やシーケンス系になると、モロにアナログ・シンセ的な倍音が豊かなイイ音がしていました。そこにディレイやリバーブの空間系処理が幾重にも施されて...音響的な透明感、広がりが素晴らしかったです。

コンサート最後のご挨拶では、

「クラシックのコンサートみたいに静かに聴いてくださって、どうもありがとう。」

みたいに、シュルツェ自身もご満悦のご様子でした。

20100328_4あと、チケットが¥10,000もする理由も、ステージを観てうなずけました。シュルツェ自身が使用するシンセ群やサウンド機材もさることながら、照明の視覚的効果が大掛かりで素晴らしかったです。ステージ後方のスクリーンには、惑星や自然の美しい映像、コンピュータ・グラフィクスなどが常に投影され、ステージ上を駆け巡るレーザー光線と相まって、美しいことこの上ない壮大な宇宙空間を創り上げていました。クラウス・シュルツェのコンサートは単に「聴く」だけでわなくて、視覚も含めて体全体で体感する

「総合芸術!!」

なのだなーと痛感しました。

「こりゃー、コストがかかるわー!!」

スクリーンの映像には、特に日本のファンのために「クラウス・シュルツェ」なーんて日本語で投影されたり、コンサート中盤で珍しくシュルツェ氏がエレキ・ギターを弾く場面では

「くつろぎ」 (笑)

なんて大文字で画面に映っていました。確かに、ともべの隣の席の女の子(断っておきますが、他人です!!)わ、終始とってもくつろいで...

「つまり爆睡っ!!」(笑)

していましたが...。やっぱ聴き手にも何がしかの音楽的ベース、バックグラウンドがないと、楽しむには難しい音楽だったことだけは確かです。

...ってなワケで、とっても楽しめたクラウス・シュルツェの来日公演、ともべが大好きな「中期タンジェリン・ドリーム」のサウンドを継承しているのわ、今や

「エドガー(犬に似てる)フローゼ親子」(笑)

が率いる本家タンジェリンなどではなく、このクラウス・シュルツェの方なんだなーと、思ったりした一夜でした。

追加情報:

4月12日(月)に、ともべわジェフ・ベックの来日公演を観に行きますが、先日来日メンバーが発表になりました。実際「ジェフ・ベック本人よりも観たかった」(笑)ベースのタル・ウィルケンフェルドちゃんは今回は同行していなくて(大泣;)、かわりにドラムとしてかの「強豪」ナラダ・マイケル・ウォルデンを連れて来る模様です!!タルちゃんを見れないのわ悲しいけれど、ナラダのドラムとなればやっぱ「必見っ!!」ですよねっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

驚愕!!エニドのライヴ・アット・ハマースミスのDVD!!

20100313_1 お待たせしましたっ!!エニドライヴ・アット・ハマースミスのDVDがようやく到着しました!!もーちょー興奮してて、マトモにブログを書けないぐらいなのですが、先週我が家にもはるばるUKから無事到着しました。もー通しで3回ぐらいは観ただろーか??とにかく驚愕の内容です!!

エニドの1979年3月2日のハマースミス・オデオンでのライヴが、約90分間に渡って収録されています。この時期の映像としては画質も良好で、あの謎につつまれたエニドのライヴ・パフォーマンスの全貌を、余すところなく伝える内容です。

20100313_2DVDケース裏のクレジットの一番下を見てビックリ!!写真②のよーに

「このDVDはYUTAKA TOMOBEのために特別に作成しました。」

の文字と、シリアル番号が...エニドって、レコード・レーベルはことごとく敵に廻すのだけれど、ひとりひとりのファンはとーっても大切にするんですねーって伝わってきます。

「もはや、家宝。」(笑)

20100313_3で、カンジンのDVDの内容なんだけれども、最初に断っておくと、長年謎に包まれていたエニドの「ライヴ・アット・ハーマースミス」でのパフォーマンス。レコードには

「ライヴ・レコーディングそのままで、スタジオでのオーヴァー・ダビングは一切していません。」

なーんてクレジットがあったけれど、

「ホントー??」

なんて思っていました。それが今回のDVDを見て、

「本当に全パートを生演奏で弾いているっ!!」(驚愕...)

