« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月26日 (日)

まったりぃ~と、2010年を振り返ってみる...

20101226_1 今日わ12月26日(日)。会社の仕事納めが12月28日(火)でまだ2日も仕事があるんだけれども、今年は年末の雑務は早めに動いたので、大掃除も年賀状出しもぜーんぶ終わっちゃった。年内わやるコトなし。...で、ちょっくら早めながら、年末のノンビリしたこの時期に、2010年をまったりぃ~と振り返ってみたいと思うのデス。

...で、「今年のお顔」わ、やっぱこのジャケット。奇跡としか言いようがなかった、エニドの1stと2ndのEMIオリジナル・マスターでのCD化。日本国内盤では、さらに紙ジャケ&SHM-CDにまでなりました。エニドはその他にも久々の新作「ジャーニーズ・エンド」の発表や、これまた奇跡としか言いようがない、1979年ハマースミス・オデオンでのライヴDVDのリリース。さらにイギリス本国ではエニド本体が元気にツアー中だわ、国内でもマーキー誌にエニドの特集は組まれちゃうわで...とにかく「エニド」とゆーバンドがここにきて非常にクローズアップされた一年だった。この状況わ、よもや30年前からは考えられない。

「エニドの音楽に、ようやく大衆の耳が追い着いてきた」

と見るべきなのでしょーか??とにかく来年に来日が実現するコトを、大いに期待したいのデス。

20101226_2...で、話題を年間のトピックに移して...5月に音楽のマスタリング環境として、スタインバーグ社のWAVELABWAVES社のL3を購入した。とにかく巷では

「音楽制作上必須!!」

とまで評判のL3を、とにかく使ってみたかった...とゆーのが、ホンネ。実際に試してみたその効果は絶大で、既存のサウンド・データをぜーんぶリマスタリングしてしまいました。さらにWebサイトで配信しているMP3ファイルも全部リマスタリング・データから再作成したばかりか、ネットで通販している「シンフォニア」「コンチェルト」の2枚のCDも、リマスタリング盤で再発にまでこぎつけられました。

20101226_36月に入ると、今度わ家の改装のハナシが持ち上がって、ついでに、とゆーワケで、スタジオもリニューアルすることになりました。写真のやうに、壁紙をぜーんぶ木目調にして、とってもウッディーな雰囲気。

「山小屋の中の、シンセサイザー・スタジオ」

をイメージしたんだけれど、まずはその通りの快適なレコーディング環境になりました。しっかしながら、この改装、けっこうタイヘンだった。壁紙の全面張り替えとなると、設置してある重い機材群の移動から、クモの巣のやうなワイアリングの切断、再結線まで...ほぼ1カ月以上、スタジオ機能わストップしてしまいました。まあ、結果的に壊れた機材は皆無でちゃーんと現状復帰できたから、良かったんだけれどもネ。

20101226_4さらに、どーせスタジオを改装するんだったら、

「調子の悪いシンセを全部メインテナンスに出して、スタジオを完動状態にしちゃえっ!!」

とか思って、鍵盤やらツマミやらあれこれイカれていたコルグポリシックスモノポリーのアナログ・シンセ2台を、この際思い切ってFIVE-Gさんにメインテナンスに出しました。7月末ぐらいに修理をお願いしたんだけれども、結局出来あがったのは10月に入ってからで、約3カ月間もかかってしまった...。でもその甲斐あって、今や2台とも外観的にも機能的にも

「ピッカピカの完動品っ!!」

です。やっぱこの2台のアナログ・シンセわ大切にしなきゃー!!なのデス。

でも今年は、このスタジオの改装&シンセのメンテが入ったモンで、

「スタジオ・レコーディングの新曲を、1曲も挙げられなかった...」(泣;)

まあ、これから以下にも書く案件の盛りだくさんぶりでは、新曲のレコーディングまではちょっと無理ですね...。

20101226_5で、8月に入って今度わ、

「自宅のPCが突然壊れた!!」(泣;)

