« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月16日 (日)

エイジアの2010年来日公演を観てきました!!

20100515_1 昨日の5月14日(金)に、エイジアの来日公演を観に行ってきました。場所わ渋谷のC.C.Lemonホール。(写真②)いかんせん平日なので、17:30の終業ベルとともに速攻っ!!で会社を出て(笑)、でもともべの職場から渋谷の会場まではケッコウあり...なんとか開演の10分ぐらい前には会場に到着するコトができました。

ちなみに今回のコンサートも先月のジェフ・ベックと同様、職場の同僚のNさんと同伴で、チケットもNさんが格別にイイ席を取ってくれました。

「Nさん、かさねがさね、どうもありがとうございますぅぅぅぅぅ~...」

会場に着いて、まずはグッズ売り場へGO!!開演間際だったので割と人も空いていて、あっさりTシャツとパンフをGETできました。(写真③)

客席に着くと、ナンと前から2列目のステージ向かってちょい左側。ほどなくメンバーが登場して、目の前3メートルの位置にスティーヴ・ハウ!!さらに5メートル先にわジョン・ウェットン!!あの広いC.C.Lemonホールにあって、ほっとんどプライヴェート・コンサートのやうな近さでした。

「うぅぅぅぅぅ...感激...」(涙;)

20100515_2目の前で見るスティーヴ・ハウわ、やっぱ

「すっかり、おじいさん」(笑)

でした。ギターの仙人みたい。ジョン・ウェットンは以前よりさらに肥えて、

「コニシキのやう。」(笑)

大きく飛び出たお腹の上にベースが乗っかってました(笑)。この位置だったからジェフリー・ダウンズカール・パーマーがやや離れていたんだけれども、この2人が一番若々しい様子でしたネ。

ステージが開演して、1曲目からいきなりニュー・アルバム「オメガ」からの新曲です。(曲名失念...)セット・リスト全体に、「オメガ」から5曲、前作「フェニックス」から2曲、それ以外が旧曲と、あくまで新しい曲を中心に組み立てられたセット・リストでした。旧曲は、記憶の範囲内では「オープン・ユア・アイズ」「タイム・アゲイン」「偽りの微笑み」「ドント・クライ」「孤独のサヴァイヴァー」「時へのロマン」「ザ・ヒート・ゴーズ・オン」なんか...。

20100515_3今回のコンサート、「オメガ・ツアー」と題されていて、でも

「どーせまた、昔の曲のオン・パレードぢゃーないんだろーなー??」

なーんて思っていたら、見事にハズされました。あくまで2008年の復活以降の、新曲が中心のセット・リスト。これが見事に正解だったと思います。ステージ全体に新鮮で、とても楽しめるコンサートでした。演奏するメンバーも、さんざん演奏し飽きた古い曲の時よりは、新曲を演奏している時のほーが、イキイキとエネルギッシュで数倍楽しそーでした。

思えばこのオリジナル・メンバーでのエイジア、「詠時亜~時へのロマン」「アルファ」での全世界的な成功は、かれこれもう25年以上も前になるのだから、その頃と同じ演奏など、望むべくもないのデス。過去のプログレ・チックなエイジアの幻影を振り切って、

「リアルタイムの現在のエイジア」

を等身大で見せてくれた今回のコンサートは、このバンドがまた新しい時代に突入したことを感じさせるものであったし、また

「これから先も、まだまだ演れる!!」

ことを見事に証明してくれた素晴らしいステージでした。

前作「フェニックス」では、昔のエイジアとの比較で若干違和感もあったものの、新作「オメガ」ではまたそれをさらに押し進めた路線で、シンプルな王道アンサンブルが素晴らしいものであったし、(ちなみにこの「オメガ」、スルメみたいに噛めば噛むほど良いのです!!)

「完全に過去を振り切った」

現在のバンドの勇姿は、ともべもまた認識も新たにファンになっちゃいました。

20100515_4バンドがこーゆー状況だから、ましてや各メンバーが元在籍していたバンドの曲なんて1曲もナシ。このバンドが演る「クリムゾン・キングの宮殿」とか「ラウンド・アバウト」なんか、ハッキリ言って2度と聴きたくなかったし、ましてや「ラジオ・スターの悲劇」に至ってわ腹立たしい限りで...(笑)、これらがなくなったからホントーに良かった...。スタジオ・アルバムを2枚制作して、演奏できる新曲も増えたことながら、バンドとしてのまとまりも圧倒的に良くなった感じです。

ライヴでのバンド・アンサンブルの安定は、よもやこのバンドには最初からあまり期待していないのだけれど(笑)、今回も何かと不安定ながら、以前よりはずっと良くなっていました。カール・パーマーのドラムも、さすがプレイに余裕はないものの、それなりにしっかりと叩いていたし、ドラム・ソロなんか超パワフルで往年のEL&Pを見るやうでした。

目の前でギターを弾いていたスティーヴ・ハウも、今回はミス・トーンがあまり目立たなかった。アコースティック・ソロのコーナーではお決まりの「ムード・フォー・ア・デイ」「クラップ」を、でもかなーりアレンジを変えて演奏して、やんやの喝采を浴びていました。

「やっぱ、スティーヴ・ハウって、ウマイやぁ~!!」

って、改めて思いましたネ。

20100515_5ジョン・ウェットンのボーカルも、全盛期より全く衰え知らず。声が良く出ていました。昨今のフィル・コリンズみたく楽曲のキーを下げることもなかったやうで、時にタウラスのペダル・ベースを踏みながら、まだまだ現役でイケることを証明していました。

「出っ張ったお腹以外は...」(笑)

ただ1つ残念だったのは、たぶんPAのトラブルだったのでせう、ジェフリー・ダウンズのキーボードがアンサンブルの中ではほっとんど聴こえなかったコトで、せっかくジェフが8台くらいあるキーボードをとっかえひっかえ熱演しているのに、そのプレイの妙が全く判りませんでした。アンサンブル的にもキーボードが聴こえればもっと安定するのに、惜しいコトです...。

アンコールの1曲目は「ゴー」、メドレーで2曲目の「ヒート・オヴ・ザ・モーメント」になだれ込みました。特に「ゴー」に関しては、スティーヴ・ハウ在籍でコレを演奏するのは初めてだと思います。多く入るギターのオブリガードやソロも鮮やかで、

「「アストラ」にもしハウが入っていたら、こんなになっていたんだよ...」

みたいなカンジで、タイヘン興味深かったです。アンコール2曲で大盛り上がりの中、コンサートは盛況に幕を閉じたのでした。

「あー、楽しかったっ!!」

コンサートの後わ例によって、同伴のNさんと渋谷で串焼き&生ビール...

「熱~く、古~いロックを語る会パート2」(おやぢ)

居酒屋では偶然にも大学時代の音楽サークルの後輩にバッタリ出くわす(アッチもエイジアのコンサートの帰りだったよーで...(笑))サプライズ付きで、とっても楽しいハナ金の一夜を過ごすコトができたのでした。

「さあ、次わルネッサンスとスティーヴ・ハケットだぁぁぁぁぁぁぁっ!!」(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

第4回「春の喫茶プログレ・ツアー」高円寺!!

20100502_1 ちょっと時間が経っちゃいましたが、先月の4月24日(土)に、毎年春恒例の

「高円寺 喫茶プログレ・ツアー」(笑)

に参加して参りました。毎年この時期にやっているこの「喫茶プログレ・ツアー」。今年ははや4回目を数えます。今年は参加メンバーも、幹事の追川さんを始めとして、西川”GoWest”さん、サの字さん、RUBENさん、Kayakerさん、ともべと、いつもMixiでお世話になっているオールスター・メンバーが揃いました。

ともべわ高円寺へ行く前に、新宿にてディスクユニオン・プログレ館さんに立ち寄り。実わこの日が8月のスティーヴ・ハケットルネッサンスの来日公演のチケット発売日だったノダ。無事にチケットをGETして(特にルネッサンスは、売れ行きがスゴくいいみたいだった...)、あとで聴いたらKayakerさんも同じ頃に新宿ユニオンさんでルネッサンスのチケット買ってたんだって。

「今回のメンツ、どーも行動パターンが同じよーで...」(笑)

高円寺駅の改札に夕方6:00に待ち合わせて、さっそくサブカルのメッカ・高円寺の町に繰り出しました。まずは飲みに行く前に、途中の中古レコード屋「RARE」で、中古レコード漁り。(笑)(写真②)これも毎年のお決まりコース。

20100502_2ともべわ中古レコードおコレクションする趣味はないのだけれど、今回のメンバーは、何かと中古レコードが好き!!皆さんレア盤を掘り出すコトに余念なく(笑)、実際この日も掘り出しモノもかなーりあったやうで、ご満悦のご様子でした。

「古~い歌謡曲のシングル盤とか...ともべあんま良く判んないんですが...。」(笑)

ちなみにプログレ関連でわ目ぼしいモノはなかったですね。やっぱともべの趣味的にわ、プログレ関連なら西新宿のほーがだんぜん上。

20100502_3...で、1件目は、昨年もお邪魔したアジア料理店「バーミィー」さんです。このお店、外向きにはエスニック料理屋さんなんですが、実は店内は写真③のよーに、ロックのアナログ・レコードが山のやうに積まれています。れっきとした「ロック・バー」なのです。この日も選曲はマスターにお任せで、ピンク・フロイドとか、ロビン・トロワーとか...

