« 新曲「さようなら碧い地球」(2022年再録音バージョン)のWeb配信を開始しました!! | トップページ | 新曲「宇宙交響詩第1番<魂の闇より光へ>」2022年再録音バージョンのWeb配信を開始しました!! »

2022年2月23日 (水)

コルグのポリシックスが、遂に3代(台)目になっちゃった!!

20220223_1

こんちわ!! (^o^)

現在制作中の新曲「宇宙交響詩第1番~魂の闇より光へ」のリメイク版が、まだかなーり手が掛かりそうなので、中継ぎ的にブログの記事を1発アップすることにしまつた。

実は我が家のコルグ・ポリシックス、先日なにげに3代目(3台目)に突入しました。今まで使用していたのは、Five Gさんで1990年代に購入した、MIDI改造された2台目。その前は、1982年に大学1年生のときに購入した、これがオリジナルの1台目。

2台目のMIDI改造されたポリシックス、確か2009年ぐらいに1度、Five Gさんにメインテナンスをお願いしたと記憶している。それ以来ずっと使い続けてきたんだけれど、ここにきてまたアチコチ調子が悪くなってきていた。Five Gさんに頼めばまた調整してもらえるんだケド、納期が相当かかりそうで、

「どーしよーかなー??」

って思ってた。そこへたまたまYahoo!!ショッピングでMIDI改造された出物を見付けたので、しばらく考えた挙句、

(...と、ゆーか、ずっと気になっていたもんだから、いつもPCの画面に勝手に出て来やがる(笑)。

「お願い!!私を買って!!」

みたいな...w)、 最後には遂にポチってしまいまつた。

(蛇足ながら、ミュージシャンが楽器を買ってしまった時の言い訳として、「楽器が、「お願い!!私を買って!!」と自分に向かって言っていた」、とゆーのは、だいたい常套句で...(笑))

ブツが届いてみたら、コンディションも非常に良くて、しかもコイツのMIDI改造、英文のマニュアルが付いてきたんだけど、表紙に「KORG U.S.A.」って書いてあった。コルグ社純正のMIDI改造じゃん!!

このポリシックスに関して語りだすと、もー止まんなくなっちゃうんどけれど、そこはカナーリはしょって...(笑)

とにかくともべ、自分が所有している他のシンセサイザーだったら、全部手放したって一応自分の音楽は作れると思っているんだけれど、このポリシックスだけは、なくなったら自分の音楽、ゼッタイ作れない。それくらいの惚れ込みよう。

「世界一、ストリングスが美しいシンセサイザー」

だと思ってます。だからこの際、今後のことも考えて、代替機が欲しかったのだ。これだったら、この3台目を使用しながら、2台目をFive Gさんにメインテナンス出して、仮に納期が相当かかったしても創作活動は止まらないしね。

あとこのポリシックス、コルグ社から「レガシー・コレクション3」として、すでにバージョン3のソフトシンセ版も出ているのだけれど、あれ、プリプロなんか作るときはとっても重宝する。ただ、本チャンのレコーディングで使用するには

「ちょっと...」

なカンジはやっぱある。例えば、ポリシックスで一番有名な、例のストリングス・サウンド。あれ、モノホンのポリシックスだと、アンサンブル回路をほぼオフに近い最小にしてアタックを若干ゆっくり目にしてやると、ブラス系のサウンドになる。ちょうどRCA時代のヴァンゲリスが良く使用していたみたいな、例のホルン系のブラス音。これもまた、ポリシックスならではの最強サウンド。

...で、同じコトをソフトシンセ版のポリシックスでやると、

「え”??なにコレ??」(笑)

みたくなっちゃう。やっぱ、モノホンのアナログのオシレータの音って、特にむき出しで聴いちゃうと、デジタルでは絶対マネできないと思いますね。

あと蛇足ながら、上述したアンサンブル回路、ポリシックス販売当時から

「あのアンサンブル回路だけ、取り外して単体で販売してくんないかなぁー??」

みたいなミュージシャンの要望は、やっぱあったらしい。それくらい、他に類を見ない美しいエフェクトのかかり方がする。

あと、最後に、ヲヤヂらしく、鬱陶しい昔話を1つ。(笑)

ともべがこのポリシックスを最初に買ったのは、ちょうど1982年の大学1年生の夏休み。フツーに「お金のない大学生」だったモンだから、夏休みに新聞配達のバイトをせっせとやって、ためたお金で8月末頃だったか??バンドの仲間と2人で池袋の楽器店で購入した。

...ここで、運命とゆーのは、時にお茶目なイタズラをする。(笑)

この時、我々貧乏学生でも手が届くポリフォニック・シンセサイザーの選択肢は、このコルグのポリシックスが唯一だった。だから当然のごとく、ポリシックスを買って帰った。ただ、この1か月後ぐらいに、ローランドから対抗馬のJUNO-6が発売されてしまった。コッチは完全デジタル制御で、DCO、DCF、DCA。しかも、値段が1万円ぐらい安かったと記憶している。当時、シンセに関しては何にも知らないともべだったから、もし購入のタイミングが1か月遅れていたら、

「やっぱ、これからはデジタルだよねぇー!!」w

なーんて言いながら、JUNO-6買っちゃってた可能性は高い。もしそーなっていたら、今に至るまで、自分の音楽は絶対あり得なかったと思う。ご存じの通り、JUNO-6は明らかにポップ系の音楽に向いている、ブライトで軽い音。もちろん、そんなの好き嫌いの問題でしかないんだけど、あのポリシックスの

「重厚で、奥が深くて、しかも美しい」

ストリングスはおろか、およそプログレ系の音楽にはJUNO-6は絶対向かない。もしあっち買ってたら、早々に音楽なんか辞めちゃってたかも知れないですね。

(まあ、その方がヒトとしてはマトモな人生になっ...(以下、自粛w)) 

この僅か1か月のタイミング差が、

「完全に、その後の道を踏み外させてしまった」(笑)

まあ、大学1年生の夏休みは、このポリシックスとの出会い、エニドとの出会い、北海道との出会いと、まあ盛りだくさんで、ここで人生ほとんど決まっちゃったよーな気がする...(くどいようですが、鬱陶しいヲヤヂの独り言だと思って聞いてくらはい...(笑))

...ってなワケですんません、「ポリシックスが大好きっ!!」ってゆーだけの、お話でした。ちなみに昨今、同じコルグ社から復刻されたmini KORG 700FSもちゃーんと予約を入れてあるんだけど、この世界的な半導体不足で納期が相当先になるみたい。コッチも、無事納品されるといーなー...。

じゃーね!!

|

« 新曲「さようなら碧い地球」(2022年再録音バージョン)のWeb配信を開始しました!! | トップページ | 新曲「宇宙交響詩第1番<魂の闇より光へ>」2022年再録音バージョンのWeb配信を開始しました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新曲「さようなら碧い地球」(2022年再録音バージョン)のWeb配信を開始しました!! | トップページ | 新曲「宇宙交響詩第1番<魂の闇より光へ>」2022年再録音バージョンのWeb配信を開始しました!! »