« 2011年6月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月 2日 (日)

新曲「ノスタルジア ~ 緑色のオマージュ」を配信開始しましたっ!!

20111002_1 皆さん、お久しぶりどす。ともべどす。気が付けば前回の記事より3ヶ月以上が経過していて、

「どーしちゃったんでしょー??」

とか思ってた皆さん、ごめんちゃい。忙しかったのよーん。

...で、前置きはさておき、新曲の

「ノスタルジア ~ 緑色のオマージュ」

がよーやく完成しましたっ!!下記のURLでMP3配信しています。

http://homepage1.nifty.com/tomobe/Monthly.htm

できれば...

「大きめの音で」(笑)

聴いてもらえると、嬉しいなー!!

ホント、今回久々に自分で作曲したオリジナル曲です。昨年は他件が色々とバタバタしてて、結局、新曲は1曲も作れなかったし、その前の年はバッハのアレンジ物だった。だから、3年前の「夜想曲 ~ ノクターン」以来の自作曲になります。

ともべみたくミュージシャンとして、いーかげんトシ取ってくると、創造性も枯渇してきていて、ついついアレンジ物に走っちゃったりしがちなんだケド、今回、非常に充実した気持ちで創作活動を楽しむコトができました。

「まだまだ、クリエイティビティーは、枯渇していないよねっ!!」

って、自分で再認識できたから、今後はしばらくは自作曲で勝負していきたいと思っています。

20111002_2でも今回のレコーディング、反面非常に難産だったのも事実です。作曲を開始したのが今年の始め。3月にはプリプロの作成に着手するも、その後、大震災などあり、作業は大幅に遅延。結局プロプロが上がったのが6月初旬と、有に3ヶ月もかかってしまいました...。

特に、プリプロの段階でカウンター・メロディーを書くんだけれども、これがとっても難航した。書いては直し、書いては直し、を繰り返し...ナカナカ最終的に決まらない。一番つらい時期でしたネ。

でも6月中旬にリズム・セクションの打ち込みから始まった本チャンものの録りは、思った以上にサクサクと...昨年スタジオを改装して、初めてのレコーディングだったんだけれども、機材に大きなトラブルがなかったのも幸いしました。

8月中旬にはアナログ・シンセを含む全てのパートを録り終えて、そこからがミックス・ダウン。今回このミックス・ダウンと、次工程のマスタリングに十分な時間をかけて、じっくりと行いました。ただ9月中旬には夏休みで

「北海道 放浪の旅!!」(笑)

とかもあり...、結局完成が10月頭までずれ込んでしまった次第。

あと、ともべは通常マスタリングの段階で、2ミックスのDATテープにトータル・コンプをかけてもう1台のDATに落とすんだけれども、ここで、

「DATが1台、オシャカりやがったぁぁぁぁぁぁ~...」(泣;)

だからトータル・コンプの出力を直接CD-Rライターに焼かねばならず...ご存じの通り一般のCD-Rライターって、ピークレベル・インジケーターがすんごい大雑把だから、適正レベルを調整するのに、エラい苦労しました。

20111002_3...で、かのやうに苦労して完成した今回の新曲、時代の流れに逆行して

「ほっとんど、アナログでやりましたぁ~!!」(笑)

みたいな質感には、ナカナカ満足しています。

あと、ココで自分でネタ晴らしをするのもなんなんですが(リスナーの方に、自然に感じ取ってほしいからネ...)、今回の曲には2点のちょっとした冒険が含まれています。

1.楽曲構成

判りやすい構成を維持しつつも、既存のセオリーは崩したかった。だからあえて、

Cメロ - Aメロ - Bメロ - Cメロ - Aメロ - BメロX2

みたいな、ヘンな構成をしています。

2.拍子記号

この曲、全体的には4拍子ですが、サビの部分だけ3拍子です。気が付いた??

あと、最後のサビの部分で出てくるシンセサイザーのリード音、これ、ドイプファーA-100です。つまりアナログ・モジュラー・シンセです。なかなか「モジュラーならではの味」が出せたと思っているのですが...。

...ってなワケで、よーやく完成した今回の新曲、これであとわ、11月18日(金)に開催される「アフターセブン・コンサート」で、この曲をライヴ初演することに全力投球になります。

「みんな、新曲、聴いてねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっつ!!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年11月 »