電源が突如入らなくなっちゃって、近所のPCショップの持っていったら、電源系はマザー・ボードの交換になるので、メーカー修理で、しかも費用はまあ見積もって7~8万円はするとのこと。

「ぢゃー、新しいPC買ったほーがいいじゃん!!」

ってーなワケで、急遽PCの買い替えとなりました。とっころが、既存のソフトウェア資産を考えるとWindows7機を買うワケにはいかず、WindowsXPで考えると写真のノートPCしかなかった。とりあえずコレを買って帰るも、やっぱノートPCの使い勝手の悪さにはなじめず...結局ノートPCは机に下の置いて、古いPCのモニタとワイアレスのキーボード、マウスを接続して、

「ほぼデスクトップのよーに」(笑)

使用してます。さらにそれからが既存のソフトウェアの再インストール、環境の再構築で...

「あ”~、しんどっ!!」

でも、結果的にプロセッサもメモリもハードディスクもアップグレードされたので、とっても快適!!まー満足しています。

20101226_6_2 あと、ちょっと前後して、7月にはともべの母校、都立井草高校

(通称、「遊びの井草」(笑))

の3年生の時のクラスの同窓会がありました。近年、「Mixi同級生」なんかで昔の懐かしい仲間とのつながりがどんどん復活していて、この同窓会もそーいった流れの一環です。クラスメートのみんな、さらには担任の先生まで皆さんお元気で、とっても楽しい一日を過ごすことができました。(写真はブログでの掲載許可を得ていないので、お顔はモザイクを入れてます。念のため...)

さらにその後、この同級生のつながりで小さな飲み会が2回、年末にはさらに同窓生忘年会と、次第に明らかになっていく同級生の所在もドンドン輪が広がりました。さらに来年夏の高校主催の全学同窓会では、我々の学年が「記念学年」なのです。今後に向かって、仲間の広がりがとっても楽しみな動きです。

「やっぱ、昔からの人脈わ、貴重な財産。なによりも大切にしなきゃーネ!!」

20101226_79月も後半に入って、ともべもよーやく

「遅い夏休みっ!!」

今年はここ10年来の悲願であった、

「北海道、放浪の旅」

をようやく実現するコトができました。

思えば、前回北海道を放浪したのが約10年前。その時は道北を中心に、利尻礼文なんかを放浪して、それ以来、

「また行きたいよーっ!!」

って思っていながら、毎年それなりの事情で果てせずにいたのデス。今回わ、今まであんま良く見ていなかった道東を中心に、9日間の放浪の旅を満喫してきました。久々に訪れた北海道の大自然わ、本当に素晴らしかった...。さらに、「自分の中に眠っていた何か」を確実に呼び醒まして、今後の生き方の上でも大きな糧を得た有意義な旅でした。

「やっぱ、旅わしなきゃーね!!」(放浪癖...(笑))

20101226_8...で、北海道から帰ってからわ、11月の「アフターセブン・コンサート」に向かって一路邁進っ!!準備、リハーサル期間を経て、11月9日(火)に、無事にステージを果たすことができました。もちろん、自分の演奏だけでわなくて、運営スタッフとしてコンサート全体が成功することが一番重要なんだけれども、今年もコンサートは大成功だったと思います。

さらに今回は、色々とラッキーな偶然が重なって(ライヴは「水モノ」なので、やっぱコレが一番重要っ!!)、ともべ自身も良い演奏が出来て、さらに長年の悲願であった

「ライヴのオープニングに、イギリス国歌!!」(もち、エニド・バージョン...)

も果たすことができました。さらに優秀な録音とともに、ライヴの演奏をMP3でネット配信までこぎ着けるコトができた。このイベントが、今年を締めくくる最大のクライマックスでしたかねー??

