« アフターセブン・コンサート2010大成功!! | トップページ | アフターセブン・コンサート2010のライヴ録音を配信開始しました!! »

2010年11月28日 (日)

バッド・カンパニーの来日公演を観てきました!!

20101128_1 イロイロと他件があって、ブログへのアップが遅くなっちゃいましたが、10月26日(火)に、バッド・カンパニーの来日公演を観に行ってきました。場所は例によって、有楽町の東京国際フォーラム。仕事が終わって速攻でGOっ!!(笑)で行ってきたのデス。

会場に着いて、まずわとーぜん、コンサート・グッズ販売コーナーへ...。春のジェフ・ベックのときもそーだったんだけれど、国際フォーラムのグッズ売り場って、開演前はずんごい並んじゃってタイヘン...。

「開演、間に合うかなぁ~...」

なーんてドキドキしながら、それでも何とかギリギリでパンフとTシャツをGETしたのでした。(写真②)

「やっぱバッド・カンパニーわ、このTシャツぢゃーなきゃーネっ!!」(笑)

20101128_2今回のコンサートも、職場の同僚の「Nさん」と一緒で、チケットもNさんに取ってもらいました。ステージ真正面(客席の中央)の、前から2列目!!とゆー超プレミアムな席。

「この位置で、目の前にポール・ロジャースが現れた日にわ、どーなっちゃうんでしょーか??」(笑)

19:00ちょうどに開演して、前座はポール・ロジャースの息子のスティーヴン・ロジャースのソロ・アクトでした。アコースティック・ギター1本抱えての弾き語りです。さすがに「息子」だけあって...。

「顔、良く似てた」(笑)

ただ音楽的にはオヤジのセンスとわ違って、あくまでブリティッシュ・トラッドを基調とした、より英国人のルーツに根差したよーな音楽だった。フェアポート・コンヴェンションなんかを連想するカンジ。これが思いのほか英国然として、ナカナカ良かったです。

20101128_3前座が終わって、BGMにビートルズ「アイ・アム・ザ・ウォルラス」が流れる中、メイン・アクトのバッド・カンパニーが登場っ!!いきなり1曲目から、「キャント・ゲット・イナフ」で、もー最初から、会場わ総立ちっ!!

「だからさぁ~...最初から立つのわぁ~、おぢさん疲れるってばぁ~...」

ちなみにステージに現れたポール・ロジャース、もー目の前2メートルの位置!!PAからの声より、生歌のほーがはるかに良く聴こえる。いや、それどころか、

「おやぢの体臭まで臭ってくるよーな、超至近距離っ!!」(失礼...)

いやー、でもカッコ良かったです。もー年齢的には60代半ばぐらいぢゃーないんだろーか??それなのに、ここまでセクシーなのです。もち、ハラなんてゼンゼン出ていない。イメージ的には、日本の永ちゃんにダブる面もあるんですが...。しかもボーカルも全く衰えを感じず。お得意のマイク・スタンドを使ったパフォーマンスも、天井近くまで高々とスタンドを放り投げて、それを見事にキャッチしちゃう!!

「オッサン、カッコ良すぎるんとちゃうー??」(笑)

20101128_4コンサート全体的にわ、「ラン・ウィズ・ザ・パック」「バーニング・スカイ」「シューティング・スター」など、もー有名ドコの代表曲のオン・パレード。どれも知っている曲ばかりなので、とっても楽しめました。サプライズとしてわ、ギター1本抱えて、

「この曲を覚えているかい??」

って、「夜明けの刑事」(昔、バッド・カンパニーが日本のTV番組に提供した曲)を演ってくれたりました。

とにかく「PAが席よりも後ろにある」カンジなので、ボーカルだけぢゃーなくて、ドラムスもベースもギターも、「生音のほーが大きい」のが、とっても良かったです。ただ1点、ギターのミック・ラルフスが今回急病のため不参加で、替わりに本来サポート・メンバーのハワード・リースがメイン・ギターを担当していました。でもツイン・ギターが必要な場面ではゲストでマーカス・ウルフなるギタリストが参加。このヒト、一見風貌からして

「え??CHARが飛び入り参加なの??」

とか、一瞬思っちゃいましたが...(笑)

ちなみにドラムスのサイモン・カークわ、

「やっぱ、バッド・カンパニーのドラムスわこのノリぢゃーなきゃーネ!!」

みたいにさすがでしたが、やっぱトシをとったのか、力を抜いたリラックスしたプレイが目立ちました。

実わ前の日記に書いたケド、この3日前にはユーライア・ヒープの来日公演を観たばっかしで、その比較でも面白かったです。どっちもベテラン系「いぶし銀」ロック・アンサンブルには変わりないのだけれど、あくまでユーライア・ヒープは

