« 翔んで豊洲っ!!アフターセブンコンサート開催のお知らせ!! | トップページ | 「ルネサンス・プロジェクト」始動っ!! (^o^) »

2020年3月 1日 (日)

新曲「遥かなる海」のWeb配信を開始しました!!

20200301_1
こんちわ!! (^O^)

写真わ毎年夏に行っている「北海道ツアー」から1枚。大好きな知床の風景です。これは遊覧フェリーから撮ったもの。皆さんも知床へ行ったなら、ぜひ遊覧フェリーで岬の突端まで行かれるコトをオススメします。「なぜに知床が世界自然遺産なのか??」が、とっても良く判ります。

...で、本題。新曲「遥かなる海」のWeb配信を開始しました!!以下のURLのWebサイトから配信しています。

http://www.sympho-rock.com/Monthly.htm

今回の新曲のウリは2点。

まずは、今回ひさびさの「合唱モノ」で、年末に導入した混声合唱のサウンドが出るプラグイン「オリンパス・クワイア」をメインでフューチャーしました。このプラグイン、基本的にはサードベンダーのプラグインなんだけど、Cubaseから直接呼び出せます。音はもー、もんのすごくリアル!!従来のサンプリングの合唱サウンドとは、格段の違いがあります。サウンドのバリエーションも、男声、女声、混声から、「ア~」「ウ~」「ム~」など、様々あって、しかもソロ用にポルタメントをかけられるものから、和音での演奏に向いているものまで、非常にバリエーション豊富です。さらに、パラメータで合唱団の人数まで調整できちゃうのだから、すごい時代になりましたねぇ~...。40年前わ、合唱のサウンドが欲しかったら「メロトロン」(爆)だったんだぜっと!!(笑)

もう1つは、Web配信のフォーマット変更。今までは、ずっとMP3にエンコードしていて、コレがどんなにビットレートを上げても音質劣化が避けられない。せっかくスタジオではケッコウ良いサウンドに仕上げたのに、MP3にエンコードするとボロボロになっていて、すんごく悲しかったのです。

...で、ずっと不思議に思ってたのが、ちょうど2年半前ぐらいに音楽定額配信のApple Musicを始めたんだけど、そんなにビットレートも高くないのに、とっても音が良い。「あれ、どんなエンコーディングしてるんだろー??」ってずっと思ってて、その答えが「AAC」だったのデス。で、色々ググッてたら、「MP3は、すでに終わった圧縮技術」みたいな記事が出てきて、そもそもMP3フォーマットを開発したドイツのFraunhofer社自体が、2017年にすでにMP3の開発を終了してしまっている。エンコードの名称もMP3がMpeg3なら、AACはMpeg4。やっぱAACのほーが進んだ技術なのです。

で、普段マスタリングで使用しているスタインバーグのWebLabにはAACのエンコーダが付属していたので、試しに448kbpsでエンコードしてみたら、ほっとんどCDレベルのとってもイイ音になった。多少ファイルサイズは大きくなったけれど、これなら十分に配信に耐えられると思った次第です。しかも、近年MP3はiPhoneでは直接再生できなくなっていたのだけれど、AACならAppleの標準なので、問題なく再生できるしね。

...ってなワケで、ひっさびさに制作したともべの新曲、

みんな、聴いてねぇぇぇぇぇぇっつ!! (^o^)

 

|

« 翔んで豊洲っ!!アフターセブンコンサート開催のお知らせ!! | トップページ | 「ルネサンス・プロジェクト」始動っ!! (^o^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翔んで豊洲っ!!アフターセブンコンサート開催のお知らせ!! | トップページ | 「ルネサンス・プロジェクト」始動っ!! (^o^) »