20101226_9一方、視点を一年間全体に移して、今年はまー良く観に行きました、ロック・コンサート。もちろん最大のイベントは

「日本初っ!!」

である8月の日比谷野外音楽堂でのプログレ・フェスティバルだったんだけれども、ちょっと全部数えてみると...。

・3月のクラウス・シュルツェ

・4月のジェフ・ベック

・5月のエイジア

・8月のスティーヴ・ハケットルネッサンスプログレ・フェスの3連チャン

・10月のユーライア・ヒープ

・同じく10月のバッド・カンパニー

と、年間で8回もロック・コンサートに足を運んだ。おそらく、過去最多なんぢゃーないだろーか??自宅で増殖する「記念Tシャツ」とともに(笑)、来年もまた「外タレ来日ラッシュ」わ、続くんでしょーネ!!(エニド、来ないかなぁ~...)

20101226_10さらに、今年も散財致しました、紙ジャケCD。今年特に大きかったのが、イエスの紙ジャケ・アンコール・プレスと、ユニバーサル・レーベルのこれまたアンコール・プレス。

イエスの紙ジャケわ、そもそもが昨年8月にリリースになって、ともべわ旧規格のHDCDを全部持っていたので、

「今回わ見送るかぁ~...」

とか思っていたら、評判がすこぶる良くて市場からまたたくまに消え失せた。それが今年の8月にアンコール・プレスになって、

「まあ、代表作だけ4~5枚、買うかなぁ~...」

とか思っていたら、入手した数枚がやっぱ非常に出来が良くて...

「結局、CD15枚、大人買いしちゃいましたぁ~!!」(自爆...)

ユニバーサルのアンコール・プレスでは、ザ・フーエリック・クラプトンダイアー・ストレイツなど、プログレ以外のロックの定番を軒並み揃えたカンジです。

でもこの紙ジャケ・ブームもそろそろ下火になってきているよーで、上記以外はソフト・マシーンマンダラバンドなど、比較的細かいリリースが目立った。そろそろネタ切れかな??みたいなカンジ。だから来年からはこの

「紙ジャケ散財地獄」(笑)

も、だいぶん落ち着いてくるかとわ思いますね。

...ってーなワケで、ホントーに盛りだくさんだった今年一年。今年は一年の最初に、

「今年は周囲の雑音には目もくれず、一気呵成に突っ走る「突破力!!」の年」

ってこのブログに書いたんだけれども、ほぼその通りの一年になりました。これだけ盛りだくさんだった一年も珍しい。さらに今年は寅年で、ともべわ年男だったのも、運気の追い風になったのでしょーか??とっても実りの多い年でした。ちょっと多すぎて...

「もー、お腹いっぱい!!」(笑)

そして、来年にはまた来年の運気があると思うので、年明けにまた、一年の抱負をこのブログに書きたいと思います。

それでは、今年のブログはこれでおしまい。

「皆さん、良いお年をー!!」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

アフターセブン・コンサート2010のライヴ録音を配信開始しました!!

20101212_1 本日わ、告知だけのなのでショートに...。

先日の2010年11月9日(火)に開催されたアフターセブン・コンサートでの、ともべのステージをMP3で配信開始しました!!

専属のレコーディング・スタッフによって、24bit、96khzでオリジナル・マスターが録音されていて、そこから例によってフラウンフォーファー社のMP3エンコーダーを使用してファイルを作成しましたので、ナカナカ良い音質でともべのライヴを楽しむコトができます。

曲は「めぐり逢い」なのですが、今回は特にステージのオープニングのイントロダクションとして、イギリス国歌の「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」を演奏しています。それもモロ、

「エニドのバージョンで」(笑)

ともべ個人的にわ、ライヴ本編よりもコッチのほーが思い入れがあったりして...(笑)

録音の配信は、このプログの親サイトの「シンフォニックロック・ワールド」の、「ライヴ録音アーカイヴ・シリーズ」のコーナーでダウンロードできます。一応URLはココ(↓)です。

http://homepage1.nifty.com/tomobe/Archive.htm

みんな聴いてねぇぇぇぇぇぇぇぇっっつ!!

(聴かないヒトわ、灰皿で酒、飲ませます。(笑))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »