« エイジアの2010年来日公演を観てきました!! | トップページ | エニドのニュー・アルバムがリリースされました!! »

2010年6月 5日 (土)

既発曲の全てをデジタル・リマスタリングしました!!

20100605_1 みなさん、こんにちわ!!すっかりご無沙汰のともべです。(笑)

実わタイトルにもありますが、このところ今までの発表曲のリマスタリング作業に従事していて、しばらく

「ブログ禁止令っ!!」(笑)

お出していた次第です。

「ごめんちゃい。」

...で、約一ヶ月間の作業期間を経て、めでたく全曲のリマスタリング作業が完了致しました。

「やれやれ...。」

今回リマスタリング作業のために導入したのわ、波形編集ソフトとしてスタインバーグ社のWAVELAB STUDIO 6と、プラグインのリミッターとしてWAVES社のL3 Multimaximizer。(写真②)本音を言うと、L3を使いたかったから互換性のあるホスト・アプリケーションとしてWAVELABを導入したとゆーのが、正解。

WAVELABは上位ソフトのWAVELAB 6(「STUDIO」のつかないヤツ...)もあったんだけれど、なんせ値段がバカ高いし、目的が2チャンネル・ミックスをマスタリングするだけだから、機能縮小版のSTUDIO 6で十分だと思いました。それでも、ぜーんぶで12万円ほどの先行投資。

「あーあ...。」(泣;)

20100605_2さらに、ソフトを購入してから、PCへの導入がタイヘンだった。WAVELABはワリとすんなりいったんだけれども、WAVES L3のほーわライセンス管理がガチガチで...WAVES社のWebサイトにアカウントを作成してライセンスを登録し、さらにライセンスを管理しているiLok社のWebサイトにもアカウントを作成。両方のWebサイト間でライセンスの移行(紐付け)を行って...さらにそれをiLokのUSBキーにダウンロードし...

「もーちっと、シンプルなライセンス管理をやりなさいっ!!」(怒;)

無事にWAVELABからプラグインでL3が呼び出せるまで、ほぼ半日仕事でした。

「ふぅぅぅぅ~...。」

それから2つのソフトの使用方法をそれこそトライ&エラーでマスターして、マニュアルなんかぜんーぶ英文だし...でも新しいソフトの使い方をマスターするって、えっらい楽しかった。

「やっぱこーゆーのって、ワクワクするッスよね ♪」(笑)

...で、この2つのソフトを使ってみた印象なんだけど、まずはスタインバーグWAVELAB STUDIO 6。(写真①)非常に機能面で充実しているし、GUI環境も非常に使いやすくて、優れた波形編集ソフトだと思いました。さらに、このソフトは内部的には32bitで演算処理をやっているので、音がとてもキメ細かくて高品位なカンジがします。今回初めて「波形を部分的に補正する」なーんてコトもやっていて(具体的には、ある1曲のマスターに、一瞬片チャンネルの音量が欠落してしまう部分があったのだけれど、部分的にレベルを補正するコトで、なんなく解決してしまった)、非常にパワフルなツールだと思いました。

20100605_3...で、今回の超目玉っ!!WAVES社のL3(写真③)なんだけれども、コッチわ超ビックリの最強ソフト!!です。とにかくリミッターのスレッショルド・レベルを下げるだけで、全体の音圧感がぐんぐんアップする。それも通常のリミッターみたくスレッショルドを下げるとそれだけピーク時の頭打ち感が大きくなるコトも少なく、またサウンド全体のカラーリングへの影響も極めて微少です。このマルチ・バンドのスーパー・リミッター、

「いったい、どーゆーアルゴリズムになっているんでしょーね???」(不思議...)

でもそれだけに、ソースに対するかけかたには、十分に注意が必要であるとカンジました。やみくもにスレッショルドを下げたからといって、無制限に音圧感がアップするワケではなく(やっぱ一定の限界がある)、また強くかければかける程、サウンド全体のカラーリングも変わってしまうので、

「音のイメージをあまり変えずに、適度に音圧感をアップする」

微妙な設定が必要だと感じました。だから今回のマスタリング作業でも、曲のソースによって、かかり具合を細かく調整しています。

結果として、この2つのソフトを使用して、非常に納得のいくリマスタリング作業ができたと感じています。アナログ・シンセの暖かいイメージをそのままに(と、ゆーよりは、広がり感はさらに向上していると思います)、音圧感が大幅にアップし、さらにリミッターのお陰でサウンド全体にレベルのデコボコが均一化された、非常になめらかで自然なサウンドに仕上がりました。

当ブログの親サイトである「シンフォニックロック・ワールド」で配信しているMP3は、ぜーんぶこの新しいリマスターを元に再作成されています。

「GOODなサウンドをぜひチェックして下さいネ!!」

20100605_4...で、MP3って言えば、今回MP3のエンコーダーにもコダわりました。WAVELABではMP3エンコーダーはLAMEフラウンフォーファーの2つが選択できるんだけれども、両者のサウンドを聴き比べてみたら、やっぱフリー・ソフトであるLAMEよりは、製品版であるフラウンフォーファーのほーがだんぜん音がイイっ!!やっぱ独フォラウンフォーファー社

「MP3のフォーマットを開発した」

会社ですから、やはり本家本元なのデス。でもWAVELABにバンドルされているフラウンフォーファー社のMP3エンコーダーは20回限定の試供版で、回数無制限にエンコードするためには別途ライセンスを購入しなければなりませんでした。でもやっぱ皆さんには出来るだけ良いサウンドでともべの音楽を楽しんでもらいたかったので、

「フラウンフォーファー社のMP3エンコーダーのライセンス、買っちゃいました」(汗;)

このあたりの音の良さも、感じてみてくださいネ!!

最後に、ともべのWebサイトとMusicTermさんのサイトで通販している、ともべのソロCD、「シンフォニア」「コンチェルト」(どっちも「サイバー・ギャラクティック・オーケストラ」名義。写真④)も、今回の最新リマスター音源で再発売しました。

いかにWebサイトで配信しているMP3が音がイイとわいえ、やっぱ

「それはそれ、これはこれ。」(笑)

ホンモノのCDフォーマットが、やっぱだんぜん音がイイです。マスターのサウンドそのものですから...。だからMP3を聴いて気に入ってくれたヒトわ、ぜひCDも買ってくださいネ!!

「買わないヒトわ、タイホされます...」(うぞです...)

ちなみに、上述してきた、ともべのWebサイト「シンフォニックロック・ワールド」のURLわコチラです。(↓)

http://homepage1.nifty.com/tomobe/

みんな聴いてねぇぇぇぇぇぇぇっ!!

(ついでに買ってね...シツコイか...(笑))

|

« エイジアの2010年来日公演を観てきました!! | トップページ | エニドのニュー・アルバムがリリースされました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/48550997

この記事へのトラックバック一覧です: 既発曲の全てをデジタル・リマスタリングしました!!:

« エイジアの2010年来日公演を観てきました!! | トップページ | エニドのニュー・アルバムがリリースされました!! »