「元祖・様式美系ハード・ロック」

で、音楽的なシカケもかなーり多い。それに比べて、今回のバッド・カンパニーははるかにシンプルかつポップで、

「元祖・王道ブリティッシュ・ロック」

みたいなカンジ。どっちが良いとかわないのだけれど、同じ「ハードロック」でも、音楽的なカラーはだいぶ違う。

20101128_5ハナシをコンサートに戻して、この日はツアーの最終日だったらしく、メンバーもエラいノってました。アンコール1曲目の、ポール・ロジャースがピアノの弾きながら歌う「バッド・カンパニー」から、続く「ビー・マイ・フレンド」フリー時代の曲で、この日だけだったらしーです。アンコールは2回目もあって、「レディ・フォー・ラヴ」に続いて名曲「ストーミー・マンデー・ブルース」を演ってくれました。これもこの日だけ。観たカンジでわ、

「その場のノリで、演ちゃった!!」(笑)

みたいな雰囲気でした。

あと、バッド・カンパニーって言ったら、このヒトを忘れちゃーいけません。オリジナル・ベーシストの故ボズ・バレル。我々プログレ・ファンにとっては、「アイランド」期のキング・クリムゾンのボーカル兼ベースとゆーイメージが圧倒的に強いんだけれども、この日のステージでもバックの大きくフォトを写されたりして、追悼の意を表していました。

でも、とっても楽しめた今回のコンサートでも不満点が1点。ともべ的にわ、バッド・カンパニーの曲の中で一番ライヴで聴きたかったのは、1stアルバムの「ロック・ステディー」なのだ。今回のコンサートでも、最後の最後まで

「次わ来るぞぉぉぉぉ~...」

とか思ってたら、結局最後まで、

「演ってくれなかった...」(泣;)

バド・カンの中でわ、一番の代表曲だと思うんですけどねぇ~...。

でもまあ、コンサート全体的には、特にポール・ロジャースの魅力満載の、もーお腹いっぱいで大満足なコンサートでした。あーっ楽しかったっ!!

「クイーンのポール・ロジャースわ特に観たくもないけれど、バド・カンのポール・ロジャースわ大好きなのだ!!」(笑)

|

« アフターセブン・コンサート2010大成功!! | トップページ | アフターセブン・コンサート2010のライヴ録音を配信開始しました!! »

コメント

 このバンドも大好きです。ポールの歌は勿論、やはり良い曲を書いて、ねちっこいギターを弾くミック・ラルフスは好きでした。代役のハワード・リースはHeartの時は鍵盤奏者のイメージが…
 
 やらなかったRock Steadyは昔の映像だと、ポールがギターソロを弾いていましたな…
 
 うん、やはり生で見たい見たい…

投稿: タジユキヒロ | 2010年12月14日 (火) 08時37分

タジユキヒロさん、こんにちは!!

コメントどーもです!!

やっぱ前回のユーライア・ヒープといい、今回のバッド・カンパニーといい、このヘンがタジさんの「ツボ」(笑)ですかね??
やはり「曲が良い」バンドは強いです。

>>ねちっこいギターを弾くミック・ラルフス
>>は好きでした。

今回、彼わ「病欠」(笑)でした。
残念...。

>>代役のハワード・リースはHeartの時は
>>鍵盤奏者のイメージが…

その後の某音楽雑誌のコンサート・レビューで読んだのですが、ハワード・リースのメイン・ギター1本はやったら評判が悪かったよーで...。
いわく、「ギターが不安定で代役としては役不足」だとか。
見ててあんま感じなかったんですけれどもねー。

>>Rock Steadyは昔の映像だと、ポールが
>>ギターソロを弾いていましたな…

今回ポールは、アコギ以外はギターを弾きませんでした。
やっぱ彼がエレキ・ギターを弾くべきだったとゆー、コレも某雑誌のレビューでした。

>>うん、やはり生で見たい見たい…

「間近のポール」わ、かなーり「濃かった」です。(笑)

でわでわ。。。

投稿: ともべ | 2010年12月19日 (日) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/50156473

この記事へのトラックバック一覧です: バッド・カンパニーの来日公演を観てきました!!:

« アフターセブン・コンサート2010大成功!! | トップページ | アフターセブン・コンサート2010のライヴ録音を配信開始しました!! »