「しかもブートで!!」(笑)

色々とかけてくれました。

フツー「ロック・バー」っていうと、お値段が割と高くて、食べるものはあんま美味しくないのが世間一般の定番なんだケド、この「バーミィー」さんはエスニックなお料理がとっても美味しくて、しかも料金が良心的なのです。今回もお料理は

「もー、お任せでテキトーにっ!!」

ってーなカンジで、エラくいーかげんなお客です。(笑)

20100502_4しかも我々が熱ーく

「ロック談義」(笑)

に花を咲かせていると、マスターやマダムが会話に加わってきてくれる。(写真④)で、今のロック業界の裏話的なネタ情報を教えてくれたり...ホントこれが高円寺ならではですね。しかもマスターは次々に別のレコードをかけてきては、

「コレ、誰だか判らないだろー??当ててみな!!」

みたいな...(笑)。ドイツのプログレ・バンドで、名前も聞いたコトのないよーなマイナーなバンド、当たらないんですが...(「ノヴァリス」までわ近くて、ドイツまでは当たってたんだケド...)もー、マスターとお客との

「アーティスト当てっこ合戦」(笑)

みたくなって、会話も盛り上がる中、居心地が良くってつい夜10:00近くまでこのバーミィーさんで飲んでました。

「喫茶プログレ、行かなくていいのぉ~???」(笑)

20100502_5...で、重い腰を上げて、第2弾の「喫茶プログレ」へGO!!(写真⑤)いつもながらこのお店、

「マスターの気分によってわ、休んじゃう」(笑)

お店なので、空いているかどーかが、いつも着くまでとってもシンパイ...この日も無事に営業していて、ホッと一安心の面々なのでした。

ただ、このお店にしては珍しく、奥のボックス席が満員だったので、総勢6人でカウンターを占拠することとなりました。(写真⑥)

20100502_6各自ビールなんかを飲みながら、ここからわプログレ談義(笑)。実わ各々が

「かけてもらいたいネタCD」

も持参してきていて(ともべ、持ってくるの、忘れた...)それぞれがリクエストでかけてもらいました。サの字さんのイル・ヴォーロの2ndわ合格として、西川”GoWest”さんのダリル・ホールのソロは反則だろー!!とか...(笑)、あと何をかけてもらったっけ??いかんせん酔っ払っていたので、あんま憶えてないんですが...(笑)

店内の別のお客さんもやっぱ同じプログレ・マニア同志、気軽に話しかけてくれて、

「ここわ定番で、ジェネシスの「ミュージカル・ボックス」、かけましょー!!」

とか。ちなみに今の喫茶プログレさんのオーディオ・システムは、メインはiTuneに移行されているよーでした。PCのディスプレイにジャケット写真が出て、そこから選曲をしていました。リクエストなんかで使用するCDプレーヤーには、ティアックのかなり上位の機種が使用されていました。やっぱこのあたり、モノのコダワリも違います。

20100502_7夜11:30頃に、終電がなくなるとのことで、「喫茶プログレ」をお開きになりました。ホントーわもっともっと飲んでいたかったんだけれどもネ...。で、高円寺の駅のホームで撮った記念写真が最後の2枚。片方にわ西川”GoWest”さんが

「超ハイ・テンションで!!」(笑)

写っているし(何でも記憶、ないらしー...(笑))、もう片方にはともべが写っているので、もー両方アップしちゃいます。(ブログでのお顔出しわ、もちろん許可を頂いています。)この写真のメンバーのイイ顔を見ても判るとおり、ホントーに楽しい一夜でした。

「みんな、お疲れ様でしたぁぁぁぁぁ~!!」

20100502_8しっかし今回のこのメンバー、

「実に、濃いイぃぃぃぃ。」(笑)

一人残らず、ただならぬメンツが集まっています。他のメンバーがブログでいわく

「異能集団」(大爆笑!!)

こーんなひとクセもふたクセもある面々に囲まれて、おそらくともべも

「ほかから見れば、全くの同族。」(笑)

こーゆー楽しい面々とのお付き合いが、とっても嬉しいともべなのです。

「ここわ、現代の「梁山泊」か???」(笑)

毎年このイベントが過ぎると、季節は本当に春なのです...。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »