« 最近買った、CDの話などなど... | トップページ | イロイロなモノを同期させて... »

2011年2月13日 (日)

エニドの2010年最新ライヴの今度はCD!!

20110213_1 エニドの2010年復活ライヴの、今度はCDがリリースされました!!タイトルも先般リリースされたDVDと同じ。「ライヴ・アット・タウンホール・バーミンガム」。収録内容もDVDと同じですが、曲間のMCは全く収録されていないのと、音声のミックスがDVDとは別ミックスになっています。CD2枚組で、エニドのファンならばぜひ押さえておきたい1枚です。

ともべのトコロには、先週ぐらいによーやくUKからエアメールで届きました。エニドのWebサイトから直販で購入したんだけれども、日本国内の小売店では、西新宿のガーデンシェッドさんがいち早く取り扱っています。

収録曲目を一応ご紹介しておくと、

CD1

・ジャーニーズ・エンド(各曲に分かれてクレジットされています)

・ザ・ラスト・ジャッジメント

・イン・ザ・リージョン・オヴ・ザ・サマー・スターズ

CD2

・チャイルド・ローランド

・オンディーヌ

・ザ・ラヴァーズ

・ファンド

・ダーク・ハイドロリック

20110213_2CD2からは例によって、スペシャル・ゲストとしてギターのフランシス・リカーリッシュと、ブラス・セクション、パーカッション・セクション、それにパイプ・オルガンまでが加わった壮大な演奏になっています。

...で、問題の「別ミックス」なんだケド、確かにDVDの音声トラックよりも、ダイナミックレンジが広く取られていて、音の緩急とゆーか、小さい音と大音響との差がとても激しいです。その分、DVDよりもダイナミックな演奏に感じます。さらに、バックのオーケストレーションをより強調するやうなミックスがなされていて、いかにも「エニドならでは」といったシンフォニック・サウンドが満喫できます。クライマックスの「ファンド」の盛り上がり部分なんて、もーズゴいっ!!

昨今のエニドは、オーケストレーションがほとんどPCからのバッキング・トラックに委ねられているので、その意味からも以前の「アナログシンセを生弾き」の時代とは隔世の感があります。もーR.J.ゴドフリー御大の緻密かつ複雑なオーケストレーションのオン・パレード!!明らかに「昔より進化したライヴ」と、言えそーです。

20110213_3いかんせんCDなので、トーゼン音楽しか聴こえてこない。これが先般のDVDだと演奏している様子が判っちゃって、弾いてないパートの音がやったらと気になちゃう。

「この音、どこから出ているのぉ~??」(笑)

みたいな、かなーりイライラする感じが、CDだともちろんないです。ぜーんぶ生演奏だと思っちゃえばよろしーかと...。

「でも、ホントーわ、違うんだかんね。」(笑)

ただ1つ残念なのわ、1曲目「ジャーニーズ・エンド」の中盤、「マラキャンドラ」あたりから、同曲のエンディングあたりまで、みょーに録音レベルが小さくなっちゃってるコト。このあたりはこの組曲の中でもハイライトの部分なのに...。このあたり、もっとバランス感に注意してもらえれば、ディスク1の新曲も、旧曲と同じぐらいの高いグレードで楽しめたハズなのに...ちょっと、残念です。

でもまー、「ライヴ・アット・ハマースミス」「スタンド」「ファイナル・ノイズ」に続く、エニドの通産4枚目にあたるライヴ・アルバム。すでにDVDを持っているヒトも、十分に買う価値はあるかと思いまふね。

閑話休題...。

20110213_4ここからわ、ついでのカンケーないお話。ついに買っちゃいました!!AppleiPhone 4!!

今までわ

「ゼッタイに、ケータイわ持たない主義っ!!」

で、周囲のヒトからほっとんど

「奇人変人」(笑)

扱いされてきたともべ。とうとう自分の主義を1つ放棄しました。

ことも発端わ、この3連休に今話題のFacebookを始めたコトで、このSNSにとっても可能性を感じたともべわ、

「このインフラを最大限に生かすんだったら、やっぱ携帯端末わ必須だよねっ!!」

って痛切に感じて、ほっとんど

「コーフン状態の勢いのみ!!」(笑)

の衝動買いで、地元のSoftbankショップで購入した次第。実際手にしてみたiPhoneは素晴らしかった!!もー電話なんてほっとんどオマケみたいなもんで、完全なモバイルのネット端末。もーこれからわ、どこでもインターネットに繋げる。

ともべ何でもそーなんだけれど、

「やってみもしないで物事を批判するのが、大嫌い」

なのだ。今回のFacebookしかり、スマートフォンしかり、さらに次の週末にはTwitterも始めよーかと思ってまふ。実際に自分でやってみて、結果として「良い」とか「悪い」とか、決めたいです。

カンケーない話、その2

この春もプログレ関連の外タレ来日ラッシュで、

・ラッテ・エ・ミエーレ

・アレア&マウロ・パガーニ

・ホークウィンド

の3組の来日が決まっていました。その中では、イタリア組のラッテ・エ・ミエーレアレアは今回パスして、ホークウィンドのみ、4月9日(土)のチケットを購入しました。やっぱブリテッシュ・プログレを探究したいともべとしてわ、70年代サイケデリック・ロック・シーンの中心であった彼らのライヴは、どーしても生で観ておきたかったノダ。そしたら...

「追加で4月にUKの来日が決定しちゃいましたぁ~!!」

最初から判っていれば、コッチが観たかったぞ。でも今回のUK,メンツわジョン・ウェットンエディー・ジョブソンアレックス・マカチェクマルコ・ミンネマンで、

「これぢゃー、UKZじゃんかよーっつ!!」(怒;)

ってーなワケで、コッチわ観に行きません。あしからず...。

季節わもーすぐ春。今年も「プログレ満開の春」(笑)が来ますよーに!!

|

« 最近買った、CDの話などなど... | トップページ | イロイロなモノを同期させて... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158296/50862181

この記事へのトラックバック一覧です: エニドの2010年最新ライヴの今度はCD!!:

« 最近買った、CDの話などなど... | トップページ | イロイロなモノを同期させて... »