というコトが判りました。正に驚くべきライヴ・パフォーマンスです。

収録曲目は下記の通りです。

1.ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン(イギリス国歌)

2.メイデイ・ギャリアード

3.ザ・ラスト・ジャッジメント

4.イン・ザ・リージョン・オヴ・ザ・サマー・スターズ

5.サマー・ホリデイ(デイヴ・ストーレイのドラム・ソロ)

6.ユーモレスク

7.コーティッジ

8.ファンド

9.ワイルド・シング(アンコール1)

10.ダムバスターズ・マーチ~希望と栄光の国(アンコール2)

20100313_4レコードの「ライヴ・アット・ハマースミス」と曲順が違うのだけれど、どうやらこのDVDの順番が実際の演奏順らしーです。レコードのほーわ、1st、2nd、3rdの順番に、曲順を再構成したものだったのでしょー。あと、実際のライヴからは「ファンド」のイントロでのフランシス・リカーリッシュによる詩の朗読と、「アルビオン・フェア」の演奏が「技術的な問題により」収録されていません。でもそれ以外は、MCも含めてコンサートがほぼ完全収録されています。

音のほーわ、たぶん演奏部分はレコードの「ライヴ・アット・ハマースミス」の音声部分を採用してある模様です。でも同日、同テイクの音源なので、映像とのズレはほとんど感じません。なので同音源にもない初お目見えの「サマー・ホリデイ」「ワイルド・シング」の2曲に関しては、音質が若干貧弱になっています。たぶんこちらが本来のビデオ音声なのでわないかと...思われます。

20100313_5...で、一番注目すべきは、例のキーボード・オーケストレーション。基本はロバート・ジョン・ゴドフリーウィリアム・ギルモアの二人で演奏されているのですが、決してコレは

「従来の「ツイン・キーボード」でわない!!」

です。ずらりと10台以上積み上げられたシンセ群を、4本の腕がそれぞれ独立したオーケストラ・パートとして演奏しているカンジ。シンセのチャンジも頻繁なら、音色の切り替えもひっきりなし。次にゴドフリーが弾くパートのために、ギルモアが横のシンセを操作したりとか...。4本の腕が縦横無尽に動き回ります。

1つのキーボードのひな壇に上・下で4本の腕が乗っかることも頻繁なら、1つのキーボードを3つの手が弾いたりとか...とにかく、あくまで

「2人のキーボード奏者」

でわなくて、

「独立した腕が4本」。

変幻自在にキーボード群の上を渡り歩きます。ともべ、もー30年以上もプログレを聴き続けているけれど、

「こーんな変なキーボード・プレイ・スタイル、見たことない...」(唖然...)

これはもはや「キーボード」でわないのでしょー。たまたまオーケストラ・パートの音を出す楽器が鍵盤楽器だった...ただそれだけです。当時のエニドのライヴでのキーボード・スタイルが、いかに野心に満ち満ちたものであったか、

「シンセサイザーによる、ライヴでのオーケストレーション」

がいかに画期的なものであったか、良く判る内容です。

20100313_6ただこの二人の演奏、その動きが複雑なだけに、おそらく曲中での動作は事前にキメ細かくプログラミングされている気がしました。

「ここでゴドフリーがこのシンセに手を出している間に、ギルモアのあのシンセの音色チェンジをやって...」

とかネ。

そーんなキーボード・スタイルであるがゆえに、演奏技術は相当高度のモノを要求されると感じました。なんせ「独立した4本の手」ですから、両手がお互い脈略のないパート・旋律を担わなければならない場面も多く、同時にシンセや音色のチェンジもひっきりなしに行わなければならない...。

「右手がコードのバッキングなら、左手はベースね♪」(笑)

なーんて安易なスタイルとわ、次元が違うと感じました。

さらに言わせてもらえば、このキーボード奏者が2人にとどまらないコトが驚異的っ!!です。多くの場面ではオーボエ奏者のトニー・フレアがキーボードに加わって、

「トリブル・キーボード!!」

さらに「ファンド」のエンディング部分に至っては、ギターのスティーヴン・スチュアートまでがキーボードに加わって、

「キーボード奏者が4人!!」(爆)

正に「8本の腕」でシンセ・オーケストレーションを奏でています。圧巻...。

20100313_7シンセの機材的には、10台以上が要塞のごとくずらりと並べられているワケなんだけれども、見たカンジ、ミニ・ムーグが2台にアープ・ソリーナが2台。アープ・オデッセイフェンダー・ローズ。それ以外は見たコトもないよーなシンセが並んでいます。エニドの「例のストリングス」は主にソリーナで、「野太いブラス」はミニ・ムーグとアープ・オデッセイでそれぞれ弾かれているコトも、今回初めて判りました。

ステージのセッティング的には、キーボード群が向かって右手で、中央に2人のギターとベース、そしてドラムスは意外にも中央奥ではなくてステージ向かって左手にセッティングされています。この

「ドラムスを中央に持ってこない」

あたりわ、プロコル・ハルムのライヴ・セッティングを参考にしている可能性もありますね。

さらに話題が移って2人のギタリストなのですが、このDVD,たまたまフランシス・リカーリッシュが保存していたVHSテープのラフ・ミックス版(撮影は5台のマルチ・カメラで行われたのを、仮にミックスしたもの)が採用されています。だモンで、ミックスがやや粗くて、せっかくギターがリードを弾いているのに映像がギターに当たらない点もしばしばあり、やや不満でわあります。

「2人にギター・プレイの掛け合いを、もーちょっと見たかったのにー!!」(泣;)

でも今回の映像で良く判ったのわ、この時期のエニドって、フランシス・リカーリッシュスティーヴン・スチュアートのツイン・リード、双頭バンドのよーに思われがちなんだけれども、それわ実は違っていたとゆーコト。この2人の関係は対等ではないです。あくまでエニドのリード・ギタリストはリカーリッシュであり、それをサポートするサイド・ギタリストがスチュアートであったとゆー事実。だからステージ中央に、リカーリッシュがどんと構えてプレイしているし、一方スチュアートのほーわ、ギターだけではなくパーカッションやキーボードにと、マルチ・プレイヤーぶりを発揮してます。

20100313_8あと、このDVD、客席の様子も良く映っているのだけれども、

「客層が非常に良い」

のには驚きます。皆ちょっとロック・コンサートの客層ではないよーな、上品な身なりをしています。コレがまた、この時期のエニドを特徴付ける点で、あくまで英国の「国粋主義者」に支えられたバンドであったとゆーコト。

「イエスやジェネシスがアメリカへ行っても、イギリスにはジ・エニドがいる!!」

の言葉通り。

コンサート会場でも、客席にはためく多くの旗(おそらくイギリス国旗)や、アンコールの「希望と栄光の国」では、最後の写真のよーにステージにもイギリス国旗がはためく中を、エルガー「威風堂々(第2のイギリス国歌)」を会場全体で大合唱します。この熱狂ぶりは、もはやロック・コンサートとゆーよりは

「イギリス国粋主義者の大集会!!」(笑)

に近いです。当時は英国当局からも危険な団体としてマークされていたとゆーエニド、その思想的な側面も今回のDVDから伺い知るコトができます。

...と、ゆーワケで、エニドのライヴ・パフォーマンスの長年の謎を解くこのDVD、

「欲しくなったヒトわ、UKのエニドのサイトから今でも直接買えますよぉぉぉぉぉっ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

エニドの超限定盤CD!!

20100307_1 写真わ最近、英国のエニドのWebサイトから直接購入したCDとTシャツ。はるばるUKから日本にエア・メールで届きました。

「うれしーっ!!」

実わコレを購入するに当たってはいきさつがあって、最近エニドのサイトの通信販売で、1979年のハマースミス・オデオンでのライヴのDVDが発売になった。コレっていえば、かの有名な「ライヴ・アット・ハマースミス」の映像版。もち、全盛期のフランシス・リカーリッシュスティーヴン・スチュアートも在籍していた頃の幻の映像。

「もー死ぬホド観たいっ!!」

ので、都内の某CDショップさんに

「日本に入荷できない??」

って、エニドとコンタクトを取ってもらってたんだけれど、

「小売用はダメ!!」

って、NGが出たみたい。...で、自分でエニドから直接買うしかテがなくなって、でもPayPalを使用した海外との取引なんてやったコトがない...。ただ職場の先輩にそっち方面に詳しい方がいらっしゃって、色々とアドバイスを受けながら

「セキュリティ的にも、大丈夫だよ!!」

って言われたので、PayPalにアカウントを作成して無事に発注までこぎつけたのでした。

ただどーせDVDを買うんだったら、以前からエニド・サイトの通販で欲しかった、

「限定盤のCDとTシャツも一緒に買っちゃえっー!!」

ってなワケで申し込んだら、カンジンのDVDが入ってなくてCDとTシャツだけ届いた。(泣;)急いでエニドのファン・クラブ「Enidi」のセクレタリーのトコロへ

「DVD、届いてないよー!!」

って、メールを打ったら(もち英文で...)

「これから、追加で送るから。」

だって。(笑)相変わらずエニド、

お仕事がちょっと手荒いよーで...(笑)

20100307_2...で、カンジンのCDなんだけれども、タイトルは「アライズ・アンド・シャイン」(Arise and Shine)。限定1000枚のみで、エニドWebサイト直販オンリーなシロモノ。海外のアーティストCDでWeb直販の形式を取っている(レーベルを介していない)ヤツって昨今はケッコウ多いけれど、たいがいは日本の小売店が数をまとめて購入して、店頭でも入手できる。でもコイツは小売用の販売は一切やっていない(一人3枚までとか...)、正に「直販でしか買えない」超限定CDなのです。

ともべのヤツは、さらにスペシャルでアーティストのサイン入り!!(写真②)

「To Yutaka Tomobe」

って書いてあって、さらにサインは上からロバート・ジョン・ゴドフリージェイソン・デューカー、そしてデイヴ・ストレイ。特に日本のファンからの注文だとゆーことを知ってか、

「こんにちわ」

なーんて日本語で書いてあってくれるトコが、ちょーうれしーです!!

