« 2019年10月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月28日 (土)

バッハ 「G線上のアリア」 リミックス版のWeb配信を開始しました!!

20200328_1

写真わ北海道は礼文島の「スコトン岬」。礼文島のまさに「北の端」です。宗谷岬が「日本最北端」なら、こちらは「日本最北限」とか...よく判らん。(笑) なんでも緯度的には、宗谷岬のほーが北に位置するそーです。でもこちらのスコトン岬も、まさに「北の秘境」で、眺望がとっても素晴らしいのです。海の向こうに見えるのは「トド島」という無人島です。皆さんも、機会があればぜひっ!!

...で、本題。当ブログの親サイト「シンフォニックロック・ワールド」で従来から配信していた、バッハの「G線上のアリア」のともべアレンジ・バージョンをこの度リミックスし、新バージョンの音源に切り替えました。下記のURLから配信しています。

http://www.sympho-rock.com/Down2.htm

思えば、今まで配信していたオリジナル・バージョンは、すみません、そーとーヒドかったです。(笑) 2014年夏に、ノートPCに初めてCubaseを入れて(確かバージョンはCubase Artistの7.5...)、それも、そもそもの目的はレコーディングで使用していた単体のデジタル・シーケンサー、アカイのMCP2000が急におシャカってしまったものだから、その代替としてCubaseのシーケンサー機能だけ使うつもりだった。でも...

「せっかくDAWを入れたんだから、なんかレコーディングでもしてみっかぁ~?? (^o^) 」

みたいなテキトーなノリで、作ったモノ。(笑)

だからCubaseにレコーディングしたマルチトラックを、Cubase単体でデジタル・ミックスダウンできる機能なんかゼンゼン知らなくて、確かCubaseから L、R、のオーディオ・アウトプットを出して、DATにミックスダウンしたんだと思う。さらにそのDATから単体ハードウェアのコンプレッサーをかまして...いやはや、もーやることムチャクチャ。(大笑)

今回、なんとか残っていたCubase7.5のプロジェクトをCubese10.5に読み込んで(予想通り、エラーがいっぱい出てタイヘンだった...(笑))、プラグインなんかも全て最新バージョンにかけ替えて、時間をかけて丁寧にミックスダウンとマスタリングをしました。元々のマルチトラックが相当ラフに録られたものだったのですが、なんとか「聴くに堪えうるクォリティー」にはなってくれたと思っています。

なので...みんな聴いてねぇぇぇぇっ!! (^o^)

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

音楽ファイルを全てAACフォーマットに変更しました!!

20200322_1 

たまには、こんなんも...(笑)

写真わ北海道は札幌のラーメン店、「味の三平」の味噌ラーメン。ともべわ札幌でラーメン食べるんだったら、ぜったいココなのです。この「味の三平」、マスコミ等では有名だけれど、「日本で一番最初に味噌ラーメンを発明した」味噌ラーメン発祥のお店なのです。現在は、2代目のマスターがお店を継いでいます。で、お味わとゆーと、コレが他では絶対に食べれない!!まず味噌は、他店のような赤白の合わせ味噌と違って、純粋な「白味噌仕立て」です。で、ちょっと塩辛い。そこに、シャキシャキに炒めたタマネギが乗って、なんとも言えないシンプルだけれど刺激的なお味なのです。皆さんも、札幌へ行かれたら、ぜひ...。

で、本題、このブログの親サイト「シンフォニックロック・ワールド」 ↓

http://www.sympho-rock.com/

で配信している音楽ファイルを、全て従来のMP3フォーマットから、高音質のAACフォーマットに変更致しました。ついては、以下の点に注意が必要です。

・ダウンロードファイルの拡張子が、従来の「.mp3」から、「.m4a」に変更になっています。従って、ブラウザに過去の閲覧履歴がキャッシュで残っている場合、ダウンロードでリンク切れが発生する可能性があります。この場には、ブラウザのキャッシュをクリアして頂くか、ページかフレームの「再読み込み」をしてください。

・Androidスマホでは、AACファイルがそのままでは再生できない可能性があります。その場合には、お手数ですが音楽再生アプリなどをダウンロードして、お楽しみください。

今回、全ての音楽ファイルをAACフォーマットで再作成するにあたって、

「永遠(とわ)」

「とこしえ色の風が吹く丘」

の2曲は、Cubase導入後の初期の作品であることから、ミックスの状態がよろしくなく、今回、丁寧にリミックスを致しました。また、

「G線上のアリア」

はCubase導入時初のプロトタイプ的作品であることから、ミックスが荒すぎると思っており、早々にリミックス致します。さらに、初期の作品で

「北極光」

に関しては、明らかに失敗作。Web配信に堪えかねることから、今回配信リストから外し、再作成の第1弾とすることにしました。

ハッキリ言って、AACのビットレート448kbpsなんて、有料のサブスクでも使っていない...。(笑)

みんな、聴いてねぇぇぇぇぇぇっ!! (^o^)

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

「ルネサンス・プロジェクト」始動っ!! (^o^)

20200314_1   こんちわっ!!(^o^)

写真は、北海道は利尻島の、夕日ヶ丘展望台から望むペシ岬。夕日ヶ丘はペシ岬よりさらに北へ離れた岬で、丘に登るのがタイヘンながら、展望台からの眺めはとっても素晴らしいのです。利尻島へ行く機会があれば、ぜひオススメのスポットですよ!!

...で、本題。昨年からずーっと音楽の制作環境の整備を進めてきたんだケド、ここにきて資材、環境面でほぼ準備が整ったと思っています。なので、これから新たな音楽活動を展開したいと思っています。名付けて、

「ルネサンス・プロジェクト」

まあ、「プロジェクト」って言っても、ぜーんぶ、ともべ1人でやるんですが...(大笑)。ルネサンス、つまり「再生」。もう40年以上も音楽を続けてきて、このブログの親サイト「シンフォニックロック・ワールド」 ↓

http://www.sympho-rock.com/

で配信している音楽も、ずいぶん古い録音のものが多くなってきました。それらの作品は、それこそ8トラックのオープンリール、16トラックのオープンリール、ハードディスクレコーダーと録音機材も変遷を経てきていて、アレンジ面や演奏面での未熟さもあって、もはや不完全な作品と言わざるを得ないと思っています。ただ、今よりずーっと若い頃の作品だけあって、感性だけは瑞々しいと思うのです。なので、これらの作品を「過去に制作した未熟な作品」と捉えずに、「これから新しい作品を制作していくための1つの素材」として捉えて、全曲、現在の設備と技術をもって再録音することにしました。さらにそれらを、最新曲でトライアルしたAACフォーマットのエンコーディングで、高音質配信したいと思います。

加えて、2015年以降、Cubase導入後に制作された作品は、特に初期の作品においてはPCベースのレコーディングに試行錯誤な点も多いため、Cubase導入後ようやく現在ではノウハウも蓄積されてきており、全曲リミックスおよび場合によってはトラックを修正の上、これもAACフォーマットの高音質で配信致します。

最後に、上記の特に1番目の再録音が必要な古い作品に関しては、制作に長い時間を要することから、当面、現在の音源をAACエンコーディングしたものを高音質配信するように、配信音源を順次差し替えていきます。

これらの作業は、それ相当の期間をかけて順次実施していく予定ですが、進捗の状況(例えば、XXXXXの曲の最新バージョンの配信を開始しました、など...)は、随時このブログでアナウンスしていく予定です。

まあ、こーんな作業の合間にも、気分次第で新曲作ったりとかしちゃうカモ知んないんだけれどもね。(笑)

...ってなワケで、まだまだ進化し続ける「シンフォニックロック・ワールド」、これからもよろしくねっ!!

(^o^)

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

新曲「遥かなる海」のWeb配信を開始しました!!

20200301_1
こんちわ!! (^O^)

写真わ毎年夏に行っている「北海道ツアー」から1枚。大好きな知床の風景です。これは遊覧フェリーから撮ったもの。皆さんも知床へ行ったなら、ぜひ遊覧フェリーで岬の突端まで行かれるコトをオススメします。「なぜに知床が世界自然遺産なのか??」が、とっても良く判ります。

...で、本題。新曲「遥かなる海」のWeb配信を開始しました!!以下のURLのWebサイトから配信しています。

http://www.sympho-rock.com/Monthly.htm

今回の新曲のウリは2点。

まずは、今回ひさびさの「合唱モノ」で、年末に導入した混声合唱のサウンドが出るプラグイン「オリンパス・クワイア」をメインでフューチャーしました。このプラグイン、基本的にはサードベンダーのプラグインなんだけど、Cubaseから直接呼び出せます。音はもー、もんのすごくリアル!!従来のサンプリングの合唱サウンドとは、格段の違いがあります。サウンドのバリエーションも、男声、女声、混声から、「ア~」「ウ~」「ム~」など、様々あって、しかもソロ用にポルタメントをかけられるものから、和音での演奏に向いているものまで、非常にバリエーション豊富です。さらに、パラメータで合唱団の人数まで調整できちゃうのだから、すごい時代になりましたねぇ~...。40年前わ、合唱のサウンドが欲しかったら「メロトロン」(爆)だったんだぜっと!!(笑)

もう1つは、Web配信のフォーマット変更。今までは、ずっとMP3にエンコードしていて、コレがどんなにビットレートを上げても音質劣化が避けられない。せっかくスタジオではケッコウ良いサウンドに仕上げたのに、MP3にエンコードするとボロボロになっていて、すんごく悲しかったのです。

...で、ずっと不思議に思ってたのが、ちょうど2年半前ぐらいに音楽定額配信のApple Musicを始めたんだけど、そんなにビットレートも高くないのに、とっても音が良い。「あれ、どんなエンコーディングしてるんだろー??」ってずっと思ってて、その答えが「AAC」だったのデス。で、色々ググッてたら、「MP3は、すでに終わった圧縮技術」みたいな記事が出てきて、そもそもMP3フォーマットを開発したドイツのFraunhofer社自体が、2017年にすでにMP3の開発を終了してしまっている。エンコードの名称もMP3がMpeg3なら、AACはMpeg4。やっぱAACのほーが進んだ技術なのです。

で、普段マスタリングで使用しているスタインバーグのWebLabにはAACのエンコーダが付属していたので、試しに448kbpsでエンコードしてみたら、ほっとんどCDレベルのとってもイイ音になった。多少ファイルサイズは大きくなったけれど、これなら十分に配信に耐えられると思った次第です。しかも、近年MP3はiPhoneでは直接再生できなくなっていたのだけれど、AACならAppleの標準なので、問題なく再生できるしね。

...ってなワケで、ひっさびさに制作したともべの新曲、

みんな、聴いてねぇぇぇぇぇぇっつ!! (^o^)

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年4月 »