「正に、家宝。」(笑)

20100307_3さらにTシャツのほーわ、写真③みたなカンジ。エニドのロゴ・マークの上に大きく「THE ENID」って書いてある。YouTube映像の中のR.J.ゴドフリー御大も、同じTシャツを着ているとゆーヤツ。

「これからの「西新宿ツアー」わ、必ずコレを着ていくのだ!!」(笑)

ハナシをCDに戻して、今回の限定盤CDは、過去のエニドの名曲を現メンバーの最新録音・再レコーディングで収録してあるモノ。収録されている曲目に興味があるヒトも多いでしょーから、一応リストを書いておきます。CDではタイトルが色々と変更になっているんだけれども、一応オリジナルのタイトルと、元々収録されていたアルバム名をカッコの中に付記しておきます。

1.ファンタジー(ホワイト・ガディス)

2.リガードン(ホワイト・ガディス)

3.カルディアン・クロッシング(ザ・シード・アンド・ソーワー)

4.ダーク・ハイドローリック(トリッピング・ザ・ライト・ファンタスティック)

5.シーツ・オヴ・ブルー(サロメ)

6.ザ・ラスト・ジャッジメント(イン・ザ・リージョン・オヴ・ザ・サマー・スターズ)

7.イン・ザ・リージョン・オヴ・ザ・サマー・スターズ(同)

8.マラキャンドラ - ザ・サイレント・プラネット(新曲)

20100307_4ワリと新しメの曲が多いトコロがちょっと寂しいんだけれども、ナンと言っても一番の聴きどころは1stアルバムからの2曲、6.と7.でしょー!!。この当時まだエニドに加入したてだったジェイソン・デューカーのギター・プレイは、エモーショナルで荒々しいながらも、若干フランシス・リカーリッシュのエッセンスも感じられる。この2曲に関しては、オリジナルよりもかなりロック的でストレートな、シンプルな演奏となっています。

再レコーディング曲の全体に、オリジナルよりもシンプル&ソリッドなカンジ。エニドのサウンドを特徴付けるビッグなリヴァーブもカナーリ控えめで、全編デイヴ・ストレイによるドラミングも、かなり生音に近いよーな印象を受けます。さらの面白いのは、8曲の収録曲の曲間がぜーんぶ繋がっていて、アルバム全体で一つのトータル作品、もしくは組曲として聴ける点です。エニドの楽曲の新たな一面を垣間見る思いがしました。

ハマースミス・ライヴのDVDのほーわ、これから楽しみに到着を待って、鑑賞し次第このブログにレビューをアップします。

「お楽しみに!!」

追加情報1

エニドのサイトに最新のR.J.ゴドフリーのメッセージがYouTube映像でアップされているんだけれども、ともべの聞き取りに間違いがなければ、オリジナル・メンバーのスティーヴン・スチュアートEnidiのメンバーとして、エニドとのコンタクトを再開した模様です。フランシス・リカーリッシュウィリアム・ギルモアの2人はすでにシークレット・グリーンのメンバーとしても復帰・エニドと再合流していますし、デイヴ・ストレイは現在もエニドのメンバーですから、エニドがオリジナル・メンバーで再結成される日も近いかも知れませんね。

追加情報2

現在エニドは従来CDをリリースしていた「INNNER SANCTUM」レーベルと係争中の模様です。例のファン・クラブ・オンリーだった「スタンド」名義の2枚のアルバムを同レーベルがCDリリースしようとしていて、

「エニドがマスター・テープを提供していない違法なリリースだ!!」

として同レーベルを強く非難しています。このエニドと同レーベルとの争い、時期的にはUKで「ライヴ・アット・ハマースミス Vol1、Vol2」がCDリリースされたのと時を同じくしています。こちらもマスター・テープは焼失して存在していないところから、もしかしたら上記の4枚は日本のWHDエンタテインメントさんがリリースしたアナログ起こし・紙ジャケCDのマスター完コピなのかも知れません。(この係争に関しては、エニドのサイトにも文献が一杯アップされているのですが、どーも法律的な英文が難しくて...権利に関することだけわ判るんですが...(笑))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »